タイマン2016.11.10

 以前から戦ってみたいと思っていた、いおなさんと対戦できた^^

1戦目vsいおなさん
 相手は迎撃・仕込み・強化砲門オスガレ、砲術家、シュミネ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 相手は、戦い方は速度に乗って攻めるタイプで、また理詰めで防御重視で無理はしないと予想された。

 最初は手探りの状態。予想通り速度に乗って攻めてきた。反転旋回も多かったので、船首クリを喰らわないように回避操船を丁寧にしようと思った。
 こちらの横砲撃は相手が防御を固めてダメージが出ないと予想していたが300台のダメージが出た。横砲撃ダメージが出たのはよかったが、中間合いでも相手が除去も使ってきていることもわかったので、なかなか耐久は削れなさそうだと思った。

 相手の大砲はキャノとシュミネ混ぜで、近間合いではキャノンで大ダメージを与えられ、またシュミネの煙幕でこちらの砲撃力を落とされた。煙幕状態のときは回復するまで砲撃を控えるようにした。

 白兵に入ると、相手は迎撃で防御値600台。仕込み爆弾が怖いので、すぐ抜けることにした。
 即抜けすることができた。その後の白兵でも即抜けできた。今日は鐘運がよかったが、先日のTAKASHIGEさん戦との違いはなんなのか。単なる肥乱数の気まぐれか、今回はこちらの方が船員数が多かったので、船員数が多い方が抜けやすいとかあるのかもしれない。

 抜け後は、機雷は除去で対処されると予想していたが意外と機雷は効いたので、耐久を削ることができた。
 また、接近戦で急旋回をしてくるとわかったので、白兵前クリ狙いに勝機があると考えた。

 抜け後の接近戦のなかで、相手にクリを当てることができた場面があったが、キャノンの装填が間に合っておらず落としきれず。水平・弾道学だったためなので、接近戦では弾道学ではなく速射にしておくべきだった。

 クリ直後は追い込みをかけたが、相手に凌ぎ切られる。

 急旋回クリ狙いで相手の船尾側に廻り、相手と接近戦の距離になった。相手が急旋回してきたので、読み砲撃で白兵前クリが決まり勝利。

2戦目vsいおなさん

 連で再戦。

 序盤はお互い速度に乗り中間合い砲撃戦。
 先のミラさん戦の敗戦で、受けで弱気になっていては勝てない、攻めないと勝てないと痛感したので、相手の反転旋回は怖かったが攻めるよう心掛けた。

 急旋回クリ狙いで相手の船尾側に廻ったところ、フェイントのような形となりクリが決まるが、あと少しで落としきれず。まだ序盤で耐久削りが足りていなかったのと、スキル切替で暴発して溜め撃ちになっていなかったのが響いた。せっかくのチャンスで決めきれなかったので、これで負けフラグが立ったと思った。

 これまでの白兵では相手の仕込みを警戒してこちらがすぐに撤退していたが、何度目かの白兵で相手が開幕から鐘撤退だったので、こちらは白兵で攻めることにした。相手も鐘撤退を止めて仕込み爆弾と壷で攻め返してくる。お互いに攻め合い、こちらは耐久、相手は船員で追い込まれた。五分五分ではあったが負けフラグで嫌な予感がしたので抜けることにした。

 抜け後は相手が船員を回復する前に接弦を入れて再度の白兵に行ったが、船首クリが危なかった。連弾を切って接弦を入れたが、除去を切って連弾は入れたままのほうがよかったのと、白兵に行く旋回をもう少し丁寧にすべきだった。
 なんとか白兵に入ったものの、相手にある程度は船員を回復されてしまっていたのと、白煙弾で対処され攻めあぐねたので、やむなく撤退。

 相手の仕込み爆弾のため、弾数が残り少なくなった。このため、機雷は控えて砲撃も手数ではなく溜めて撃つことにした。

 最後は煙幕状態であったが、結果的に残弾数が少なく溜め撃ちになったのが功を奏し、並走から旋回撃ちで頭クリが決まり勝利。

3戦目vsいおなさん

 開幕直後にフェイントクリの形になったが、砲撃タイミングが遅く、クリを決めることができなかった。

 中盤は近間合いのメリゴ戦になった。相手の砲撃も300台で痛かったが、こちらも300ダメージで少し耐久を削ることができた。

 急旋回クリ狙いでクリが当たったが、相手に連弾を入れられているのか、ダメージは800台止まりだった。

 再び中間合いで砲撃戦をした後、相手の船尾側に急旋回し、今度はクリが決まり勝利。

 動画は続きから。
 




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ