タイマン2016.01.12

 先月のタイマン大会からちょうど1カ月間、装備強化、白兵用船造船、突撃スキル上げと白兵修行の準備をしてきたが、やっとひと段落ついた。ドラゴンボール的に言うと「精神と時の部屋」から出てきた感じw
 当初の予定ではフィリで半年ぐらい白兵オンリーで修行して、その後に最終目標の砲撃と白兵の両立を目指す予定だったが、たまに模擬やら艦隊戦もやるのでフィリは辞めて大提督になったため、タイマンも一足飛びに砲撃との両立をやりつつ白兵修行することにした。

1戦目vsローエングリーンさん
 相手は特殊機雷・装甲劣化弾ドーファン、フィリ、ヴォルカン
 こちらは先制・網ラ・レアル、大提督、攻撃装備、白兵SPS4つ、重装1大コヴァ1、3改良カロ・2キャノ

 復帰1戦目は砲撃タイプのローエンさん。相手もいろいろ変わっていた。前は士官だったが今回はフィリになっていたし、船もナポガレからドーファン。特殊機雷に装甲劣化弾という対応に困る構成だった。

 こちらの船は白兵用を3種造ったが、一番乗り慣れていて扱いやすそうな将官ラ・レアルにした。 
 
 砲撃で攻めるが堅くて高耐久なドーファンなので削れない。特殊機雷の大浸水でこちらの方が削れていた。途中で一瞬、耐久的に攻めることができたが、相手と離れる方に舵を切ってしまい追い込むのに失敗。
 白兵に行きたかったものの、白兵に行くことに慣れていないことに加えてタイマンが久しぶりなのもあり、時間がかかった。やっと白兵に入ると、相手は先制がなかったようで、こちら攻撃値616、防御値384だった。相手は攻撃値・防御値ともに350位だったので、白兵でじっくり攻めて拿捕で勝利。

2戦目vsウォーレイさん
 相手は重量・網・耐砲撃ナポガレ、士官、カロ

 白兵に入ると、今度の相手には先制があり、こちら攻撃値539、防御値410だった。攻撃値が下がるのはわかるとして、防御値が上がるのはなぜなのか不明。
 相手は砲撃タイプで、白兵攻撃値・防御値はともに350位だった。
 大コヴァが効いたのか1回目の白兵で撤退を許さず、白兵拿捕で勝利。

3戦目vsウォーレイさん
 リング際の近距離砲撃戦でこちらが混白を喰らってしまう。統率連打ができていない。
 混白からなんとか脱出し、相手が旋回したところに読み砲撃が決まり勝利。

4戦目vsウォーレイさん
 耐久的に追い詰めるも、またもや相手と離れる方に舵を切り追い込むチャンスを逃す。トシキさん戦で2戦連続で負けた頭被クリの恐怖心がまだ残っているのかもしれない。
 態勢を立て直した相手から重量砲撃で速度を殺され、クリを続けて喰らってしまう。

 白兵修行の一つとして混白を獲りたいので、速射を入れて攻めたところ、受けの形ではあったが混白に成功。突撃一発で100人飛ばしを体験することができた。ただ惜しくも最後の1ターンで抜けられてしまう。
 抜けられはしたものの、精神的には余裕ができたので、その後の砲撃では積極的に攻めることができ、相手の旋回前に早め砲撃が決まり勝利。

5戦目vs美南海さん
 相手は迎撃・直阻止・仕込み爆弾オスガレ、斥候、キャノン

 4戦目と5戦目の間の仕掛けられで混白を獲られたので、混白を獲られないように警戒。

 船のOPはチェックできたが、仕込み爆弾が「ついてる」という認識止まりで、だから「どうするのか」という連想ができなかった。
 開幕直後の白兵で、いきなり相手の仕込み爆弾炸裂で500ダメージを喰らってしまう。最近は他の人を参考に弾を多めに積んでいたが、自分の元の容量に戻そう。その次のターンでも仕込み炸裂でいきなり耐久拿捕の危機。
 そして相手の防御値は迎撃で730。私も先月までは迎撃を使っていたが、それでも600ちょいの防御値だった。

 相手は迎撃で白兵では攻めることができないので、白兵抜け後は砲撃・機雷で攻めることにした。

 相手がキャノンなのもわかっていたし機雷を撒いているのもわかっていたが、今までもそういう相手には攻撃スキルのまま攻め切って勝ててきたので、今回も防御スキルを入れずにこちらも攻め返した。
 耐久で追い込み、これで勝てそうと思ったのもつかの間、混白対策の統率に気が行った分、修理が疎かになり、自分の耐久も削れたままで白兵に入ってしまう。
 抜け後は、修理はしながらも、相手の耐久も削れているので攻撃スキルのままで攻めていたら、機雷と横砲撃で敗北。

 大提督で修理非優遇ではあるものの、今まで耐久横沈で勝てたことはあっても、負けたことはなかったので、これはかなり意外だった。
 そして、下手で被クリが多い私にとっては、下手だからこそ修理なら誰にも負けないという自負があったので、悔しい負けだった。

 開幕前に相手職業をチェックできなかったが、最後のダメージで250という表示があるので斥候の優遇機雷か。
 
 そして相手はキャノンだったが、私も5キャノを使っていた時を振り返ると、相手が連弾を入れてなければ大ダメージを与えることができるが、連弾を入れられると途端にダメージが低減して攻めあぐねたので、5キャノは辞めた。それを考えるとキャノ相手には貫通まで入れて攻撃を重視するのではなく丁寧に連弾を入れて対処した方がいいのかもしれない。

 美南海さんについて考えると、砲撃戦では、今回のように水弾貫で攻めると相手の優遇機雷とキャノンの砲撃でやられてしまうし、かといって連弾除去を入れると砲撃では攻めきれない。さりとて白兵戦では、相手迎撃でこちらは攻めることができないし、相手からは仕込み爆弾で攻められる。砲撃戦も白兵戦も不利という状態。首相撲が得意とか相手の船尾に廻り込めるなどの必殺技がないと勝算が立たない。
 ちょっと現状では勝てるイメージがつかないので、もっと修行してからリベンジをしよう。


 全体としては久しぶりにタイマンができてよかった♪
 混白対策の統率が全然できていないことと、トシキさんショックで白兵前砲撃ができてないのが大きな反省点。

 動画は続きから。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ