インキャノ攻守の切り替え(未定稿)

<5-5>
 攻1防9

 パス出し、マーク、フォローをちゃんとする。攻めない。流れ与を狙う暇があったら別にすることがいっぱいあるはず。
 展開で抜けクリを狙う場面になっても、①フォローが必要な味方がいない、②縦風で狙える、③相手フォローがないの3条件を満たした時のみ狙う。
 狙う場合も、縦風であってもキャノの単発で落とせないので相手フォローが来たら粘らず防御。そこで粘って無理攻めしてもハイリスクローリターン。

<5-4>
 攻2防8

 優勢。とはいえまだ油断は禁物。最重視すべきことは相手をしっかり白兵で抑えること。なのでマーク。流れ与や抜けクリ狙いでマークを外して、相手フリーを作るのは緩手。
 その次にすべきは浮きの味方へのパス出し。
 相手を白兵で抑えきって、自然の流れで自分が浮きになった時のみ、攻撃スキルに切り替えて抜けクリを狙う。抜けクリを狙いに行くまではしない。

<5-3>
 攻7防3

 大優勢で2浮きになるので、自然と攻撃のチャンスが巡ってくる。
 相手も逆転を狙って連弾を切って水平弾道を入れているはずなので、キャノでも落とせる可能性が高い。また無理攻めもしてくるだろうから流れ与の可能性もある。

 5-3なので普通にやってれば被の危険性は低い。5-3でフリーで抜けクリを狙われることはないはず。白兵で抑えきっていれば流れ被もほとんどないはず。5-3でフリー抜けクリを狙われるということは、1-2と4-1に分かれているということで、もしそんな状況になったら、それは艦隊としてダメすぎるので、いっそ被沈して負ける。

 被の危険性は低く、与の可能性が高い、ローリスクハイリターンなので、水平弾道を入れて攻める。もちろん3人の相手をしっかり白兵で抑えることが大前提。こっちも連弾を切るのでキャノの相手の方が要注意か。


<4-5>
 攻5防5

 4-5が一番難しい。どうしたらいいかまだわからない。
 普通にやっていたら不利なので、相手にプレッシャーを与えるために相手旗か耐久が一番低い相手を狙う。
 狙うのはいいとして、流れ与の可能性も考慮して水平弾道スキルはいれるが、それは一応であって、するべき行動は自分が狙いに行くのではなくパス出しメイン。

<3-5>
 攻9防1

 大劣勢なので防御を固めていてもジリ貧。5-3側の立場を考えれば、旗以外の相手は連弾を切ってる可能性が高い。劣勢なのでハイリスクローリターンではあるが、落とすか落とされるかのギャンブルに出るしかない。
 5-3側の立場としては白兵で抑えたいので、目指すはその逆で白兵に入ったらすぐ抜けて浮きになり流れ与を狙う。
 さすがに3隻に囲まれたら防御スキル入れ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ