タイマン2017.05.09

 今日はオサムさんとの対戦と、すんごい強い人との対戦があった。

1戦目vsオサムさん
 相手は迎撃・司令塔・特殊船尾楼・強化砲門ソレイユ、稼ぎ、キャノン
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、フィリ、3改良カロ・2キャノ

 オサムさんも新船を造ったとのことで対戦。
 最近のオサムさんとの対戦では混白勝利が多かったが、司令塔が付いたので混白は獲れなくなった。

 お互いに速度に乗り砲撃戦。速度では上回ることができたので、序盤と中盤で旋回撃ちでクリを当てるが、ダメージ的に落としきれなかった。
 最後は至近距離の旋回撃ちが決まり勝利。

2戦目vsオサムさん

 連で再戦。

 相手は帆船だが首相撲の使い手だし、キャノンの砲撃が痛いので、こちらが優勢であっても最後まで油断はできない。
 私は漕ぎ錬成のガレーなのに首相撲を左折したが、オサムさんは速度負けする帆船で首相撲ができてすごいなと思った。

 手動帆直しはできているつもりだが、動画を見直すと破れたままのときが何度かある。

 最後は抜け後に首相撲の形となり、船首クリが決まり勝利。

3戦目vs Firamentkissさん
 相手は先制・司令塔・網ラレアル、守備衛生隊、キャノ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、フィリ、3改良カロ・2キャノ

 初対戦。
 海事レベルなどは少し低めだったので、新人さんかと思って対戦したら、すごい強い人だった。

 守備衛生隊は機雷優遇で機雷が痛いので白兵で攻めることにした。白兵値ではこちらが攻めることができそうだったが、すぐに抜けられてしまう。序盤は毎回のように即抜けされた。なにかコツがあるのだろうか。

 抜け後に相手に首相撲を仕掛けられるが、これがすごかった。動かされるのでクリを喰らわないように回避操船しても、またすぐに首相撲で動かされるということの繰り返し。今までもミラさんや明日蘭さんなど首相撲が上手い人との対戦はあったので、首相撲の対処はそれなりに苦にならなくなっていたが、この人にはもう防戦一方でまったく余裕がなかった。

 中盤からはこちらも砲撃スキルで攻撃をしたが、砲撃戦でも、相手は守備衛生隊で砲撃は非優遇のはずだが、砲撃が痛い。そして、こちらの砲撃はあまり通らない。
 対戦後にわかったが、攻撃スキルと防御スキルの切り替えを頻繁にしていた。撃ったらすぐに防御スキルに切り替え、また撃つときはすぐに攻撃スキルに切り替えの繰り返し。これができるのはキッド大先生やフィレンさんなどの四天王クラス。私にはできない。
 攻めの引き出しも多く、急旋回クリでも攻めてくる。攻めてくるのが防御面でも隙がない。相手が攻めてくるところをカウンターで読み砲撃を狙おうと思ったが、相手は危ない攻めはしてこなかった。
 
 4:20のところでは相手に速度で上回られ旋回撃ちを狙われてヒヤリとした。
 速度負けすることが多かったが、相手の貫通砲撃で浸水させられたのと、手動帆直しができていなかった。

 中盤から砲撃で攻めだしてからは、なぜか白兵で相手の即抜けも防ぐことができるようになった。相手も撤収の煙玉を使ってくるので途中で抜けられはするが、白兵で押せるようになった。

 それでも簡単に勝てる相手ではなく、12:50のところはスキル切り替えを手間取って、白兵前クリが危なくまたヒヤリとした。
 13:20のところは強い機雷と強い砲撃が重なり、横落ちしそうになった。15:40のところでも横落ちしそうになった。

 たまらず連弾除去を入れて白兵攻めに切り替えるが、ライン際で白兵前砲撃で相手から強い砲撃を受ける。この砲撃タイミングもすごいなと思った。
 こちらの耐久が削れているので相手は壷で攻めてくる。銃撃で相手の白兵値を下げて、相手が抜けようとしたところに突撃で攻めた。なんとか抜けないでくれという願いが通じ、白兵拿捕で勝利。

 今まで戦ってきた中で一番強い相手だった。これまで勝てていないサッチャンさんと同等かそれ以上。タイマン専門でやってきたのに防戦一方だった。今回は白兵でなんとか勝てたが、相手が迎撃だったら勝てなかった。そして相手は迎撃・司令塔ラレアルも持っていたので、次に戦ったら負けるだろう。まだまだ修行が足りないなと思った。

 動画は続きから。

続きを読む

関連記事

タイマン2017.05.07

 行き詰っているので構成をいろいろ変えた。
 まず職業をフィリにした。
 次に、先日のTAKASHIGEさん戦で白兵値で負けていて終始劣勢だったため白兵SPSを4つにした。これに伴い一括点検SPSを抜いたので手動帆直しにした。

 大砲は、弾道非優遇のフィリにしたので2カロ3キャノにするか迷ったが、とりあえず元の3カロ2キャノで様子を見ることにした。
 船も新船の構想は決まっているが、公用装材の準備がまだできていないので、元の船のままで戦うことにした。
 

1戦目vsぺくれなさん
 相手は網・強化砲門・焼き討ちオスガレ、士官、キャノ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、フィリ、3改良カロ・2キャノ

 ぺくれなさんも新船を造ったとのことで対戦の申し入れがあり対戦。

 開幕直後に、並走状態でこちらが速度で上回り、相手より先行することができた。そのおかげもあり、旋回撃ちが決まり勝利。

2戦目vsぺくれなさん

 連で再戦。

 並走からライン際が近くなりまた旋回撃ちを狙うが、そこはさすがに読まれていて、相手の白兵前砲撃を受けて白兵となる。
 白兵では、白兵SPSを4つに変えたのが生きて、白兵値で相手を上回ることができた。

 相手は壷押し、こちらは白兵攻めで、相手の壷でこちらの耐久もかなり追い込まれる。
 お互いに壷1回、突撃1回で拿捕のギリギリの状態だったが、今回は先攻後攻をちゃんと把握することができて、突撃で攻めきり白兵拿捕で勝利。

3戦目vsぺくれなさん

 序盤からお互いに速度に乗り砲撃戦。帆破れが何度か起きたが、手動帆直しをすることができた。
 白兵では、白兵値が上回っているので、この対戦でも主導権を握って攻めることができた。

 抜け後に、逆ハの字型で近づいていく形になった。この形になった瞬間まず怖かったが、近間合いで急旋回クリ狙いをすることを意識した。
 結果としては、近間合いを狙い過ぎて旋回が遅すぎたのか、相手とぶつかった後に急旋回し、船尾クリが決まり勝利。
 
 先月下旬に首相撲を諦めた際に考えたのは、人それぞれ得意な攻め方というのがあり、私には首相撲は向かないということだった。それで私の好きな攻め方はと考えると、「速度砲撃」だと思ったので速度砲撃に向いているシュミネにしたが、そのシュミネも煙幕弾防御の壁に阻まれてダメだった。
 さらには最近は速度で上回ることができず旋回撃ちもできていなかった。なんとか速度を出したいと思い、新船も速度重視の構想だった。

 今回、漕船優遇のフィリにしたことにより速度が出るようになって、1戦目のような旋回撃ちを決めることができたのはよかった。
 もちろん今日の3戦だけで結論付けることはできないし、今回の変更でデメリットの部分もあるので、また負けたらすぐに「やっぱり元の方がよかった」となってしまうことが予想されるが、負けても今回の形を続けて頑張ろう。

 動画は続きから。

続きを読む

関連記事

タイマン2017.05.03

 今日はボンボンさんにリベンジを果たせたが、TAKASHIGEさんには2完敗だった。

1戦目vsボンボンさん
 相手は先制・司令塔・網ラレアル、フィリ、キャノン
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 相手のキャノンの砲撃が痛かったので連弾を入れようかと思った、が副官の役割を間違えていて連弾を使えなかった。

 前回は「逆旋回」で負けているので、逆旋回しないように気を付けた。

 9:00のところは、逆ハの字型の並走から、前回こちらから先に急旋回したところを相手に回り込まれているので、こちらから先に行くのが怖かったが、ライン際が迫ってきたのでこちらから白兵前砲撃に行ったところ、白兵前クリが危なかった。
 11:20のところは、抜け後に相手を砲撃で攻めようとして旋回が遅れたところに、相手に急旋回で船尾に廻られ危なかった。
 攻めようとすると、相手を狙ったりする方に意識が行って、旋回を一度パスしてしまうことが多い。

 その直後の11:45のところは、読み旋回で相手の船尾に廻りクリを当てることができたが、直前に修理圧迫のために砲撃していたため、キャノンの装填が間に合っていなかった。今日は装身具を砲術ブーストではなく応急処置ブーストにしていたのが裏目に出た。
 フィリは弾道学非優遇が嫌いであまり使っていなかったが、対戦相手の多くはフィリで十分な火力を出しているので、私もフィリに転職しようかな。

 最後は相手水切れで勝利。統計上は白兵拿捕勝ちとする。

2戦目vsボンボンさん
 相手は迎撃・司令塔・強化衝角・直阻止ラレアル、フィリ、シュミネ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 相手は船を乗り換えてきた。前回負けた迎撃・司令塔にシュミネの構成。

 白兵に入ると迎撃で相手の防御値は700台だったが、攻撃値は400台だったので、白煙弾で対処し壷で攻めた。

 抜け後に首相撲のような形となり、相手が反転して弾け飛んだところに早め砲撃が決まり勝利。

3戦目vs TAKASHIGEさん
 相手は重量・先制・網ナポガレ、フィリ、キャノ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 久しぶりの対戦。動画は撮り忘れた。
 全体的に押されていたので、逆ハの字型の並走から白兵前砲撃で混白を狙いに行ったところに、白兵前クリを決められ敗北。

 混白狙いというところからして弱気だった。急旋回でクリを狙うなどの強い攻めをした方がよかった。

4戦目vs TAKASHIGEさん
 相手は先制・司令塔・網ラレアル、フィリ、キャノ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 相手は船を乗り換えてきた。
 開幕直後に旋回しながら白兵前砲撃に行ったところ、首相撲のような形で相手が後ろに下がり、白兵前クリとなり勝利。
 まったくのまぐれ。

5戦目vs TAKASHIGEさん
 再戦。

 白兵に入ると、防御値はほぼ同じだが攻撃値で相手の方が20上で、相手に攻め込まれる。煙玉は今回は封印した。
 白煙弾がなかなか成功せず、何度も拿捕寸前まで追い込まれた。

 白兵が不利なので、砲撃で急旋回クリ狙いに出たところ、相手に船尾に廻られクリを決められ敗北。


6戦目vsカメ子さん
 相手は強化衝角・特殊衝角・衝角戦術北欧重ガレー、稼ぎ、カロ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 初対戦。
 ラムOPがたくさん付いているのでラムアタックに来たところを「読み旋回」で攻めようと思っていたが、ラムアタックに来ずにライン際で砲撃戦。
 漕船を切って速射を入れ、相手が機雷を踏んだところに横砲撃で勝利。 

7戦目vsカメ子さん

 速度戦から反転して、相手が旋回したところに読み砲撃が決まり勝利。


 TAKASHIGEさん戦の3戦目の敗戦は、「逆旋回」は気を付けていたのでその点は大丈夫だったが、間合いが遠かった。ここでも弱気が出ている。
 今年に入ってずっと急旋回クリ狙いが成功していない原因がやっとわかった。弱気のせいで間合いが遠すぎる。
 間合いが遠いので、こちらが旋回した後の移動距離の時間が長く、その間に相手は回避操船をしたり、今回のように相手がカウンターの旋回をする余裕が出ている。
 実際、対戦後にTAKASHIGEさんと話をして確認したが、今回の相手の旋回は「読み旋回」ではなく、こちらが旋回をしたのを受けての旋回だった。
 改めて最近の負け動画を見直したが、直接的な原因は「逆旋回」もあるが、その遠因は急旋回クリ狙い、あるいは間合いが遠い切り込み旋回で、その直後に相手から急旋回で船尾に廻られている形が多い。

 ボンボンさんともいろいろ話をしたが、もともとボンボンさんは、こする形のラム使いなのでその感覚の延長線上で急旋回クリ狙いをしているということだった。私はラム使いではないがそれぐらいの感覚の近間合いで急旋回クリ狙いをするようにしてみよう。

 正直、いまは逆ハの字型が怖い。怖いので弱気になってワンテンポもツーテンポも早めに旋回してしまう。そこを克服して、弱気を捨ててもっと強気になるよう意識しよう。

 今は壁にぶち当たっているので、フィリも含めていろいろ変えていこう。

 動画は続きから。

続きを読む

関連記事

タイマン2017.05.01

 カンツォーネさんが新船を造ったので試したいとのことで久しぶりに対戦。

1戦目vsカンツォーネさん
 相手は仕込み・急加速・集中装填大安宅、フィリ、キャノ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 大砲はシュミネを辞めてカロキャノに戻した。

 相手の攻め方は大安宅でラムアタックだった。
 お互いに速度に乗り砲撃戦。相手は大安宅だがなかなか白兵にはならなかった。

 以前に「逆旋回」で負けているので、「逆旋回」をしないように意識した。

 5:50のところで、相手のラムアタックに対して読み旋回で後ろに廻り、決まったと思ったのにクリにならず残念だった。砲撃タイミングが遅かったか。

 相手はラムアタックだけでなく急旋回での攻めも鋭いので、中盤で二度ぐらいヤバいと思った場面があった。回避旋回のタイミングも遅いか。

 白兵に入ると、相手は大安宅だが、白兵OPが付いていないため思った以上に白兵値は低めだった。白兵で攻めきり白兵拿捕で勝利。 


 昨日も今日も、相手資材切れや白兵ゴリ押しでしか勝てなくなった。回避操船もギリギリで際どいことが多いし、砲撃タイミングも合わない。攻守ともに、もっと早めを意識しよう。

 動画は続きから。










続きを読む

関連記事

タイマン2017.04.30


1戦目vsメルシィーさん
 相手は迎撃・司令塔・耐砲撃・直阻止ラレアル、砲術家、キャノン
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、変性シュミネ

 フェイントクリ狙いでクリ位置に行けた場面もあったが砲撃タイミングが合わずにクリを決めることができなかった。
 相手資材切れで横砲撃で勝利。

2戦目vs撥無双さん
 相手は先制・司令塔・網・仕込みラレアル、大提督、キャノ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、変性シュミネ

 撥無双さんとの対戦は、もっと強くなってから戦おうと思っていて延ばし延ばししていたが、最近不調なのでヤケになり負けついでに対戦を申し入れた。

 変性シュミネで攻めたが煙幕弾防御で全くダメージが出なくなり砲撃で攻めることができなくなった。変性シュミネは速度砲撃ができるので私にとってはベストの大砲だと思っていたが、相手にしっかり煙幕弾防御されると全く砲撃できなくなるのでベストではなかった。

 砲撃で攻めることができないので白兵で攻めることにした。
 白兵値ではこちらが少し上回っていたので攻めることができたが、白煙弾で対処されたり、煙玉で抜けられ、攻めきることはできなかった。むしろ、銃撃vs戦術カウンターを喰らったりしてこちらが追い込まれることもかなりあった。

 以前のイメージだと相手は受け重視だと思っていたが、今日はこちらが砲撃で攻めれないことも影響しているのか、あるいはしばらく対戦していない間に相手のフォームが変ったのか、思ったよりも強い攻めが多かった。
 一度だけ白兵前クリを当てることができたが、砲撃での攻めを諦めていたので攻撃スキルを入れておらず落とせなかった。砲撃が効かない時もワンチャンスに賭けて攻撃スキルを入れたままの方がいいのか。

 25分の長期戦になったが、最後は白兵拿捕で勝利。
 
 動画は続きから。

続きを読む

関連記事
プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:☆ちゃぷちゃぷ団☆

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ