CL前夜模擬2013.04.05

14戦、被沈1(7.1%)、被クリ18(1戦あたり1.3)

 今日はCL前夜模擬。参加者はエイミさん、ぱんちょさん、セラスさん、ハーロック、ヘルプの方。
 実際は15戦したが、うち1戦は開始2分ぐらいで旗がラインアウトしたので除外。

 今日は、ブログの自分のインキャノの記事を復習したおかげで、意識としてインキャノの気持ちで攻撃欲が出ずにパス出しに専念できた。結果、与は0だったがそれはそれでいいと思ってるし、むしろ被沈が1で済んだことの方がよかった。
 
 防御面は、感覚的には今日は被クリがいつもより少なかったと思っていたが、数値的には1.3だったので思ったほどではなかった。感覚的によかったと感じた原因としては、大ダメージの被クリは少なくて済んだから。

 よかった点としては、舵残しはできたし、全体俯瞰も少し意識することができた。被クリをしたくない気持ちが強く、縮帆旋回が自然に出ていたこともよかった。先舵の方向を覚えることは、少し意識できた。マンツーマンディフェンスも意識でいてきた。

 逆にダメだったのは、頭被クリが多かった。インキャノとしては重要な防御面の課題。
 白兵時に風を見るということはあまりできなかったし、相手の砲種を把握するのも少ししかできなかった。

 読みパス出しもできた。逆に外れて早すぎて抜けてしまうこともあったが、読みが外れることもあるのでそれは仕方ない。


 被沈1は、5-4の優勢で油断が出た。5-4ではあるものの、局地戦的には2-2になっているにも関わらず、連弾除去を外して攻撃的に水平弾道を入れていたし、意識的にもこの時は攻撃意識が強かった。ぶつかり旋回のような感じで頭被クリし直後に機雷を踏んで被沈。油断が無ければ除去は入れていたから防げた被沈だった。ぶつかり旋回になった原因も、もう一方の白兵の抜けクリを狙いに行こうと無理な旋回をしたためであった。冷静に考えると2-2なのだし、さらには5-4なのだから、無理に狙う必要もなかった。そういう状況判断もさることながら、油断したことが一番の反省点。

 攻撃面は、今日はほとんど攻撃意識がなかったので被沈が少なくてもいいが、とはいえ全く攻撃がないのも相手にプレッシャーが与えられない。発射のタイミングが全般的に遅かったので、明日は早め砲撃は心掛けるようにしよう。

 耐久低い相手などの声出しはしたつもりだったが、伝わっていない面がみられた。見落としたり見えなかったりすることもあるので、繰り返し声出しするにしよう。


 艦隊としては、10勝3敗1ラインアウト負け。前回は艦隊としてボロボロだったが、今日はセラスさんが与16被1というすごい数値だったし、エイミさんも与9と両アタッカーで与25をたたき出し
、被沈はみんな少なかったので、CL前夜にいい感じで戦えてよかった。

 勝ったという結果だけでなく、ライン戦術の適否や開幕時の動きなども意見を出し合えたので、その点でもよかった。

 課題としては、優勢時に狙いが定まらず勝ちきれないところがあるので、狙う相手の共通意識を持つという意味でも声出しをしよう。

 明日の課題は、声出し、頭被クリ回避、早め砲撃。
 
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:☆ちゃぷちゃぷ団☆

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ