タイマン2016.05.20①

 装備を攻撃力重視に変更した。
 クッパさんとすれ違ったのでタイマンを申し入れて対戦。

1戦目vsクッパジュニアさん
 相手は重量・網ナポガレ、フィリ、カロ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、広域海賊、3変性シュミネ・2特優ヴォルカン

 初対戦。
 突然のTellにもかかわらずタイマンを受けてくれて、こちらも急きょ準備。私も昨日は収奪イベをしていたため、1戦目は開始直後に収奪SPSのままだったことに気づき、お詫びのうえ撤退して仕切り直し。

 初対戦ではあるが、上手くて強いことは十分知っていたので非常に緊張した。
 頭の中のシュミレーションでは、白兵は互角、相手はナポで装甲が薄いので砲撃攻めの方針。

 相手はクリが上手いので、クリをもらわないように、今日のメインテーマは「海連打しない」にすることにした。しかし、実際に対戦が始まると、癖で「海連打」してしまう。

 開幕直後の白兵前砲撃で頭クリが危なかったが、ギリギリセーフだった。
 抜けられた後、後舵ができていなかったため、慌てて旋回したところ、相手も旋回してこちらに船首が向いたので、早め砲撃が決まり勝利。

2戦目vsクッパジュニアさん

 連で2戦目。
 開幕直後の白兵前砲撃で、今度は頭クリを喰らってしまう。いきなり拿捕負けの危機。相手は当然壷で攻めてきたが、幸運にも副官が妨害してくれて、かろうじて撤退。副官妨害と新船の耐久を高めておいたおかげで助かった。

 本来は近距離で攻めるはずだが、落ち着くために中間合いにして、中距離戦になった。相手は重量なので速度が殺される。
 近距離戦では強い砲撃ができたが、相手は至近距離から急旋回してクリを狙ってくるため、非常に怖い。メリゴ方向からでも急旋回クリ狙いができることがわかった。
 白兵に入ると、こちらは装備を変更した成果で攻撃値558、防御値434だった。相手の白兵値は意外と思ったほど高くなかったため、突撃で攻めた。
 砲撃戦では300台のダメージを与えて、徐々に耐久を削ることができた。

 砲撃、白兵ともに数値上は優勢ではあるが、相手のクリ狙いが鋭いので全く余裕はなかった。気持ち的にはこちらが追い込まれた状態で、とにかく強い砲撃ということで受け砲撃をしたところ、相手の急旋回クリ狙いが外れ、相手耐久が削れた状態で白兵となる。
 かなり耐久は削れているが、抜けられた場合のことを考え、壷ではなく突撃で攻めることにした。
 
 相手に抜けられはしたが、突撃攻めが効いて修理・外科の操作圧迫となり、相手が回避旋回を一瞬誤ったところに早め砲撃が決まり勝利。

3戦目vsクッパジュニアさん
 相手は重量・直阻止ナポガレ、フィリ、カロ

 相手は船を変えてきた。
 中距離戦では漕船を入れ、近距離戦では貫通を入れて攻める。中距離で水平弾道だけでも400近いダメージを与えることができた。それでも気持ち的には追い込まれているため、早く次の砲撃をしたいという思いからか、装填が遅く感じた。

 リング際で相手が急旋回クリ狙いをしてきたので、慌てて「逆旋回」して頭クリを喰らって白兵に入ってしまう。かろうじて1ターンで抜けることができたので助かったが、今回も非常に危なかった。

 その後、相手は直阻止をつけたままリング際で停船した。最初は落ちてしまったのかと思ったが、そうでもない。追わずに待ち構える作戦のようだ。こちらは耐久削り狙いなので、直阻止の上からでも構わず砲撃。
 女帝が点滅していたのはわかっていたが、滅多に戦える相手ではないので、続行。

 リング際の近距離戦はこちらも望むところで、強い砲撃で徐々に耐久を削ることができた。それでもやはり旋回クリ狙いが鋭く、何度もヒヤッとした場面があった。

 相手の耐久はまだ1000あったのでまだまだだと思い、がむしゃらに撃っていたら、ふと気が付くと65。砲撃ダメージが500近いことに加えて、シュミネヴォルカンで装填が早いことも功を奏した。相手も修理連打したが、回復する前に横砲撃が決まり勝利。

 相手は翌日の大海戦を控えて板などがいいものではなかった分、こちらが有利だった。ただ、3戦目が終わってから気づいたが、こちらも収奪イベントで広域海賊のままだった。水平弾道貫通が非優遇で、水平はR13しかなかったが、それでも大ダメージだったので驚いた。


 今日の進捗
 1)砲撃と白兵の多様な攻め70%(↑)
 2)白兵じゃんけんの精度上げ60%
 3)海連打ではなく縮帆旋回2%(↓)
 4)先舵、後舵入れ80%(↓)
 6)2段階旋回-10%
 7)フェイント
10%
 8)読み旋回1%
 9)混ぜ大砲90%
10)逆旋回しない10%

 メインテーマの「海連打ではなく縮帆旋回」はできなかった。焦ると「海連打」してしまう。
 「後舵入れ」は最近できるようになったはずだったが、気持ちに余裕が無くてできなかった。技術的な問題というより精神的な問題か。
 「砲撃と白兵の多様な攻め」は、壷ではなく突撃で押して勝利につなげることができた点がよかった。また、装備変更で防御力は十分確保したうえで攻撃力がさらにアップしたことを実感できたのはとてもよかった。

 強い人に勝てたのは嬉しい反面、2度の頭クリは運で負けなかっただけなので、やはり強いと感じた。旋回が雑になっているので、もっと丁寧にするよう心掛けよう。

 動画は続きから。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ