オポ模擬2013.03.31

10戦、被沈4(40.0%)、被クリ14(1戦あたり1.4)

 今日もオポ模擬。参加者はエイミさん、ぱんちょさん、セラスさん、御手洗さん、ハーロック。

 いつもは個人の振り返りをしてから、艦隊のことを書くが今日は先に艦隊のこと。
 というのも、今日は2勝8敗と惨敗だった。アンリ艦隊に入ってからいつも大きく勝ち越しであったが、今日は惨敗だった。
 原因の一つとしては両エースのエイミさんとセラスさんが今日は重かったらしく、いつもより被沈が多くなってしまっていたし、重いということは攻撃のタイミングもずれるし被沈すれば与沈は獲れないから、与沈も少なかった。艦隊として与が獲れないから先落としではなく先落ちという苦戦が続いた。
 もう一つの要因として考えられるのは、昨日の模擬では私は攻撃面がよかったから、いつもの悪い癖で調子に乗って最初は攻撃意識が強かった。負け続けて「今日はチグハグ」という言葉も出てきたが、インキャノの私がしっかり試合を作れなかったのもあるのかもしれない。悪い癖の自覚はあったから途中からはインキャノに徹したが、一度狂った歯車は元には戻らず、今日は最後までいい形を作ることはできなかった。



 勝敗の結果は悪かったが、個人的には収穫もあった。

 一つには、艦隊の中で勇気を出して意見を言うことができた。リアルでも4月と言えば人事異動の時期で、新しい人が来ると新たな意見が出てくる。新しい意見が正しいとは限らないが、別な観点での意見に触れて考える部分もあるので、今後もがんばって意見を言うようにしよう。



 もう一つは、読みパス出しを心掛けて、昨日よりはパス出しのタイミングがよくなったと思う。 これは今後も継続して精度を上げていきたい。

 あとマンツーマンマークも心がけてみた。その結果わかったことは、ぶーん外周の人を追うと追いかけっこになって自分も空気になるので、ぶーん外周は追わないで来るのを待った方がいいということ。

 舵残しも昨日よりできた。概ね昨日の反省点は生かすことができたことはよかった。


 負けた中からの収穫としては、2沈目、3沈目は2差の大劣勢なので無理しての被沈だが、大劣勢は確かに無理しないといけないが、無謀すぎるぐらいに無理しているので、もう少し考えたほうがいい。例えば1-3で抜けクリを狙われているのに無理抜けせずに、味方の動きで多少敵の囲みが緩むまで待つとか。

 4沈目は抜けクリの相打ちで、自分は後舵でかわそうと無理抜けしたが、自分の方が縦風だった。
長期課題の「全体俯瞰」をたな卸ししたばかりなので、同じく長期課題の「風を見る」まで取り組むのは難しいが、そうもいっていられないのでとりあえず自分が抜けクリを狙われている時の風は見るようにしてみよう。
  そもそも動画を見ると先舵を入れた方向と逆に後舵を切っているので、先舵を覚えていないことを解決する方が先決。

 1沈目は連続被クリ沈。先月のCLでもあった。回避操船が不正確なのと、全体俯瞰ができていない証拠。2沈目から4沈目は無理した面もあるので多少やむを得ないが、1沈目のような被沈は無くしたい。
 
 

 次回の課題:読みパス出し(継続)、全体俯瞰、先舵の方向を覚える、大劣勢では無理し過ぎずもう少し冷静に、抜けクリを狙われている時は風を見る。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ