2013年5月大海戦2日目②

 時間的には大海戦3日目に出ることができたが、連日出ると奥さんの機嫌が悪くなりそうだったので、今後の模擬環境のためにも今日はおとなしくしてたw

 おとなしく何をしてたかというと、委任航行で南蛮交易しながら昨日の大海戦の動画を振り返りw

 中型をまず見た。被沈2のうち1つは相手のかぶせ艦隊が入ってきたので回避旋回したところ、追従を外して別な場所から入ってきた相手に気づかず画面外からの被クリ。理想を言えばかぶせ艦隊の人数をチェックしておけばいいが、そこまではあれなのでこの被沈は仕方なしとしよう。
 もう1つの被沈は、全体としてはこちらが優勢で、戦場を移動しようとした際に、優勢なので気持ちが緩んで防御意識が弱くなり、全体俯瞰をしなかったために被クリ。優勢からの被は今回は全部で2回だったが、気持ちの問題なので無くしていきたい。

 攻撃面では与クリしても落としきれないことが多かったが、火力不足の一因は煙幕状態になったまま撃っていることがあったためでもあった。相手も特優シュミネ使いが多いので、大海戦では神秘の羽根扇子を十分用意しておこう。煙幕じゃない時も落としきれていないこともあるので、風をもっと意識してみよう。

 
今月の中型は与クリ決定率が15%と非常に低かった。ブログで過去の大海戦のいくつかはDBA写真を残していたのでそれを確認したところ、先月の中型の与クリ決定率は50%前後あった。ついでに大中小の与被を全て抜き出してみた。

 大海戦2013-05-2-3

 今月の中型の被沈数、被沈率ともに自己BESTだったことがわかった。しかし与沈数は先月と同じ対戦数で10⇒6と落ちている。
先月は将官キャラベルの中距離で与10与クリ19被3、今月は武装沙船の外周で与6与クリ20被2。
 今月の中型の被沈数が少なくて済んだのは外周が原因であり、その反面、外周が原因で与沈数も減った。 つまり与クリ決定率が下がったのは煙幕というより、外周過ぎたのが一番の原因。
 次回以降は将官キャラベルの中距離でやることにする。

 将官キャラベルのリビルドはG2止まりで、昨日の中型の決定力不足を受けてG3のグレードボーナスを砲艦改装にしようかと思ったが、中距離なら決定力はあるとわかったので装甲艦改装か加速強化にしよう。

 なお、今月の大型の与クリ決定率も20%強で大幅に下がっているが、与沈数では結果を出せているので一旦そこはよしとしておこう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ