艦隊戦強化プロジェクト

趣旨
 もっと勝ちたいし、もっと勝てるはずだから、もっと勝つために練習をする。

最終目標
 CL本番でリベンジをフルボッコする。

短期目標
 与への欲を断つ
 艦隊連携の意識を高める

実施時期
 9月から。
 実際は毎週、練習することはできないし、1日や2日で慣れるのは難しいので、ある程度長期間を想定。


 なお私は強制することが嫌いなので、趣旨に賛同する方は続きからお読みください。

特訓メニュー
H24.08.21現在

役割分担の明確化
 ・各自の希望と全体のバランスでイン役とアタッカー役を決定する(※)。
  なお、私は最近、外周か迷っていましたが、今回を踏まえてイン旗に固定。
 ・役割は当面固定し、それぞれの役割に専念した練習をする。
 ※イン、アウトの呼称だと、アタッカーはアウトで外周して白兵をしなくていいというニュアンスとなりますが、アタッカーと言えども白兵をする姿勢を持ってもらうため、今後このブログ内ではアウトとは呼称しません。


回避操船の特訓
 ・防御側1人対攻撃側2or3人で回避操船の練習
 ・3分or5分位ワンセット
 ・白兵無しの流れクリ回避パターン。頭クリ回避の練習を兼ねる。
 ・白兵ありの舵残しパターン。攻撃側の抜けクリの練習も兼ねる。


白兵の特訓
 ・バスケットボールのマンツーマンディフェンス
 ・とにかく白兵
 ・相手の浮きを絶対に作らない。抜けクリを狙うための停船もNG。

 ・ステップアップ)マンツーマンがきっちりできるようになったら、アタッカー1人をフリーにしたボックスワン


インの動きの特訓
 ・白兵、パス出し、機雷撒き、フォローの練習
 ・カロアタッカー抑えの練習
 ・与への欲を断つために大砲を一切積まない。すると白兵しかすることがないので吹っ切れる。
 ※もし本気で勝ちに行くなら、パッサーは専用艦スキルを機雷除去にすることを検討してください。


アタッカーの状況判断の特訓
 ・抜けクリを狙うか、味方フォローに行くかの状況判断の練習
 ・練習方法は無いが、その都度「あの場面はフォロー優先だった」等、判断がよかったか自分あるいは周りから意見を出し合う。
 ・フォローの有無判断のため、白兵に入っている人はRK(j)を言う。ただし相手の大砲がキャノであることを確認していないと意味がない。

指示出し指示受けの特訓
 ・指示を出す練習
 ・指示を受ける練習
 ・共通意識で戦う練習

 耐久の低い相手を狙う練習。併せて今後は味方の耐久チェックも行う。

情報活用の特訓
 ・相手大砲チェック。それを活かした白兵の練習。キャノは相手カロに、旗とアタッカーは相手キャノに付く。
 ・開戦前)相手船OPスキルチェック。機雷除去無し船がいれば機雷削りをする(※)。
 ・開戦前)相手副官スキルチェック。連弾防御でない場合(通弾防御など)は対応。
 ・開戦前)相手職業のチェック。上級士官と賞金稼ぎ以外の場合(砲術家)は対応。
 ※これをうちはやられている。クリを喰らわなくても、いつの間にか被沈リスクの高い耐久に落ち込み、抜けクリ一発に耐えられず被沈。

優勢時と劣勢時の特訓
 ・優勢時にきっちり勝ちきる練習
   旗、イン、アタッカーそれぞれの動きの練習
    旗:外側で白兵
    イン①:白兵
    イン②:白兵
    アタッカー①:白兵
    アタッカー②:抜けクリ
   きっちり相手を白兵で捕まえる練習、同じ相手に連続白兵できない対応(パスの出しあい)の練習

 ・劣勢時の練習
   

他流試合
 ※括弧内は第7回CL結果ベースのリーグ
 ・ワンピ(Eリーグ)
 ・ジオン(Eリーグ)
 ・お嬢様(Eリーグ)
 ・アルバ(Eリーグ)
 ・アンリ(Bリーグ)

 ※ アンリはリベンジと同じくCリーグ7勝2敗。しかも直接対決はリベ勝利。少なくともここに勝てるようにならないとリベンジには勝てない。
 ※ その前にC、Dリーグも戦いたいが私のツテがないので募集。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ