急旋回クリ狙いの研究①

 「首相撲」の修行は、NPC相手の練習ですら成功せずに停滞中('A`)

 「急旋回クリ狙い」は、ここ数日の対戦で成功もした分、課題も多く見えてきたので整理。

課題① 多様な攻め
 ワンパターンな攻め方・追い方になっていて、相手が容易に回避操船できている。
 ⇒遠間合いだけでなく近づいてみたり、また、船尾側だけでなく船首側からも攻めてみたりと、距離感×攻める方向で少なくとも4パターンはできるので、変化を付けるようにしてみよう。

課題② 距離を縮める
 遠間合いだとこちらのシュミネだけの射程で安全ではあるが、クリを決めても落としきれていない。
 ⇒踏み込んで距離を縮めて狙う。 

課題③ 序盤は耐久削り
 相手の装甲値や回避スキルの有無にもよるが、クリを決めても落としきれていない。
 ⇒距離感の問題もあるが、序盤は接近戦で機雷を含めた耐久削りをするようにしよう。

課題④ 先読み旋回
 高い旋回値で減速幅は減っているとはいえ、無駄舵が多く旋回するたびに速度が落ちている。
 無駄舵が多いのは、現在の状況だけを見て旋回するから、旋回し終わった次の状況でまた旋回しなければならないため。
 ⇒先読みをして旋回するよう意識してみよう。

課題⑤ 接近戦でのクリ狙い
 遠間合いでクリが当たりづらいのは、相手が回避操船に専念していることもある。
 接近戦では、こちらも同じリスクはあるが、相手も砲撃、修理、旋回、帆直し、浸水直しなどで操作圧迫となるので、ミスは生じやすい。シュミネの長所は、射程距離の長さだけでなく、装填の速さもある。
 ⇒接近戦でのクリ狙いも積極的にやってみよう。

課題⑥ 船尾クリ狙い
 理想形の並走から急旋回して相手の船尾に廻りクリを狙うというのが未だにできていない。これが一番の課題。
 一つ目に、距離感の問題がある。遠すぎるので旋回しても、相手の船尾に届くまで直進するまでの時間がかかり、その間に相手に回避操船される。ベストの距離感を模索しよう。

 二つ目に、旋回の角度の問題。現状は相手の船尾に向けて旋回しているが、相手も進んでいるので、旋回し終わった頃には相手はもっと先に行ってしまっている。リスクは伴うが相手の真ん中位を目がけて旋回するぐらいでちょうどいいのかもしれない。

 三つ目に、2段階旋回の問題。カンツォーネ師匠の動画を見てみたところ、相手の船尾側に急旋回した直後に、回避操船する相手を追って次の旋回をしてクリを決めていた。相手もクリは避けようとするので、こちらの旋回を見て相手もちゃんと回避操船する。1回の旋回で船尾クリを獲るのは難しいので、次の手を含めた旋回を考えた方がいいのか。


 課題⑥が一番重要だが一番難しい。まずは①~⑤をやってみよう♪ 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:☆ちゃぷちゃぷ団☆

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ