タイマン2017.03.15

 この日はルイコスタさんからTellが来たので商会の人も呼んでラスパでタイマン。
 なお、同じ商会のアルトスさんとも対戦したが、相手が船大工だったので戦績対象外とする。

1戦目vsルイコスタさん
 相手は網・司令塔・水密・耐砲撃一等戦列、稼ぎ、キャノ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ
 
 相手の耐久が1400超で高いので近間合いで耐久削り。
 白兵前砲撃の旋回角度が悪くて白兵前クリが危なかった。

 相手の船首が向いたところに早め砲撃が決まり勝利。

2戦目vs露是利さん
 相手は迎撃・司令塔・轟音機雷アサフリ、広域海賊、キャノ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ
 
 カムバックキャンペーンで復帰した方のようだが、かつてB鯖を席巻したPK商会ビザンツ帝国の一員だったとのことで、油断しないで対戦した。

 序盤は、相手が漕ぎ錬成していないと思われたので漕船で速度砲撃をした。
 しかし轟音機雷で攻められたので、漕ぎを切って除去を入れる。

 白兵に入ると相手の白兵値は低かったが、強い相手なので緩手をせずに白兵で攻めた。そのまま白兵で攻めきり白兵拿捕で勝利。
 
3戦目vsルイコスタさん
 相手は網・司令塔・水密・耐砲撃一等戦列、稼ぎ、キャノ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 序盤は近間合いで砲撃戦。浸水させて大ダメージを狙うため貫通を入れたが、後からよく考えたら相手は水密隔壁だから浸水するわけがなかった。

 中盤からは漕船を入れて速度砲撃で攻めるが、相手の回避操船がしっかりしていてクリを当てることができなかった。

 さらに速度に乗ってフェイントクリをしたいところだが、相手の砲撃で浸水させられて速度が落ちるので、フェイントクリに出ることができない。それ以前に、動画を見直すと浸水したままの場面がかなり多かった。キャノンは浸水させられやすいので、相手がキャノンの場合はより浸水に気を付けよう。

 速度に乗って船首クリを狙ったところ、船首クリは外れたが、相手が船尾を向けたところに旋回撃ちが決まり勝利。

 今日は「逆旋回しない」はあまり意識することができなかった。


 取組項目②:「攻める時も防御意識を保つ」70%
 取組項目③:「多様な攻め」95%
 取組項目④:「早め回避旋回」95%
 取組項目⑦:「白兵読み」95%
 取組項目⑧:「逆旋回しない15%(↓5%)

 動画は続きから。

続きを読む

関連記事

タイマン2017.03.13

 この日は新船に乗ったマドラさんと長期戦と、昨日の牙さんと対戦した。

1戦目vsマドラ・モイライさん
 相手は迎撃・司令塔ラレアル、砲術家、キャノ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 長期戦になったので動画は2つに分けた。
 マドラさんが新船を造ったと聞いたので戦ってみたいと思っていて、船を確認したら迎撃・司令塔ラレアルだった。私も第1シーズンで乗っていたが、タイマン船としては迎撃・司令塔ラレアルが一番強いと思っているので、ヤバいと思った。

 白兵に入ると、相手は迎撃で防御値が700近く、白兵で攻めるのは厳しかった。
 抜け後にクリが当たったが、キャノンの装填が1秒間に合っておらず、カロだけ発射で落とし着なかった。

 近間合いでは相手は砲撃が強いうえに手数も多く、横砲撃で落ちそうになった。
 相手が近づいてきて相手側に旋回したところで、自分の悪い癖の「逆旋回」が出そうになったことを意識できたので、この点はよかった。

 近間合いの砲撃戦は撃ち負けるので、中間合いの速度砲撃で攻めるが、相手はリスクのある攻めをしてくるタイプというよりも受け型なので隙がない。受け型なのでフェイントクリ狙いに出るが、全く上手くいかない。

 中盤の白兵抜け後に相手が急旋回してきたところに読み砲撃でクリを決めるが、またキャノンの装填が間に合ってない。キャノンの装填が間に合わないのは溜め撃ちをすればいいのかもしれないが、どうしても手数で押そうとして撃ってしまうので、やはり砲術R20にするか。いつもこの問題に直面して、SPSで砲撃4種と一括点検を入れ替えて、また一括点検に戻すの繰り返しなので、一括点検ではなく白兵SPSと入れ替えしてみよう。

 いずれにしても前半戦で何度かあったチャンスで決めきれなかったので、負けフラグが立ったと思った。

 ライン際の近間合いの砲撃戦でまた横砲撃で落ちそうになる。
 お互いに耐久が底近くまで減った。残り弾数も少なくなってきた。首相撲も絡めて一発に賭けるがついに弾も尽きた。

 こちらは白兵で攻めるしかないが、相手はまだ弾が残っており白兵前砲撃から壷攻めで攻めてくる。耐久でかなり追い込まれるが、こちらも船員を削っておかないとならないのでギリギリまで踏ん張り最後のところで撤退。一回で抜けられたからよかったが、抜けられなかったら負けていたのでもう一つ早い段階で抜けた方がいいか。

 ギリギリの粘りが功を奏したのか、最後の白兵でも再び白兵攻め対壷攻めになったが、白兵で攻めきり白兵拿捕で勝利。

2戦目vs昨日の牙さん
 相手は砲艦・強化砲門・装甲劣化弾アサフリ、砲術家、ヴォルカン
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 初対戦。
 以前に牙さんの裏キャラと同じ商会にいて、艦隊戦では非常に強いアタッカーだったので、砲撃には最大の警戒をした。
 
 いきなり相手の横砲撃で500超の大ダメージを喰らう。キャノン以外でこれほどのダメージを喰らったのは初めてだった。
 まだ装甲劣化弾の効果が出ていない状態だったが、砲艦改装・強化砲門の効果が予想以上に大きいことに驚いた。
 混ぜ大砲の見分け方が未だにわからないが、もしかしたらヴォルカンとキャノンの混ぜだったのかもしれない。

 相手の砲撃がかなり痛く、また相手の耐久は1442と高すぎるので、白兵で攻めることにした。
 白兵に入ると、相手の防御値は200台でかなり低めだったので、そのまま突撃で攻めきり白兵拿捕で勝利。

3戦目vs昨日の牙さん

 白兵無しで再戦。
 まずは相手の高い耐久を一発で落とせるぐらいまでに削らなければならないので、序盤は近間合いで砲撃と機雷で攻めた。漕船を切って砲撃スキルを入れた。

 相手のアサフリの長い船首に巻き込まれて首相撲になってしまうことが多かったので、アサフリ相手の際には特に首相撲に気を付けよう。

 こちらも400台のダメージを出せて強い砲撃ができた。ある程度耐久が削れてきたので、漕船を入れて速度砲撃に切り替えた。

 中央での速度戦では相手の船首に廻って攻めてこちらが主導権を握ることができたが、しっかりまたぎ旋回をされてクリを当てることはできなかった。

 ライン際での砲撃戦では危ない場面もあった。相手の砲撃がかなり痛いうえに攻めも鋭い。ライン際での砲撃戦はこちらが不利と考え、再び中央に戻って速度で攻める。

 速度ではこちらが上回って船首をとれているので、フェイントクリ狙いに出た。フェイントクリ狙いの動きにならなかったが、相手が急旋回をしてきたところに読み砲撃が決まり勝利。水平が切れて弾道学だけの発射となったが、耐久を削っておいたおかげで落としきることができた。

 やっと「逆旋回をしない」ということを意識することができた!もしかしたら意識できたのは初めてかもしれない。悪い癖で治したかったので、引き続き頑張ろう♪

 フェイントクリをやろうとしているが、できない。タイミングか何かがおかしいと思われるので、昔できていた時の動画を見直してみよう。

 取組項目②:「攻める時も防御意識を保つ」70%
 取組項目③:「多様な攻め」95%
 取組項目④:「早め回避旋回」95%
 取組項目⑦:「白兵読み」95%
 取組項目⑧:「逆旋回しない20%(↑20%)

 動画は続きから。

続きを読む

関連記事

タイマン2017.03.12

 また対戦記事が溜まってしまった。

 この日はボストン前で、高柳さんと1戦、俊汰さんと2戦、リョウちゃんさんと2戦した。
 俊汰さんとリョウちゃんさんは耐久底船だったのでカウント対象外としよう。

1戦目vs高柳さん
 相手は司令塔・網・耐砲撃ラレアル、砲術家、キャノ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 序盤は中間合いの速度戦。こちらが主導権を握って攻めることはできたが、相手の回避操船がしっかりしていてクリを当てることはできなかった。逆にこちらが相手側に旋回したところ、相手も旋回して、慌てて回避操船したが「逆旋回」で頭被クリした。

 相手の機雷で200ダメージ喰らっていることに気づく。相手の職業チェックができなかったので機雷優遇職だったのかブーストなのかわからないが、いずれにしても機雷ダメージが大きいので除去を入れて白兵で攻めることにした。

 白兵に入ると、相手の防御値は300台だったので白兵で攻める。 
 抜けられた後は、速射を入れて手数で追い込みをかけ、相手の船首に廻って旋回撃ちなどで攻めるがクリにならなかった。

 再び白兵に入り、かなり船員で攻め込むが抜けられる。
 抜けられた後は首相撲を仕掛け、相手の船尾が向いたところに早め砲撃が決まり勝利。

 取組項目「逆旋回しない」は、ついに0%になってしまった。。。

 取組項目②:「攻める時も防御意識を保つ」70%
 取組項目③:「多様な攻め」95%
 取組項目④:「早め回避旋回」95%
 取組項目⑦:「白兵読み」95%
 取組項目⑧:「逆旋回しない」0%(↓5%)

 動画は続きから。

続きを読む

関連記事

タイマン2017.03.06

 やっと対戦記事の借金最後の一日分。

1戦目vsノブレスさん
 相手は轟音機雷・直阻止オスガレ、稼ぎ、キャノ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 序盤は砲撃で攻めようとしたところ、機雷を踏んで大混乱発生。相手の攻め手は轟音機雷だった。
 そして相手の耐久が1400と高いので除去を入れて白兵で攻めることにした。

 白兵に入ると相手の防御値はかなり低めだった。突撃で攻めてあと一歩まで追い込むが抜けられる。
 抜けられた後は除去を入れたまま砲撃で攻めた。砲撃で相手に混乱が発生し、そのまま白兵となり混白拿捕で勝利。

2戦目vsたまはらさん
 相手は重量・網ナポ、フィリ、カロ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 たまはらさんのニコ生を拝見していると、首相撲と急旋回クリ狙いが上手く、そして何よりリスクを負ったギリギリの際どい攻めで勝っていて、この人は上手くて強いなぁと感じていたのでまた戦いたいと思っていたが、なかなかタイミングが合わず、やっと久しぶりに対戦できた。

 対戦が始まると相手の重量で速度を落とされる。以前に見たニコ生ではフィリの火力不足を補うためか3キャノだったで、カロは2基のはずだが、速度に乗れなかった。重量の効果だけでなく、クリを狙う攻めが鋭く、こちらが回避旋回を余儀なくされることも影響しているのかもしれない。

 白兵に入ると、白兵値はこちらが上なので白兵で攻めようとするが、白煙弾で対処されてしまう。
 抜け後は、相手が首相撲が上手いので、首相撲を仕掛けられないように最大限の注意を払った。

 砲撃戦では、砲撃ダメージは近間合いだとこちらも強い砲撃ができるが、相手も3キャノ編成のため砲撃が強かった。

 肝心の攻め手は、速度に乗って急旋回クリなどで攻めたいところだが、どうしても速度を殺されてしまい、相手に船首に廻られてクリを狙われる展開が続き、攻めるどころか防戦一方でやっぱりこの人は強いなと感じた。

 このままだと負けてしまうと思ったが、白兵前砲撃で望外の混白を取ることができた。相手は煙玉で撤退しようとしたが、運よく副官妨害と突撃錬成妨害が毎回発生し、混白拿捕で勝利。
 司令塔の有無の差のおかげで勝つことができた。

3戦目vsはーてぃあさん
 相手は特殊煙幕弾・装甲劣化弾・直阻止・耐砲撃オスガレ、フィリ、シュミネ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 相手の攻め手はシュミネでの特殊煙幕弾だと思われたので煙幕弾防御で対処した。
 相手の船の耐久は1400と高く、遠間合いを維持されてこちらのカロキャノのダメージが通らないので、白兵で攻めることにした。

 白兵に入る際はお互いに速度に乗り逆ハの字型になる形が多かった。この形はaoitan.さんに船首クリを喰らって負けた形なので、その反省を活かし、ワンテンポ早くまたぎ旋回するようにした。

 白兵に入ると、相手は砲撃装備なのか、いつものはーてぃあさんらしくない白兵値だった。こちらが白兵で攻める展開だが、なかなか攻めきることができずに時間がかかった。

 長期戦となり最後は相手がラインアウトしてしまい終了。
 相手はフィリで火力が足りず、こちらが煙幕弾防御を入れていればクリを喰らってもまず落ちないので、白兵拿捕は時間の問題だと考えられるため、統計上は白兵拿捕勝利とする。

4戦目vsはーてぃあさん
 相手は網・特殊船尾楼・耐砲撃ラモ、フィリ、キャノ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 相手は船を乗り換えてきた。

 白兵に入ると、以前のような白兵値の高さ。そして特殊船尾楼でこちらの攻撃値を落とされているので、今度はこちらが白兵で防戦一方になった。 
 
 そして砲撃戦でも、相手が最近は砲撃での攻めを主体としている成果なのか、急旋回クリ狙いなど砲撃での攻めも鋭かった。
 先ほどの対戦は負ける気があまりしなかったが、今回は負けるかもと思った。

 2回目の白兵では、こちらの白煙弾が決まって相手の攻撃値を落とすことができた。こちらは戦術で白兵値を上げてから攻めようとしたが、相手からも白煙弾を投げられこちらの攻撃値も落とされてしまう。
 お互いに攻撃値を落とし合、白兵スキルでは攻めることができなくなったので、戦術錬成で行動力削りに出ることにした。

 行動力を削り切った後は、火炎壷で攻めた。こちらの壷攻めに呼応するように相手も壷で攻め返してきて、今度は壷合戦となった。
 相手の耐久をかなり攻め込んだので、抜け後は首相撲を仕掛け、機雷と砲撃で追い込みをかけた。行動力削りが効いて相手の修理が遅れたため、砲撃での追い込みが成功し横砲撃で勝利。

 対戦記事がかなり溜まっていたが、前日の対戦の反省をしないで次の対戦をするのは私の中ではご法度。この状態になっているということはモチベーションが低下してきている証拠に他ならない。
 第8シーズンも130戦近くになった。これまでもこれぐらいの対戦数で次のシーズンに切り替わっているので、そろそろ新たな目標を立てて次のシーズンに行く時期に来ている。
 取組項目「多様な攻め」は、あとはフェイントクリを取り戻すことができれば一旦達成できるので、この項目が達成できるまで第8シーズンを頑張ろう。

 取組項目②:「攻める時も防御意識を保つ」70%
 取組項目③:「多様な攻め」95%
 取組項目④:「早め回避旋回」95%(↑10%)
 取組項目⑦:「白兵読み」95%
 取組項目⑧:「逆旋回しない」5%

 動画は続きから。

続きを読む

関連記事

タイマン2017.03.05

 日曜日は商会長のたまにゃんさんと対戦。

1戦目vs★たまにゃん★さん
 相手は迎撃・司令塔・轟音機雷・重量アサフリ、砲術家、カロ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 昨日のクロヌス・ルーリさんの敗戦の反省から、相手の攻め手にはきっちり対処することにした。
 相手の土俵で戦ってそのうえで勝つのはカッコいいので狙ってしまいがちだが、本当に強くて相当な実力差がないとできないし、ということは、それをするのは舐めプというか相手に失礼なのではないかとも考えた。

 たまにゃんさんの攻め手は轟音機雷なのでしっかり除去を入れた。
 相手の耐久が1400オーバーと高い。いつもなら序盤は耐久削りをするところだが、耐久が高い相手との対戦が続いていて疲れていたのと、除去を入れる縛りで速度と砲撃力が落ちるため、白兵で攻める方針にした。

 接弦で白兵に入る。相手は迎撃だが防御値が500台で攻めることができたため、白兵で攻めきり白兵拿捕で勝利。

2戦目vs★たまにゃん★さん

 今度も最初は砲撃で攻めようとするが、間合いが上手くいかないので、白兵での攻めに切り替え。
 なかなか間合いを詰められず白兵にも入れなかったが、接弦を入れて白兵に入る。
 
 白兵で攻めるが相手に抜けられる。
 抜けられた後は、間合いが近かったため、今度は除去を入れたまま砲撃スキルを入れて砲撃で攻める。

 相手がこちら側に旋回したところ、アサフリの長い船首で白兵となり、白兵で攻めきり白兵拿捕で勝利。

3戦目vs★たまにゃん★さん
 相手は強化衝角・水密・耐砲撃ラレアル、砲術家、ヴォル混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 相手はラレアルに乗り換えてきた。たまにゃんさんは帆船で轟音機雷のイメージが強かったので、ラレアルは意外だった。

 今度は相手に轟音機雷がないので除去を入れずに砲撃で攻める。
 相手は遠距離砲のヴォル混ぜだった。

 白兵に入ると、相手は迎撃や網が無かったため白兵値は低めだった。白兵で攻めきり白兵拿捕で勝利。

 白兵の入り方で白兵前クリが危なかった。白兵では完全にこちらが有利だったのだから、盤石に勝ちきるためには砲撃の方はもう少し慎重に行くべきだった。

4戦目vs★たまにゃん★さん

 今度は序盤から遠間合いの砲撃戦。
 間合いが縮まりまたぎ旋回したところ、相手も旋回して来てラムアタックを喰らった。

 そのまま白兵に入り、白兵で攻めきり白兵拿捕で勝利。


 取組項目②:「攻める時も防御意識を保つ」70%(↓5%)
 取組項目③:「多様な攻め」95%
 取組項目④:「早め回避旋回」85%
 取組項目⑦:「白兵読み」95%
 取組項目⑧:「逆旋回しない」5%

 動画は続きから。

続きを読む

関連記事
プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:☆ちゃぷちゃぷ団☆

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ