タイマン2015.05.11

 日曜日はシンザンさんのオポ模擬のお誘いがあったが、純模擬に出ないので不参加。
 他に参加できる模擬が無くヒマだったので、フィリになってみた。 旗付きNPCを狩って転職。
 単なる思いつきで、PKをしようというわけでもない。
 フィリ

 そして今日、交易キャラで委任南蛮していたらケープ沖で狩られた。フリゲ模擬から2週間弱ぐらい戦いから離れていて、何か戦いたかったので、リベンジしようとケープに行ってみると色ネキャラが数人。

 そのままタイマンの流れになった♪
 戦績としては5勝1敗1分け。

 引き分けは、PKのタイマンは競技ではなく負けるとバッテンが付くので撤退ありらしく、勝ちを逃した。

 1敗は、相手焼き討ちでこちらは轟音機雷が決まって混白になったので、余裕こいて突撃していたら被耐久拿捕。油断と弾の積み過ぎが敗因だった。そういえば前も焼き討ちに対して弾積み過ぎで被拿捕があったが、学習してなかった。
 弾積み過ぎは、その前の対戦で弾切れになったのも影響した。

 船はいつもタイマンで使う轟音機雷ソブリンで、轟音機雷のおかげで勝てた対戦もあったが、横砲撃と轟音機雷が攻め手なので弾切れになるパターンが多い。そして船員がガレー船には劣るため、装備は白兵、重装2つ、大学スキルも白兵にしていても、白兵で押せない。
 轟音機雷を除去できっちり対応された対戦は、途中から速射で砲撃混白狙いに切り替えてうまくいったので、轟音機雷頼みは辞めてもいいのかもしれない。
 この船は迎撃も付いていて最高と思っていたが、白兵がジリ貧で苦戦することが多いと感じるようになってきたので、白兵で押せる船を造ってみよう。

 対戦相手の船では、斬り込み網がかなりやっかいだった。混白や耐久で拿捕が狙えるところまで行っても、すんなり抜けられてしまう。偽造通信文で打ち消そうにも妨害失敗もあったりで1,2ターンは損する。白兵で負ける時は撤退失敗で抜けられないのが続いてそのまま拿捕というパターンが多いところ、劣勢になった時に抜けることができる効果はかなり大きい。
 私もガレー船で斬り込み網を付けた船を造ろう。

 それと武器鍛錬具はどの武器に入れたらいいかわからなかったので、ずっと倉庫にしまっていたが、今日の対戦相手を観察してミョルニルがいいと思ったので、突っ込んでみた。ガレー船に加えて攻撃力もアップしたはずなので、次回は白兵で押せるといいな♪

 白兵の教訓もあった。前半、特に1,2ターン目で戦術で数値を上げておくといいとわかった。ただし相手が突撃しない見極めが必要だが。

 タイマンではあったが、短期目標の「風向きを常に意識する」は意識できたので、その点ではよかった。

 久しぶりに対人戦を楽しめてよかった^^
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:☆ちゃぷちゃぷ団☆

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ