BC2014.01.21

9戦、与19(211.1%)、被7(77.8%)、与クリ63(1戦あたり7.0)、被クリ23(1戦あたり2.6)

DBA BC2014-01-21 

 模擬などの前はいつも再起動しているが、昨日は再起動してもラグがひどかったので今日は再起動しないでそのままやったらDBAがちょっと長くなってしまった。

 今日も大砲は特優シュミネ。

 前半は遠間合いで戦ったところ、与が多く被が1だけだった。それはそれで気持ち的には楽しいが、遠間合いでは抜けクリ修行にならないと思い、間合いを詰めたところ与クリが当たらなくなった。今日の与クリ率7.0はまた自己ベスト更新で、確かに前半はクリを多く当てれていたが、それも警戒心の薄い遠くから撃っているからということだった。模擬では外周するわけにいかないので近距離で与クリできないとならないから、その意味での与クリ精度はまだまだ。

 「縮帆旋回」はかなりいい感じで、ほとんど抜けクリをかわせた。
 ただ最後の抜けクリ沈は、また縮帆後の増帆のタイミングが遅れて固まり被クリ。それと縮帆旋回を多用していることが関係しているのかもしれないが、船速が遅いと感じた。
 最後の2戦は被沈が増えたが、外科支援がなく拿捕られたり、頭被クリ白兵で修理支援がなく横で沈したりもあったので、実質はもっと被沈は少なく、縮帆旋回は回避操船でかなり有効だと感じた。

 拿捕られたのは、白兵値が500オーバーで混白でないのに一発で60人削られる人が2人いて連続白兵されたから。いろんな人が見られるのもクロスワールドBCで面白いが、正直イヤだったw。BC装備は手装備を100愚者にしよう。

 今日は後入れスキルを丁寧にすることができたのはよかった。

 「抜けクリ停船」については、船速が遅いのも影響して間に合わないことが多かった。船速の他に間に合わなかった原因として、白兵が起きてから向かっても遅いので、白兵になりそうなのを予測して予め動いておくことが重要だとわかった。

 「抜けクリ」は、抜けクリ停船が間に合っていないため機会が少なかった。フリーであれば3秒カウントもできたし、当てることができた。しかし3秒カウントしても当てれなかったことがあった。ちゃんと舵残ししている相手にはもっとタイミングの精度を挙げなければならないようだ。

 BC最終日の今日は、与被の数値としてはよかったが、前半は遠間合いにしてしまったし、後半は抜けクリ停船に大きな課題が見られ、抜けクリ自体があまりできなかったので不完全燃焼で終わった感じ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ