タイマン2016.04.30

 夕方に黒海でNPC相手に首相撲の練習をしたいたところ、Estradeさんに襲われた。この方は以前に対戦したが上手い人で、またやりたいと思っていたので、タイマンを申し入れて対戦。
 夜はラスパに行ってタイマン。

1戦目vsEstradeさん
 相手は網・装甲艦・水密・蒸気機関ドーファン、大提督、ヴォルカン
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、変性シュミネ

 蒸気機関を付けていた。黒海で襲われた時は、こちらは急加速こそないが錬成漕船でもドーファンに追いつかれてびっくりした。
 専用艦で蒸気機関を付けているため除去が無かったが、機雷除去が無いということを認識できなかった。

 相手は装甲が堅いドーファンなので、速度砲撃のクリ狙いの方針。
 「急旋回クリ狙い」をしようとしたが、旋回が重くて開幕直後にいきなり頭クリで大ダメージを喰らってしまう。速度が出ていないと急旋回はできないとわかった。

 後ろに廻り込んで船首クリを狙ったり、船首側に廻ってクリを狙うが、なかなかクリが当たらない。相手が上手いのと、こちらの砲撃のタイミングがまだ遅い。
 シュミネなので遠間合いで戦ったが、相手も遠距離のヴォルカンだったので気が抜けなかった。

 白兵に入ると、相手の白兵値はそれほど高くなかったので突撃押し。
 最後は甲板に来たので甲板海賊かと思ったが、降参とのこと。統計上は難しいが、あのまま続けていても、クリを当てる確率よりは白兵拿捕の方が可能性が高いので、白兵拿捕勝利とする。

 終わった後にフレ登録をしていただいたところ、前回の対戦も安宅だったが、新しい安宅を造船中とのこと。またタイマンスキー仲間が増えたのでよかった♪

2戦目vs seayk3さん
 相手は特殊煙幕弾・修理支援オスガレ、フィリ、シュミネ

 速度砲撃で攻める方針。
 相手の船は装甲値が110と堅かった。

 相手もシュミネで速度砲撃の方針で、お互いに速度を出して遠間合いでの対戦となった。そもそもシュミネで速度砲撃という攻め方はseayk3さんを真似したもの。最近はseayk3さんと対戦する機会が無かったので、このスタイルを取り入れてからは初対戦。

 何度かクリを当てることができたものの、相手の船が堅いのと距離が遠すぎたのか落としきれず。
 以前に、相手の速度砲撃で、かわしたと思ったはずが落とされた悔しい負けがあるので、回避操船もヒヤヒヤだった。

 こちらの白兵前砲撃が空振りで、相手の白兵前砲撃だけ成功した状態で白兵になる。白兵攻撃値は互角。白兵防御値は、動画で再確認するとこちらが優勢だったが、対戦時はそこまで認識できていなかった。

 相手は白兵読みが非常に上手いので白兵は怖かった。前半の白兵じゃんけんはなんとかこちらが優勢となって船員を削ることができた。
 後半は相手は壷押しに切り替えてきた。白煙弾で攻撃値を抑えられていたので、戦術で攻撃値を戻そうとする間も、アイテム妨害が成功せずにかなり耐久を削られた。撤退するか迷ったが、自分の残り耐久と船員削りの人数を計算して、ギリギリいけると読んだので、突撃で続行。やっとアイテム妨害も成功し、そのまま白兵拿捕で勝利。

3戦目vsダイダイさん
 相手は司令塔・網ラレアル、フィリ、キャノン

 相手は白兵錬成で白兵が強いので、できるだけ白兵に入らずに遠間合いで攻める方針。

 白兵は避けたいつもりだったが、相手に近づいてしまい開幕直後に白兵。白兵じゃんけんに勝って優勢に進めることができたが、抜けられる。相手は戦術と防御錬成で行動力を削られたが、こちらの戦術錬成も効き目はあったようだったのでよかった。
 抜けた直後に砲撃で追い込もうとしたが、最初の旋回が遅れてしまい距離を置かれてしまう。

 その後は遠間合いで攻めるが、丁寧に回避操船されクリが当たらない。相手の装甲値が低く380位のダメージは出たので、横削りの砲撃に切り替える。

 3度目の白兵は白煙弾と戦術を使って数値的には優勢になったが、相手の防御錬成で行動力をゼロにされ、これから攻めようというところで泣く泣く撤退。白煙弾にこだわり過ぎた。白煙弾を使った直後に、相手はアイテム妨害の銃撃に来たので、戦術カウンターをした方がよかった。以前よりは相手の手を意識するようになったが、劣勢になるとまだ相手の手を読むということができていない。劣勢の時こそ相手の手を読むように意識しよう。

 撤退後は大きめのメリゴになるが、相手が修理圧迫で旋回が遅れ船尾クリが当たる。落としきれなかったが、再度の修理圧迫となり、再び船尾クリが当たって勝利。

4戦目vs seayk3さん
 相手は重量・網ナポガレ、フィリ、カロ

 今度はクリが当たらない。重量で速度を殺された。

 1回目の白兵は、相手が白兵押し、こちらは壷押し。お互いにかなり削り合うが先に相手が撤退。ここでも慌てて漕船ではなく除去を入れ、さらには旋回も遅れて相手に距離を置かれてしまう。白兵後の追い込みが今日はダメだった。

 抜けた後はお互いに遠間合いで撃ちあうが、こう着状態の後、再び白兵。seayk3さんとの白兵はほんとカウンターが怖いが、なんとか2回目の白兵も互角に渡り合えた。

 その後は近距離戦のメリゴになる。速度を殺されているので、速度は諦めてダメージ強化を狙い貫通に切り替えた。白兵前砲撃が決まり白兵となる。
 すぐに相手が抜けたところに首相撲を仕掛け、相手の船尾が向いたところに早め砲撃が決まり勝利。
 綺麗な形の首相撲成功とは言い難いが、首相撲を仕掛けたことが影響してはいるので、首相撲勝利と思うことにしよう。


 対戦後にダイダイさんから「速いね」と言われた。並走からの「急旋回クリ狙い」はまだできていないが、旋回値を高めたおかげで減速せずに速度を保てていて、新船の成果があったようだ。
 ダイダイさん、seayk3さんという強いお二人に勝てたし、白兵もなんとか互角に戦えたのでよかった♪

 動画は続きから。
 






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

蒸気機関の使用感が気になりますね…
私も旅から帰ったら造船考えよう

Re: タイトルなし

あるすらーんさんは明日蘭師匠でしたか^^

私も蒸気機関は使ったことがないですが、イメージ的には旋回ができる急加速みたいなもんでしょうか。

ガレーには付かないことになっていますが、ガレーに付けれない急加速もスキル継承で付与できるので、
蒸気機関もスキル継承ならガレーに付けることができるのかもしれないですね。
プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ