タイマン2016.07.19


 今日はキャンペーンが終わってみんなラスパに戻ってきたので、久しぶりにいっぱいタイマンができた^^

1戦目vs TAKASHIGEさん
 相手は先制・網・重量ナポガレ、稼ぎ、カロ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、キャノン

 大砲は前回同様、全キャノンにして、速射と貫通を使う方針。
 こちらはキャノンなので近間合いにしたいが、相手は重量ナポガレで遠間合いなので、間合いが合わなかった。
 
 白兵に入ると、白兵値は少しだけこちらが上。銃撃を主体として、戦術や突撃も織り交ぜながら攻めることができた。突撃vs防御カウンターを喰らうものの、その時点では白兵値で圧倒していたので致命打にならずに済んだ。そのまま銃撃メインで攻めて、白兵拿捕で勝利。


2戦目vs東行さん
 相手は網・重量ナポガレ、砲術家、カロ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、キャノン

 初対戦。
 この相手も重量ナポで遠間合いで、こちらはキャノンなので間合いが合わずに苦戦した。
 やっと近間合いになり、これでこちらの間合いだと思ったが、相手のカロと機雷攻めもかなり痛く、除去を入れざるを得なかった。

 砲撃戦は、間合いの関係で相手のペースになってしまっているので、白兵に行くことにした。
 白兵に入れると、相手の防御値は高くなかったので白兵で押せそうだが、すぐに抜けられてしまう。

 なんとか何度目かの白兵でじっくり攻めることができたが、これも抜けられる。
 ただ、ここが勝機と思われたので、抜け後の追い込み。近距離メリゴでお互いに砲撃と機雷で攻め合う。こちらへの砲撃も痛かったが修理合戦で負けるわけにはいかない。相手が修理圧迫で操船が一瞬遅れたところに早め砲撃が決まり勝利。


3戦目vsボンボンさん
 相手は迎撃・司令塔・強化衝角・直阻止ラレアル、士官、キャノン
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、キャノン

 キャンペーン期間中ずっとアゾスクで白兵錬成してた成果を確かめるべく対戦。
 白兵に入ると、相手が迎撃なのはわかっていたが、スキルだけでなく装備もパワーアップしたらしく、防御値が以前よりもさらに高くなっていた。
 やっぱり以前感じた仮説のように、相手は網がないがラム装備のせいなのか撤退成功率が高く、早い段階で抜けられてしまう。

 また、ラムアタックも以前は500ぐらいのダメージだったのが、今回は800ダメージを喰らった場面もありラムアタックの精度も増していた。

 数日振りのブランクのせいか、操船がおぼつかなくて頭クリが危ない場面が何度もあった。

 砲撃では、ラムアタックの相手に速度負けしないための漕船と、相手のキャノンの強い砲撃対策の連弾の2つが必要だが、この2つを切替ではなく同時に入れて対処したため、砲撃スキルが1つしか使えず火力が落ちてしまった。

 前半の白兵では相手は鐘撤退ばかりだったが、何度目かの白兵で、銃撃vs戦術カウンターを続けて喰らってしまい、相手の防御値は1000オーバーとなってしまった。とてもじゃないが攻めきれないということで撤退を試みるが抜けられず、今度は相手が攻勢に出て追い込まれた。なんとか煙玉で抜けて体勢を立て直し。

 最後の白兵では、相手は錬成戦術メインだとわかったので突撃カウンター狙いで攻めるが、迎撃で防御値が高いためカウンターが決まってもあまり船員を削ることができない。
 途中から相手は壷攻め、こちらは白兵攻めとなり、計算上こちらの方が先にアウトなのはわかっていたが、少しでも船員を削っておきたくて続行。しかし、これが粘り過ぎたのがダメだった。そろそろ耐久がやばくなってきたので、いざ撤退しようとするも、抜けられない。そのまま壷拿捕で敗北。


4戦目vs赤味噌さん
 相手は轟音・直阻止・強化砲門オスガレ、士官、キャノン
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、変性シュミネ

 初対戦。
 大砲はシュミネに替えた。
 シュミネにした途端、相手の副官チェックをしたら煙幕弾防御だった。
 
 相手は煙幕弾防御に加えて装甲値も110と高いので、砲撃での攻めは諦めて白兵で攻めることにした。
 接弦を使いたかったが、相手は轟音機雷で除去も外せず接弦スキルを使えないので、頭クリを喰らわないよう気を付けて白兵に入る。

 白兵に入ると相手の防御値は高くなかった。銃撃で攻めたところ、銃撃vs防御カウンターが決まった。突撃vs防御カウンターを喰らうものの、そのまま攻めきり、白兵拿捕で勝利。


5戦目vs TAKASHIGEさん
 相手は先制・網・重量ナポガレ、稼ぎ、カロ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、キャノン

 序盤は遠間合いだったが、中盤から近間合いのメリゴで撃ちあう。相手には連弾をしっかり入れられてキャノン本来のダメージは出せなかったし、相手の砲撃もかなり強くて痛い。

 相手が切り込んだ操船をしてきていることもあるが、頭クリが危ない場面が何度かあった。以前の反省点から「その日のダメな点」の予兆で、今日は頭クリがやばいと認識できたので、頭クリを喰らわないように気を付けた。

 白兵に入ると、白兵値は1戦目同様こちらが少し上程度だが、開幕で相手は戦術メインと読んで突撃vs戦術カウンターが決まり、その直後に戦術vs銃撃カウンターと2連続カウンターを決めることができた。これで大優勢を獲ることができ、銃撃も織り交ぜながら突撃で攻めて白兵拿捕で勝利。


6戦目vs赤味噌さん
 相手は迎撃・直阻止ラレアル、士官、キャノン
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、キャノン

 相手は迎撃ラ・レアルに乗り換えてきた。
 近距離メリゴとなったので、水平速射貫通で攻める。弾道学を入れてないせいか今一つダメージは出ないうえに、相手の砲撃も強い。今日もキャノンのクリが当たっても落としきれなかった場面もあったので、貫通よりも弾道学の方がいいのか。

 貫通の効果があまり感じられなかったので、中盤からは漕船に切り替えて速度砲撃することにした。相手も速度負けしないように連弾を切って漕船を入れたのかわからないが、先ほどよりもこちらの砲撃ダメージが出るようになった。

 白兵に入ると、こちらが押し気味で攻めることができているものの、突撃vs防御カウンターを何度か喰らってしまう。拿捕まであと一歩まで行くが抜けられてしまう。
 抜け後の追い込み時に、やはり今日は頭クリが危なかったが、相手の船尾側への旋回でなんとか頭クリにならずに白兵に入れた。さきほどの白兵で、相手は防御メインとわかったので、こちらは銃撃でカウンターを狙うことにした。読みどおり銃撃vs防御カウンターが決まり、そのまま優勢に進めて白兵拿捕で勝利。


今日の進捗
 2)白兵じゃんけんの精度上げ95%(↑5%)
 3)海連打しない10%
 4)先舵、後舵入れ90%(↑10%)
 6)急旋回クリ30%
 7)フェイント20%
 8)読み旋回1%
 9)大砲の選択95%(↑10%)
10)逆旋回しない20%


 「白兵じゃんけんの精度上げ」については、銃撃をだいぶ使えるようになった。あとは防御か。
 「先舵、後舵入れ」については、だいぶ先舵でまたぎ旋回をできるようになった。
 「大砲の選択」については、重量ナポやラムアタック使い相手対策を考えると、射程距離の長いシュミネメインの方がよさそうとわかった。

 動画は続きから。










関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:☆ちゃぷちゃぷ団☆

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ