BC2013.02.19

4戦、与7(175.0%)、被7(175.0%)、与クリ14(1戦あたり3.5)、被クリ19(1戦あたり4.8)

DBA BC2013-02-19 

 今日は被沈率175.0%と防御面がダメダメだった。

 まず今日は攻撃面は、抜けクリカウントをちゃんとして早め砲撃すること、クリック撃ちで早め砲撃、防御面は小さく正確な旋回、平行旋回、舵残し、後入れスキルをテーマとしてやったところ、課題が多過ぎて1戦目、2戦目は攻守ともにチグハグだった。
 それで、後半は課題を絞ることにして、攻撃面は「抜けクリカウント」、「早め砲撃」、防御面は「小さく正確な旋回」、「平行旋回」の2つずつにした。
 すると3戦目、4戦目は、攻撃面に関しては後半は「読み砲撃」もできるようになって、流れで与を多く獲れた。
 しかし防御面は被クリも多いし、特に被沈が4戦目はダメすぎた。



  とりあえず攻撃面について。
 流れ与については、「早め砲撃」「読み砲撃」が考えている以上に重要とわかった。前半は早めに撃ってるつもりでもクリが当たらなかったが、後半はもっと早めにとやってみたらクリを当てることができた。クリポジと同じく、早過ぎるんじゃないかと思うぐらいワンテンポ早めに撃つといいようだ。
 抜けクリに関してはちゃんとカウントできなかった。 それ以前に今日は抜けクリを狙うことがあまりできなかった。タイミングでは課題は残るものの、全く当てれないわけではなく当てれる時もあったので、その点ではよかった。 
 ただ与沈が多かった割には、与クリ率については昨日、一昨日ほどよくはなかった。 原因はわからないが、一昨日のようにクリを当てても落とせないよりはいいか。


 問題の防御面について。
 4戦目は別問題なので分けて考える。
 1戦目は被クリは1回だけだった。味方陣営が強かったせいもある。被沈は、いつの間にか敵陣営に行ってしまい、5,6隻に囲まれてしまっての抜けクリコンボ沈。 

 2戦目の被沈も、周りに味方がいる3-3の1-2,2-1の状況から逃げているうちに敵陣に入ってしまったらしく、復活した敵などを含めて囲まれて、粘った分被クリが増えた末、被沈。被沈や被クリは仕方ないとして、囲まれて焦って大きく適当な旋回が原因だったのでそこは問題。
 敵陣に入ってしまったのは「全体俯瞰」ができていないからだが、これは長期課題なので今は諦める。
 

 3戦目は2沈したものの「小さく正確な旋回」は多少は意識できて、囲まれても冷静に対処できた場面もあった。 
 被クリも7回と多かったものの、うち4回は船首砲なので実質3回。
 1沈目は大きな適当な旋回をしてのワープ。またこの前と同じミス。
 2沈目も適当な旋回をしてのワープが原因で敵が多いところに飛び、囲まれたところで「平行旋回」ができなかった。

 問題の4戦目。
 時間帯も遅かったので4-4だった。10分弱経った時点で0対24と味方陣営が苦戦していた。もちろん私の被沈ポイントも入っている。
 攻撃面は与クリ6と今日の中では一番多く獲れたし、与沈も3獲れた。与沈は抜けクリではなく全て流れだった。
 被沈はスナイプで3沈とも同じ相手からだった。
 1沈目は、その敵の存在は認識していたが遠かったので危機感が少なく、抜けクリを狙いに行って回避操船を疎かにした。煙幕だったので私と同じく特優シュミネだろう。私自身がシュミネのおかげで遠くから与沈を獲れていたのだから、遠いからといって危機感が少なかったのはダメだった。
 2沈目は見過ぎのため回避操船の遅れ。
 3沈目は、こちらが3隻で相手を追い込んだ場面で攻撃意識が強くなってしまった。 


 大きな適当な旋回をしてのワープが原因の被沈が多過ぎる。囲まれていない場面だけでなく、攻撃や移動をする時も「小さな正確な旋回」をもっと意識する必要がある。

 明日の課題:①攻撃や移動時も「小さく正確な旋回」を意識する。
         ②早く判断するために「平行旋回」。
         ③遠くからのスナイプにも危機感を持つ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ