タイマン2016.10.22

 今日も2敗した。

1戦目vsダイダイさん
 相手は司令塔・網ラレアル、士官、カロ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 昨日の敗戦で冷静さを欠いていたのか、裸で戦っていたので仕切り直しして再戦。
 
 開幕直後に白兵となる。相手の攻撃値がかなり高い。攻撃重視装備で攻撃値が高くても防御値が低い相手が多いが、ダイダイさんは攻撃値が高い上に、フィリではないのに防御値も高い。スーパー迎撃ではなく純粋な白兵値の高さ。
 白煙弾と戦術で白兵値では上回ったが、相手の戦術錬成、防御錬成で行動力を削られ撤退。

 相手は回避操船が上手いのでまともにクリを狙っても当たらないため、抜け後に首相撲を仕掛けてみたが、成功しない。

 速度戦にはならないので、漕船を切って貫通を入れて水平・速射・貫通で攻めることにした。貫通の効果か400超のダメージを出すことができた。
 至近距離のメリゴでお互いに機雷を撒きながら砲撃で攻め合う。相手の機雷をかなり踏まされたので、貫通を切って除去を入れた。これで機雷は踏まなくなったが、砲撃ダメージが200台まで下がってしまったので、速射を切って貫通に切り替え。再び400超のダメージになった。

 昨日の反省から、砲弾数を150から130に減らした。これで単に弾数が減るだけでなく、速射を入れて手数で押す攻め方や機雷攻めなど、今までと同じようにはできなくなるので、不安がある。手数で押すのか、強い一発にするのかメリハリをつけたり、一発一発を大事にするために風向きも意識するなど、より砲撃を丁寧にしよう。

 反転して機雷源を抜けたので、除去を切って速射に切り替え。強くて早い砲撃で白兵前砲撃して、相手の耐久が削れた状態で白兵に入ることができた。こちらは壷で攻め、相手は突撃で攻め返してきたが、壷が成功したところで相手は撤退に作戦変更した。なんとか相手の撤退を許さず、壷で攻めきり壷拿捕で勝利。

2戦目vsPervertさん
 相手は網・先制・特殊船尾楼ラモ、フィリ、キャノン
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 初対戦。
 遭遇戦なので相手が戦ってくれるか心配だったが応戦してくれた。

 近間合いで砲撃戦。強い砲撃をすることができた。相手は急旋回クリ狙いをしてくるが、いつかのアプデから旋回が効き始めるのが遅くなってヒヤっとする場面があった。

 船のOPが全て白兵に関するものだったので、白兵メインかと思ったが、白兵に入ってみると白兵値は高くなかった。
 抜け後に首相撲を仕掛けて、相手を後ろに飛ばすことはできたが、旋回や砲撃が上手くいかず、クリを決めることはできなかった。

 強い砲撃ができているので、相手の耐久を底近くまで削ることができた。優勢ではあるが、相手はキャノンで一発逆転があるので連弾を入れる。ただ、連弾を入れるのは慎重ではあるが、攻め手は緩むので緩手になるのかもしれない。

 最後は迎撃の白兵前砲撃が決まって白兵となり、そのまま壷で攻めきり、壷拿捕で勝利。

3戦目vsリリィ・ハーツさん
 相手は迎撃・司令塔・強化衝角ラレアル、稼ぎ、カロ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 初対戦。
 最初はタイマン申し入れに応じなかったので、白兵無しということで対戦。

 相手の砲撃がかなり痛く400近いダメージを喰らい、またかなりの頻度で浸水されられてしまう。たまらず回避スキルを入れるが、大提督で非優遇なせいか、あまり効果がなく300台のダメージ。

 中盤を過ぎて耐久を確認すると、こちらが負けていたので、回避を切ってこちらも水弾貫で砲撃。
 こちらの方が底近くまで削られていたが、相手の耐久もかなり削れてきた。

 白兵無しで白兵圧迫や壷攻めからの攻めなどができないので、フェイントや首相撲を仕掛けてみたが、フェイントは相手にしっかり回避操船され、首相撲は私の技術不足で上手くいかなかった。

 やっと遠めのクリが当たったので、ここが攻め時だと考え急旋回して追い込みに行ったところ、頭クリを決められ敗北。
 当たるとは思っていなかったので水平切れの方を気にしていた。動画を見直すと旋回し過ぎていた。相手側への旋回の丁寧さを欠いた。
 砲術家や稼ぎ相手に、白兵無しで対戦するのはもうやめよう。

4戦目vs★たまにゃん★さん
 相手は迎撃・司令塔・重量・特殊機雷ノルスケロブ、砲術家、キャノ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 久しぶりの対戦。

 相手は特殊機雷だが気合いで気にしないことにした。
 相手の重量と大浸水で速度が落ちているので、またぎ旋回は控えて、回避操船も丁寧にするように心掛けた。

 近間合いで砲撃戦。こちらは大浸水しているものの、相手の砲撃がバラ撃ちだったせいか、思ったほど大ダメージは喰らわなかった。
 旋回し過ぎで頭クリが危ない場面があった。
 
 白兵に入ると相手は迎撃だが攻撃値は高くなかったので、銃撃などを使って攻める。銃撃vs戦術カウンターを喰らってしまうが、直後の突撃合戦でも負けなかったので白兵で攻め続け、銃撃vs防御カウンターが決まって流れを引き戻す。そのまま突撃で攻めきり、白兵拿捕で勝利。

5戦目vsブラホックさん
 相手は迎撃・重量ナポガレ、士官、カロ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 久しぶりの対戦。

 相手は重量を使って速度で上回り、急旋回クリ狙いや速度に乗った頭クリを狙ってくるので、かなりヒヤヒヤした。
 ナポガレの弱点である装甲値の低さを攻めて、ある程度強い砲撃はすることができた。

 相手が急旋回してきたので読み砲撃で頭クリを狙ったが当たらず。しかし、迎撃の白兵前砲撃で混白を獲ることができた。あと一歩までいくが抜けられてしまう。

 抜けられた後は、首相撲や速度で追いこみをかけるが、さすがに劣勢時の対処もしっかりしていて、間合いを置かれて体勢を立て直されてしまう。

 相手の旋回が鋭く、こちらから急旋回クリをしてミラさんに迎撃旋回をされたトラウマが甦ったので、こちらから攻める旋回はせずに受けに廻った。

 白兵に入ると、今度の相手も迎撃。少しでも船員を削って圧迫しておきたくて、削れる人数は少なかったが突撃メインで攻めた。今日は副官がよく働き、相手の鐘を妨害してあと一歩のところまで攻め込む。

 今度は抜け後の首相撲が成功して、相手が逃げるのを防ぐことができた。
 砲撃を繰り返し修理圧迫で攻め、相手が船員を回復しきる前に再び白兵に入るが、すぐ抜けられてしまう。

 抜けられた後は、再び首相撲で攻める。
 大きく旋回して相手を後ろに飛ばしたが、砲撃タイミングが遅くクリを決めるという綺麗な形はできなかった。
 しかし、たまたま相手側に旋回したのが首相撲となり、今度は早め砲撃ができたので、クリが決まり勝利。首相撲クリが決まって嬉しかった!

6戦目vsブラホックさん
 相手は迎撃・特殊船尾楼・耐砲撃ラモ、士官、カロ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 相手は船を変えてきた。
 白兵は迎撃に加えて特殊船尾楼もあるので攻めきれない。砲撃も耐砲撃が付いたので攻めきれない。このため混白狙いにいくことにした。

 今度は相手に重量がないので、こちらも速度で攻めた。

 白兵に入ると、特殊船尾楼で攻撃値を落とされ、白兵では攻めれない。

 抜け後の速度戦で相手側に旋回したところ、旋回し過ぎて頭クリが危ない形となり、慌てて回避旋回するが例によって逆旋回で、頭クリを喰らい敗北。
 やっぱり混白狙いをすると負けるジンクスは生きてる。
 
 今日負けた2戦はいずれも攻めた旋回。攻めた旋回をすると、それが原因で逆に負けてしまう。どうすればいいのか。。。
 いずれにしても、今日に限らず、最近は相手側へ旋回しすぎて頭クリが危ない場面がかなり多い。旋回をもっと丁寧にするよう心掛けよう。
 
 最近、負けが込んでいる。気を引き締め直して、また頑張ろう。
 
 動画は続きから。
 










関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ