タイマン2016.10.09

 今日は首相撲に挑戦してみた。

1戦目vsエットーレさん
 相手は司令塔・網ラレアル、大提督、シュミネ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 相手の船は、前回は迎撃・司令塔ラレアルだったが、今回は司令塔・網ラレアルに変わっていた。

 向こうの大砲はシュミネとキャノの混ぜで、混ぜに比率はわからないが、遠間合いだとシュミネの煙幕でこちらの砲撃力を落とされ、近間合いだとキャノンの強い砲撃で攻められた。

 白兵に入ると、相手の白兵値はある程度高いが、攻撃値が500を超えていなかったので、こちらが主導権を握って攻めた。

 抜けられた後の追い込みでは、相手が船員を回復仕切る前に白兵に入りたいので、先日の反省を踏まえて接弦を入れて白兵に行った。
 しかし、またも抜けられてしまう。相手は抜け後の態勢の立て直しが上手く、追い込むことはできなかった。

 4:20のところで、相手に抜けられた後に首相撲を仕掛けるが、相手を飛ばすどころか逆に自分が飛ばされて、頭クリで1261の大ダメージを喰らってしまって危なかった。

 砲撃戦は、相手のシュミネ煙幕でうまくいかないので、白兵と機雷で攻めることにした。
 メリゴで相手の機雷を除去しながら少しずつ機雷で耐久を削る。思ったほど削ることはできなかったが、再度の白兵で突撃で攻め込むことができたため、抜け後は再び砲撃に転じて砲撃圧迫。

 しかし、相手のキャノン砲撃が痛いので連弾を入れた。連弾を入れるために漕船を切って相手に速度負けしたため、再再度、白兵に切り替え。接弦で白兵に行き、白兵拿捕で勝利。

2戦目vsエットーレさん
 相手は司令塔・網ラレアル、大提督、シュミネ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、変性シュミネ

 こちらは大砲をシュミネに変えた。しかし、出航して相手の副官チェックをすると煙幕弾防御ありだった。
 相手もシュミネ・カロ混ぜに大砲が変っていた。

 シュミネで速度戦の砲撃戦に対抗するつもりだったが、相手に煙幕弾防御を入れられ砲撃が効かなくなった。このため、1戦目同様、機雷と白兵で攻める方針に変更。

 白兵に入ると、相手の攻撃値が500超に上がっていた。しかし、今度は先制相殺になっておらずこちらの攻撃値が高めに出た。
 相手は抜け後の立ち上がりが早く、首相撲は仕掛けることができなかった。

 頭クリを喰らわないように丁寧に旋回して白兵に入る。突撃vs防御カウンターを何度か喰らったが、白兵で攻めきり、白兵拿捕で勝利。

 エットーレさんもタイマンスキーのようなので、対戦後にお話ししてフレになった。また一人、タイマン好き仲間が増えてよかった♪

3戦目vsトラブルメーカーさん
 相手は迎撃・直阻止・強化衝角ラレアル、フィリ、キャノン
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 相手のキャノンが痛いので連弾を入れて近間合いで砲撃戦。

 白兵抜け後にメリゴから相手に首相撲をされ後ろに飛ばされた。メリゴ方向での首相撲のパターンが一つわかった。
 4:30のところは、混白から相手に抜けれらた直後で、相手は外科圧迫となっているので、首相撲を仕掛けてもよかった。

 何度かクリを当てることができたが、攻撃スキルを入れていなかったため、落としきれなかった。少し慎重になり過ぎた。

 9:10のところは、首相撲を仕掛け、クリを決めるまではいかなかったが、相手を後ろに飛ばすことはできた。
 10:15のところでも首相撲を仕掛け、相手が旋回したところに読み砲撃が決まったがキャノンの装填が1秒間に合わず落としきれなかった。速射は入れていたので、キャノンの装填を間に合わせるにはあとは砲術をR20にするしかない。首相撲メインで攻めるなら砲術をR20にするか装填の早い大砲の方がいいのかもしれない。

 砲撃で押すことができているものの、連弾を入れて漕船を入れていないため、追い込むことができない。
 漕船を切ると速度が落ちて旋回力も落ちるので、被クリが危ない場面が何度かあった。特に11:50のところはヤバかった。漕船を切っているとは、またぐのをやめよう。

 終盤は速度戦となる。相手の急旋回クリ狙いで危ない場面もあったが、最後は相手が旋回してきたところに読み砲撃が決まり勝利。

4戦目vsトラブルメーカーさん
 相手は迎撃・直阻止・強化衝角ラレアル、フィリ、キャノン
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、変性シュミネ

 大砲をシュミネに変えた。
 相手のキャノンが痛いので中間合いを維持して速度砲撃で攻める方針。
 昨日の反省から、耐久削りにはこだわり過ぎないようにした。

 相手は漕ぎ錬成がまだなので速度負けしているが、回避操船がしっかりしていてクリが当たらない。

 4:45のところで、フェイントクリを狙ったが、砲撃タイミングが早すぎて船首砲しか出なかった。

 5:30のところは、ライン際から相手が旋回するところに読み砲撃を狙ったが、今度は砲撃タイミングが遅くてダメだった。

 フェイントを一度見せてしまったので、もう効かないかと思ったが、再度のフェイントが決まった。今度はワンテンポおいて砲撃し、フェイントクリが決まり勝利。

 読み砲撃は早め砲撃、フェイントクリは遅め砲撃がいいとわかったのと、フェイントは相手の回避操船を前提としているので、1度見せても再度効くということがわかったのが収穫。


 その後は、ミラさんとトラブルメーカーさんとカサブに行って模擬戦で練習をした。練習では首相撲を2回決めることができたが、首相撲をしたために3回頭クリで負けた。本番のエットーレさん1戦目を含めると2回成功して4回失敗しているのでまだまだだが、わかったこともあったのでよかった♪

 動画は続きから。
 






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:☆ちゃぷちゃぷ団☆

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ