タイマン2016.07.14

 ブログ記事の日付を入力しようとしたら、前回のタイマンから一週間経っていて一瞬、日付を間違えたかと思ったw

 銃撃がR14になっていたので、TAKASHIGEさんのアゾスクに混ぜてもらって、念願の銃撃錬成を達成♪
 さっそくタイマン相手を探し求めていたところ、以前に白兵で読まれまくって大苦戦したぺくれなさんがいたのでタイマンを申し入れて対戦。

1戦目vsぺくれなさん
 相手は特殊船尾楼・網・耐砲撃ラモ、士官、キャノン
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、キャノン

 大砲は久しぶりに全キャノにした。
 砲撃の方でも新たな取組として、今までは水平弾道がメインだったが、回転数を上げるために速射を入れるのと、浸水狙いで弾道学ではなく貫通を入れるのを試してみた。

 近間合いのメリゴでお互いにキャノン砲撃。前半は500以上の大ダメージを与えることができたが、後半は相手に連弾を入れられて200台までダメージが落ちた。
 メリゴから相手が急旋回で白兵に来ようとしたところ、速射が活きて、白兵前クリが決まり勝利。

2戦目vsぺくれなさん

 近距離メリゴから白兵になる。
 前回の白兵では突撃、戦術ワンパターンを読まれたのと、特に開幕で突撃をする癖を見抜かれていたから、今回は開幕で銃撃にした。これで成長の証を見せることができると意気込んだところ、相手はさらにその上を行かれ、開幕で銃撃vs戦術カウンターを喰らう。作戦が完全に失敗に終わったので粘らずに即抜け。
 抜けた後は再び近距離メリゴで、水平速射貫通で攻める。
 速射を入れているのは混白狙いではなかったが、偶然混白を獲ることができた。そのまま混白拿捕で勝利。

3戦目vsぺくれなさん

 開幕から近距離メリゴでキャノンを撃ちあう。こちらは機雷と、水平速射貫通で攻める。
 今度は相手は連弾ではなく回避だったので400台のダメージ、浸水して風上からの砲撃だと弾道学が無くても600ダメージになった。
 このため、修理圧迫をすることができた。

 近間合いだが相手が反転して並走になったので、旋回しながら頭クリを狙ったところ、旋回撃ちが決まり勝利。

4戦目vsぺくれなさん

 今度は相手が回避連弾で防御を固めたため、こちらの砲撃ダメージが200台にまで落ちた。
 至近距離のクリが2度当たったが、こちらが弾道学を入れていないことも影響したのか落としきれない。

 白兵に入ると、船員数、攻撃値、防御値全てほぼ互角。いよいよ銃撃錬成、白兵じゃんけんの成果が問われる。今までは突撃、戦術ワンパターンだったので、銃撃を多めに使うことにした。突撃や戦術も織り交ぜたが、戦術を使うところで戦術vs突撃カウンターを何度も喰らってしまう。それでも銃撃を使えた成果で終盤はこちらが優勢を獲り相手が撤退。

 抜けられた後は、漕船の速度が裏目に出て間合いがあいてしまったのと、砲撃圧迫にこだわり過ぎて相手が船員を回復しきる隙を与えてしまった。

 2回目の白兵は序盤は互角だったものの、こちらが銃撃を多めにしたことにすぐに適応され、銃撃vs戦術カウンターを喰らう。相手の耐久は削れていたので壷で攻めようとしたが、相手の妨害などで成功しなかったのでこちらから撤退。

 3回目の白兵はお互いに突撃vs戦術カウンターをし合い、こちらが優勢だったものの、またもや戦術にこだわり過ぎて戦術vs突撃カウンター、突撃vs防御カウンター、さらには、弱気になったところを防御vs銃撃カウンターと3連続カウンターを喰らってしまう。まだまだ白兵じゃんけんがダメだ。かなり追い込まれたが煙玉でなんとか撤退。

 4回目の白兵。速射が活きて修理圧迫の白兵前砲撃の形となり、相手の耐久がかなり削れた状態で白兵となる。壷で攻めるか迷ったが、抜けられる気がしたのと、船員を少しでも削っておきたかったので白兵で攻めることにした。開幕で戦術vs銃撃カウンターが決まり優勢を獲れた。相手は耐久が残り少ないので弱気となり途中から受けで撤退を試みる。今までは突撃錬成で攻めるところだが、今回は銃撃を主体にして突撃と銃撃のコンビネーションがうまくはまり、突撃vs戦術カウンターも決めることができた。そのまま白兵拿捕で勝利。これは銃撃錬成が活きて、いい勝ち方だった。

5戦目vsぺくれなさん
 相手は司令塔・轟音・ポンプ・直阻止ラレアル、士官、キャノン

 相手は轟音船に乗り換えてきた。
 轟音機雷なので除去を入れる。お互いにキャノンの砲撃で500超のダメージを与え合う。
 
 相手に除去がないので、防御スキルに切り替えて機雷で攻めることにした。

 白兵に入ると、今度は相手に特殊船尾楼と網がないので白兵値ではこちらが上だった。序盤で銃撃vs戦術カウンターを喰らってしまうものの、それでも防御値では勝っていたので白煙弾で対処。防御値の差で、船員は相手の方が削れていった。終盤は突撃vs防御カウンターを2連続で喰らうが、それでも船員では勝っていたので3連続で突撃で攻める。
 お互いに船員が二桁となりチキンレースの終盤。戦術は使えず、突撃も防御カウンターの可能性が高かったので銃撃で攻めた。銃撃vs防御カウンターが決まり、次こそ突撃に行きたいところだがやはり防御カウンターが来そうだったので、再び銃撃。読みどおり相手は防御で、銃撃vs防御カウンターが決まった。そのまま銃撃を主体にして攻めて、白兵拿捕で勝利。

今日の進捗
 2)白兵じゃんけんの精度上げ90%(↑10%)
 3)海連打しない10%
 4)先舵、後舵入れ80%
 6)急旋回クリ30%
 7)フェイント20%
 8)読み旋回1%
 9)大砲の選択85%
10)逆旋回しない20%


 銃撃を主体として使うことができたのはよかった。突撃と銃撃のコンビネーションもできた。

 問題は防御が使えていないこと。このため相手に自由に突撃を使われ、こちらが戦術を使った際に突撃vs戦術カウンターを喰らってしまう。相手の突撃に対して防御を使うこと、そして防御と戦術のコンビネーションができるようになることが課題。

 防御が使えていない大きな理由は、相手が突撃以外の場合に空振りになって緩手になるのが嫌だから。防御錬成すれば空振りになっても行動力減らしの意味があるので、理屈で防御を使うべきというよりは防御錬成した方が改善が早いか。
 しかし、防御はR9で錬成まで遠いし、錬成した戦術や銃撃はまだRが一桁なので、どれを先に上げるか迷う。

 動画は続きから。








関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ