優勢時の戦い方

2013.07.24:残り時間が短い場合を追記

<5-4の場合>

 優勢時に重視すべきことはただ一つ、逆転されないこと。
 そして逆転されないためには、相手に攻撃させないこと。

 相手に攻撃させないためには、白兵に入ること。

 沈のほとんどは、抜けクリ、流れクリ=砲撃。
 そして白兵している時は砲撃はできない、つまり攻撃を封じている。


 なので優勢時は相手を白兵でがっちり抑える。この1点に尽きる。

 白兵で抑える効用はそれだけでなく、相手はフォローもできないし、修理外科支援すらできない。

 白兵抜けた後は、その相手はしばらく再度の白兵に行けなくなるので、白兵する相手をチェンジしあえるように、できれば密集した方がいい。

 旗はできるだけ外目にいて、味方も旗fに常に留意。

 もちろん白兵に入ると、こちらも砲撃などはできなくなる。だが、5-4なら1優勢で、必ず1人フリーができる。この1人のみが攻撃役。アタッカーが3人いる場合も、攻撃役は1人で残り2人は白兵。
 こちらも砲撃できなくなるのを嫌って白兵をせずに、流れクリなどを狙うと、相手フリーができてしまう。ここが逆転の隙になる。全員が自分は白兵で抑える役だと思った方がいいくらい。それで結果として一人だけフリーになる。



<5-3の場合>
 ほとんど勝ちは決まった。
 ここで気を付けることは油断
 油断してRK切って、気持ちを緩めていると、被沈する。
 RK切って抜けクリを狙っている時に、近くの敵が白兵を抜けたら、クリ狙いをやめてRK入れなおす。そして、また相手全員を白兵で抑えて絶対安全になってから狙い直す。せっかくの抜けクリチャンスを棒に振ることになってしまうが、絶対的優勢なのだから、無理狙いをする必要はないし、チャンスはすぐに何度でも巡ってくる。目の前の抜けクリチャンスより安全を優先。

 旗は普段以上に安全を優先。外側から狙うのはまだいいけど、内側でRK切ってまで狙うのは危険過ぎ。仮に相手が旗だったとしても。自分が無理して決めなくてもいい。

 相手を白兵で抑えている限りは、相手の修理外科支援も止めることができるので、白兵直前にクリを当ててそのまま白兵で火炎壺もあり得るし、抜けクリにこだわらずとも打ち込みで与沈もあり得る。同じく混白でそのまま突撃拿捕もあり得る。全て、全員が白兵維持していれば起こり得ることだが、相手フリーを作ったら逆にどれも起こりえない。

 何より逆転されないこと、安全を優先。そのために白兵。それをしてるだけで自然に勝つ。

 5-3で一番理想的な形は、3-1、1-1、1-12-1、2-1、1-1で抜けクリ2箇所もいいが、1-2だとけっこう耐えられる。1-3だと流れでもきついし、抜けクリコンボも狙える。あと1落とせば勝ちなので、攻撃力を集中して3-1の方がいい。
 1-1側はもちろん白兵維持。3-1側は抜けが外れたら残り2人がすぐ白兵で相手を逃がさず3-1状態を継続させる。
 そして、3-1にするためには、どの相手を狙うかを艦隊全体で意識共有することが必要。

 また、5-3でちゃんと白兵維持していれば、撃ち込みで落とせる可能性も出てくる。抜けを狙ってる場合は単に抜けクリを狙うだけでなく、相手耐久もチェックして、撃ち込みも考慮すること。キャノであれば貫通ではなく速射を入れる。

<残り時間が短い場合>
 残り時間が短くて1差優勢なら旗狙い。

 CLのように制限時間ありの対戦で、残り時間が5分未満など短い場合、同数あるいは2差なら僚艦狙いでも可だが、1差優勢なら、そこから僚艦を落として2差にしても優勢勝ちポイントは変わらない。
 2差にしてから3差にするまでの時間的余裕もない。
 なので旗落とし狙い。
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

優勢時は相手を白兵でがっちり抑える。この1点に尽きる

これを守りきれば逆転される危険も少ないし!

絶対的優勢なのだから、無理狙いをする必要はないし、チャンスはすぐに何度でも巡ってくる。目の前の抜けクリチャンスより安全を優先。

勝ってる時こそ防御優先ですね!

Re: No title

コメントありです♪

偉そうに書いてるけど、私自身のダメだった経験も踏まえて自戒の念で書いてみた^^

これから5-4の場面が多くなるといいね!
プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:☆ちゃぷちゃぷ団☆

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ