タイマン2016.06.01②

 今日は2戦も動画を撮り忘れてしまった。昨日の記事もまだ書いておらず順序が逆になるが、忘れないうちに記録。

3戦目vsジョセフ・ウイッチさん
 相手は耐砲撃・砲艦ソブリン、フィリ、キャノン
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、変性シュミネ

 真剣勝負とのことだったので、大砲は今の自分にとってベストのシュミネにした。

 相手は帆船なので、序盤は漕船を入れて速度砲撃で攻めた。開幕直後に遠めのクリながら1100のダメージを与える。しかし、これで相手も警戒したのか、それ以降はクリを当てることができなかった。

 クリが当たらないのは仕方ないとして、相手の装甲値は114+耐砲撃で非常に硬く、横砲撃が全然ダメージが通らない。回避や煙幕弾防御を入れているのかと思ったが、そうではなかった。

 あまりにダメージが通らないので、白兵で攻めることにした。
 白兵に入ると、相手の白兵値は高くなかったので、そのまま突撃で攻めきり、白兵拿捕で勝利。

 帆船の相手と戦うのは久しぶりだったが、改めて帆船の装甲の硬さを感じた。私の攻撃の軸は強い砲撃なので、撃ち合ってしまうが、帆船は装甲が堅いが白兵は強くないので、撃ち合わずに白兵で攻めることを徹底しよう。

5戦目vs Lluisさん
 相手は先制・網・耐砲撃ラレアル、砲術家、カロ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、変性シュミネ

 4戦目に負けた後の再戦。カロキャノで負けたので、シュミネに変えた。
 
 この相手も装甲値が112+耐砲撃で非常に硬く、砲撃ダメージが通らなかった。
 耐砲撃は専用艦で付けていて除去がないので、機雷で攻めることにした。

 開幕直後にリング際で機雷源を作りそこでメリゴをするが、すぐに気づかれて機雷源から逃げられてしまう。
 中遠間合いでは機雷は効かなかった。除去がないのにどうしてわかるのかと思ったが、機雷発見スキルで対処していた。
 このため、機雷で攻めるために、やむを得ずシュミネの間合いではないが近距離メリゴで攻めた。

 こちらの砲撃ダメージが通らないのはわかっているので、回避除去漕船で攻めたが、相手のカロがかなり痛く、回避を入れているのに300以上のダメージを喰らってしまう。今までキャノンに対して連弾を入れずに大ダメージを喰らうことはあっても、防御スキルを入れれば対処できていたが、今回は回避を入れていてもダメージが大きかったので驚いた。

 白兵もあまり自信はなかったが、砲撃では攻めれないため白兵に入ってみた。相手の白兵値は攻撃値も防御値もかなり高かった。相手は防御値重視で、砲術家だが突撃合戦でも互角だった。もちろん白兵じゃんけんも上手い。

 ただ、よく覚えていないが、こちらも白兵じゃんけんで勝ったり、相手が砲術家なのも影響したのか、少し船員を削ることができた。
 そこで、接弦を入れて白兵メインで攻めることにした。

 白兵に入れても即抜けされたりで、なかなか攻めきれず、船員もあまり大きくは削れていない。序盤の白兵のアドバンテージがあるので、こちらが一方的に攻める展開だが、抜けられる。白兵後に追いこもうとするが、その対処もきっちりしているので、追い込みができなかった。

 白兵だけでは押しきれないので、水平弾道漕船で攻めたり、貫通まで入れたり、あるいはまた接弦で白兵で攻めたりと、多様な攻めをしてみた。その成果があったのか、20分を超えて、耐久は相手が1000を切り、こちらは1200、船員は相手が220人、こちらが270人ぐらい。
 数字上はこちらが優勢だが、気持ち的には優勢という感じはしなかった。ただ、そこで弱気になるとまずいと思ったので、数字を見て相手も攻めきれていないと思うことにした。

 残りの弾数もかなり減ってきて機雷を撒くのも逡巡するようになった。
 お互いに中間合いの速度を出して並走。弱気にならずに砲撃で攻めたところ、相手も残りの弾数が少なく多少無理をしたのか、最後は旋回クリが決まり勝利。

 熱戦だったので動画が獲れなかったのは残念だった。
 ただ、多様な攻めができたのと、弱気になりそうなところで踏みとどまり攻めることができたのはよかった。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ