旋回11の謎

 今日も引き続きガナ修行。

 白兵で落とすのでガレー船の方がいいのはわかってるけど、回避操船の練習を兼ねていて、普段と同じ船の方がいいという考えでソブリンの底模擬用で戦闘。
 しかしソブリンの遅さにストレスが溜まって
 商茶で「ソブリンってなんで遅いんだろうね」と言ったところ、「旋回も一等と同じだけど低いよね」とのレスがあり「え!?」

 回避操船技術が劣る私にとっては被クリはつきものなので、板ソブリンの装甲値の高さ、頑丈さが気に入って最近はずっとソブリン。欠点は斬り込み網が付かないから抜けづらいことと若干遅いこと、そして一等はソブリンには劣る(耐久と装甲値の面で)が、斬り込み網があるのが長所という認識だった。

 さっそく久しぶりに一等の底模擬用でガナ戦闘。
 なおMAXのソブリン、一等含めて4隻とも旋回値は11。

 まず久しぶりに乗って感じたのは速さ。横帆数値は同じで縦帆が10だけ上回るだけだが、かなり違ってサクサク進む。

 そして旋回。まるで違う!!!グルグルスムーズに旋回する!
 とても同じ11とは思えない。

 旋回値は小数点以下を持っているらしいけど、ソブリンは11.0で一等は11.9なんだろうか。
 原因を検証するつもりはないけど、とにかく実際問題として違うということはわかった。

 ソブリンはその頑丈さで被クリしてもなかなか被沈しないけど、一等はその旋回で被クリを受けないようにするということか。そして足も速いのでフォローや抜けクリポジションへの移動も早い。
 ということで、自分の中での一等の評価がだいぶ変わった。

 旋回、帆数値大成功のソブリン造ればいいのかなぁ。。。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:☆ちゃぷちゃぷ団☆

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ