タイマン2016.10.08②

2戦目vsミラ・フィナーシェさん
 相手は先制・司令塔・網ラレアル、フィリ、キャノ混ぜ
 こちらは司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 スーパー迎撃対策として、先制がついていないラレアルに乗り換えた。
 白兵がどうなるか不安はあったが、この対戦では白兵にはならなかった。

 中間合いでお互いに速度に乗って砲撃戦。
 0:35のところは頭クリがヤバかった。まだ、相手側への旋回の丁寧さが足りないか。

 ライン際で相手が旋回してきたところに、読み砲撃と旋回撃ちの合わせ技が決まり勝利。

3戦目vsダイダイさん
 相手は迎撃・直阻止・仕込みオスガレ、士官、カロ
 こちらは司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 迎撃つぶしで、先制無しラレアルで、練度を下げて対戦した。
 大砲も1戦目の反省から混白を狙えるようにカロキャノにした。

 相手は漕船錬成をしていないので、漕船を切って水平弾道速射で攻めることにした。
 1:40のところで頭クリを喰らってしまう。2戦目のミラさん戦もそうだが、漕船を切るといつもより速度が遅いので、またぎ旋回はしないようにした方がよさそうだ。漕船を入れていない時は、もっと丁寧な旋回をするよう気を付けよう。

 1度目の白兵は、白兵前砲撃で混白を獲ることができた。あと一歩まで行くが抜けられてしまう。

 2度目の白兵は通常白兵となったが、相手の迎撃が発動しておらず防御値は低めに出た。しかし、仕込みで攻められ、まだ序盤で残弾数が多かったため大ダメージを喰らい、こちらから撤退。

 3度目の白兵も通常白兵で仕込みで攻められたが、仕込みダメージは減ったので、白兵で押した。そのまま突撃で押し切り、白兵拿捕で勝利。


4戦目vsダイダイさん

 こちらは迎撃対策で練度を下げてあったが、相手がさらに練度を下げてきた。このため、白兵に入ると相手の迎撃が発動していた。
 相手の攻撃値も高いため白兵でも攻められ、仕込みでも攻められた。
 こちらは抜けたいが、練度を下げているためアイテム成功率が下がり、なかなか抜けることができなかった。


 2度目の白兵で、仕込みを2回成功させられ耐久拿捕寸前まで追い込まれたが、煙玉でなんとか撤退できた。

 相手の迎撃が発動しているので、こちらは白兵前砲撃での混白狙い。しかし、相手は接弦を入れているため、いつもの距離間と違い、こちらが白兵前砲撃する前に白兵となってしまう。

 3度目の白兵では、白煙弾で相手の攻撃値を下げることができたので、壷攻めで押し返すことにした。しかし、これで相手に仕込みのチャンスを与えてしまった。対戦後にダイダイさんと話をしたが、仕込みは6回ぐらい成功すると弾を無くしきるとのことなので、仕込み相手に白兵で粘るのは逆効果だった。仕込みの仕組みについてわかったのは大きな収穫だった。
 この対戦の時点でも、まだ相手の戦略を把握する意識がなかったため、暢気に白煙弾を投げて壷攻めをしてしまい、仕込みを5回許して残弾数は14となってしまった。
 
 相手も混白を警戒しているので受けの白兵前砲撃では厳しいと考え、攻めの白兵前砲撃で混白を狙ったところ、相手も旋回して白兵に来て、混白を獲ることができた。そのまま相手の撤退を許さず、混白拿捕で勝利。

5戦目vsミラ・フィナーシェさん
 相手は先制・司令塔・網ラレアル、フィリ、キャノ混ぜ
 こちらは司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 スーパー迎撃を使ってくる人はダイダイさん以外にもいるので、これからは先制無しラレアルをメイン船にしようかと考え、この対戦でも先制無しラレアルにした。

 序盤はいつものように中間合いの砲撃戦。この時点では異変に気づいてなかった。

 白兵に入ると、相手の白兵値が高めに出た。先制相殺がないためだった。こちらは迎撃も無く先制もないため、防御値が低めに出たことも重なり、白兵で押されまくる。

 相手の船には司令塔がついているので混白も狙えない。こちらが勝つにはクリしかないが、簡単にクリが当たる相手ではない。流れクリを決めるチャンスが全くなかったわけではなかったが、砲撃タイミングが遅かった。

 いつもより相手の装甲値が高かったせいか、横砲撃でもあまり強い砲撃とならず、耐久も削ることができなかった。耐久を削れない焦りから、漕船を切って水平弾道速射にしたが、相手は錬成漕船で速度で中間合いを維持していたので逆効果だった。

 終盤は相手は接弦を入れて白兵メインで攻めてきた。相手が白兵に来ようとしていたのはわかったので白兵前クリを狙ったが、さすがにミラさんは白兵の入り方に隙がなく、白兵前クリを決めることはできなかった。

 砲撃ではクリを当てることができず、白兵では攻め込まれ、船員を徐々に削られ、最後は白兵拿捕で敗北。
 最後の場面はこちらが後攻なので素撤退すべきだった。またもや、先攻・後攻の把握ができていなかった。


6戦目vsぺくれなさん
 相手は重量・網ナポガレ、士官、カロ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 先制無しラレアルはダメだとわかったので、いつものラレアルに戻した。

 相手は重量で速度を殺してくるが、こちらは漕船を切って水平弾道速射にしてした。それで耐久が削れないので、速射を切って貫通に入れ替え。いずれにしても、耐久削りにこだわり過ぎて、速度を殺されているのに漕船を入れない形にしてしまった。今日は全体的に耐久削りにこだわり過ぎた。

 白兵に入ると、攻撃値、防御値ともに相手が少しずつ上だった。最初の突撃合戦で23人vs30人と思ったより差が大きかった。このため白煙弾を投げるが、例によって成功しない。

 ある程度強い砲撃はできたものの、相手の砲撃も痛い。中盤以降は連弾を入れたがそれでもダメージは200を超えていた。相手の耐久を少しは削ったが、こちらも削れていた。機雷をかなり踏まされていた。

 中盤の白兵では、白兵じゃんけんで優勢を獲ることができたが、相手の仕込み爆弾が成功し、一気にこちらが拿捕寸前となってしまう。なんとか素撤退で抜ける。
 抜け後に相手が船員を回復仕切る前に白兵に行こうとしたが、接弦まで入れることができず、かなり回復されてしまう。接弦を入れるべきだった。
 再度の白兵では船員でアドバンテージがあったものの、戦術vs突撃カウンターを喰らってしまい、船員のアドバンテージを無くす。白兵値でも逆転されてしまい、こちらから撤退。白兵じゃんけんでは相手が上だった。

 ちょっといろいろ態勢がよくないので、一旦離れて立て直すことにした。
 漕船を入れて速度戦になると、ペースを取り戻すことができた。やはり私は漕船を入れて速度戦の方が合ってるようだ。

 ライン際で接近戦になったので漕船を切って速射に切り替える。混白を獲ることができたが、1ターンで抜けられてしまう。
 抜け後に首相撲を仕掛け、首相撲自体は成功しなかったが、相手が船尾を向けたところに早め砲撃が決まり勝利。 


 今日は結局、スーパー迎撃絡みで2敗した。試行錯誤の結果、船は元の先制ありラレアルで、混白狙いという結論になった。ただ、それで対抗したとしても、今度は相手が司令塔も付けて来たら再び詰む。実際、別な人が洋上で浮いていてタイマンを申し入れようと思ったが、船OPを見たら、司令塔・迎撃・直阻止・仕込みがついていて、今日はもうスーパー迎撃に対抗する気力がなかったので対戦しようとは言えなかった。


 動画は続きから。








関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

客観的な意見として

そういえばベジータさんは特殊系の機雷は特に使わないですね?
特殊煙幕や装甲劣化弾などのOPも使ってるところを見たこともないです。

先制、司令、網ラレアルでの戦い方には熟達してますが、もう少し視野を広げられてはどうでしょうか? 
勝ちに慣れ過ぎて視野が狭くなってる気がするんですよね。

No title

ミラさんよわ!

No title

ミラはよわくねえぞ 誰だお前?外野がごちゃごちゃいうな

Re: 客観的な意見として

>イオナ様

 コメントありがとうございます。
 
 一つの形でどんな相手にも対応できることを目指しているので、船は固定にしていますが、御指摘のとおり色んな形を試すのは戦術・戦略ともに幅が広がりそうですね。

 特殊煙幕弾はシュミネ使いの私にぴったりですし、装甲劣化弾も強い砲撃を軸とした私にはよさそうです。
 船OPを考えるのは好きですし、他の形も試してみようと思います。

 ご指摘ありがとうございました^^

 それはさておき、私とタイマンしましょう!w

No title

1回くらいは、してみたいと思ってるんだけどねwタイマン

Re: No title

>ユリ様

 個人攻撃なので煽りだと受けて返信します。

 ここは私の個人的なブログなので私に対する批判は甘んじて受けますが、対戦相手に対する批判は以後、やめてください。
 とりわけ大切なフレに対する批判は不愉快です。

 煽るにしても、直接戦って勝ってから言ったらどうですか。
 私に負けた記事にコメントなんて、他人のふんどしで相撲を取るみたいなことをするってことは、勝てないんですかね。

>TAKASHIGE様
 その後の対戦でミラさんに白兵で負けて思ったのは、ミラさんはやっぱ強いから砲撃・白兵ともにベストの形じゃないと勝負にならないなと感じました。
プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:☆ちゃぷちゃぷ団☆

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ