タイマン2016.09.18

 今日から心機一転で第6シーズンということで、やる気がみなぎっていたが、なかなか対戦相手が見つからず、戦えずに終わるかと思ったところ、深夜にミラさんが相手してくれたので対戦。

1戦目ミラ・フィナーシェさん
 相手は先制・司令塔・網ラレアル、フィリ、キャノ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、変性シュミネ

 職業は大提督に戻して、大砲もシュミネに戻したが、出航してからミラさんは煙幕弾防御だったのを思い出した。

 序盤は遠間合いでの砲撃戦。ある程度のダメージは出るものの、全然、耐久が削れない。
 中盤は相手が煙幕弾防御を使って、こちらの砲撃ダメージが二桁になってしまったので、砲撃は諦め機雷で攻めることにした。

 相手は白兵が上手いので、あまり白兵には行きたくなかったが、展開で白兵となってしまう。
 白兵に入ると、意外にも相手の白兵値はいつもより低めだった。このため、カウンターを喰らってしまうこともあったものの、全体としてはこちらが主導権を握って攻めることができた。

 相手の耐久も少しは削れてきたので、再び砲撃に転ずる。
 狙ってやったわけではなかったが、2段階旋回が結果としてフェイントのような形となり、相手が船尾を向けたところにクリが決まり勝利。

2戦目ミラ・フィナーシェさん
 相手は先制・司令塔・網ラレアル、フィリ、キャノ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、キャノン

 大砲を全キャノに変えた。
 序盤でクリが当たったが落としきれず。弾道学ではなく速射を入れていたためかと思ったが、間違えて18門ではなく16門キャノにしてしまっていた。

 1:50のところは、クリが当たったので追い込みに行こうと切り込み旋回したが、頭クリがヤバく、それを逆旋回で回避しようとして余計に危ない形になって一瞬負けたと思った。第5シーズンで頭から突っ込んで攻めることを続けていたため、その癖を抜いて防御をしっかりするのが今日のテーマだったが、まだ切り込み旋回の悪い癖が残っている。

 船尾側に急旋回してクリ狙いにいったつもりが、白兵となる。1戦目同様、相手の白兵値はいつもより低めだった。もとから白兵値に差があるところに、戦術vs銃撃カウンターが決まり、白兵値で大優勢となる。そのまま突撃で攻めきり、白兵拿捕で勝利。

3戦目ミラ・フィナーシェさん
 
 今回はリング際での戦いとなった。前に練習の対戦時にリング際での旋回を読まれて被沈していたので、リング際での旋回にはかなり気を使った。

 キャノンの強い白兵前砲撃が決まったので壷で攻めた。あともう少しのところまで行ったが抜けられる。ただ、これで相手は修理圧迫となったので、追い込みで強い砲撃で攻め、砲撃の主導権を握ることができた。
 その後も、白兵前砲撃からの壷攻めで攻め続ける。

 相手の耐久がかなり減って、鋭い追い込みをすれば横砲撃沈を狙えそうな場面もあったが、2戦目の危ない追い込みもあったので「負けない戦い方」を心がけて慎重に攻めた。

 最後は壷攻めから抜けられた後の修理圧迫から、旋回撃ちが決まり勝利。


 やはり私は元の戦い方がしっくりくるということを実感した。危ない旋回をする癖がまだ残っているので、まずはそこを治すようにしよう。

 動画は続きから。
 




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:☆ちゃぷちゃぷ団☆

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ