タマ模擬2015.07.22

13戦、与10(76.9%)、被2(15.4%)、与クリ21(1戦あたり1.6)、被クリ9(1戦あたり0.7)

 今日は商会メンバーと一緒にタマゴさん主催のタマゴ模擬というものに出てみた。
 レギュレーションは底800沈で56門名匠あり、他は教導書以外の縛りなしという少し変わった底模擬。
 砲術家、名匠カロで参戦。

 前半は5-5で7戦与2被1。昨日のG3実戦の感覚で中距離からの流れクリを狙ってしまうが、基本的には底模擬なのでそんなスナイプでは落とせないし、それ以前に流れクリのタイミングも合わなかった。加えて抜けクリもタイミングが合わなかった。

 後半は7-7ないし6-6になって6戦与8被1。抜けクリメインに切り替えたのと、抜けクリもカウントすることと「早め抜けクリ」を心掛けたところ、抜けクリが当たるようになった。流れでも近距離からの読み砲撃が決まるようになった。

 昨日のG3実戦では白兵に入っても自分が落とすために即抜けしてしまったりしたが、今日はパス出しのために自分から白兵に行くこともできたし、白兵に入って即抜けせずにパス出しを意識できたのでよかった。

 舵残しは必ずしも十分できていないが、自分から白兵に行った分は舵残しできたはず。そういった意味では、舵残しするためには自分から白兵に行くということを改めて認識できた。
 風は意識できなかった。

 被沈は2つ。1沈目は3-5大劣勢からなので仕方なし。2沈目は白兵からあまりにも鐘失敗したのでイライラして、後入れスキルの準備を怠り抜け被沈。ちょっと冷静さと慎重さを欠いた。
 全体的にはインに入ったにも関わらず被クリ率は低く抑えることができたのでよかった。

 後半は抜けクリを決めることができたのはよかったものの、それは7-7でフリーで狙えたためなので、5-5になると味方のフォローの選択あるいは相手のフォローがすぐ来るので、そう簡単にはいかない。やっぱり5-5のG0模擬が一番難しいな。
 
 最近は攻撃の方に偏っていてパス出しの白兵ができていなかったので、今日はそれを意識できたのは大きな収穫だった。

 動画は後半戦で抜けクリを決めることができた対戦2つを続きから。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:☆ちゃぷちゃぷ団☆

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ