CL前夜模擬2013.02.01

 今日はオポルトでCLの前夜模擬。
 メンツが集まれなかったので3戦しかできなかったが、内容的にはいろいろ収穫があった。

 個人戦績は3戦、与3(100.0%)、被1(33.3%)、与クリ18(6.0)、被クリ7(2.3)

 1戦目は3-5の大劣勢から、相手旗に抜けクリを決めることができて大逆転。内容的にクリポジも「廻ってすぐ縮帆」でうまくいったし、抜けクリのタイミングも目標にしている理想形に近い形でうまくいった。

 しかし、後で動画を見て思ったが、3-5の状況で停船して抜けクリを狙っているということは、こっちは2-1で、もう片方は1-4だ。今回は1-4の方で味方が頑張って凌いでくれたのが影のファインプレーで、結果としては大逆転できた。
 だが、これが正解だったのか。3-5で2差なのであと1人味方が落ちると3差で負けが確定。3-5の大劣勢なのでそのままだとジリ貧ということで、3差負けのリスクも覚悟の上で相手旗の抜けクリを狙ったのなら戦略だが、そのリスクの認識自体がなかった。1-4の方にフォローに行くのが正解だったのかもしれない。

 2戦目は2-5の3差負け。今回は外周アタッカー旗をしていたので、負けた後に外目に行き過ぎか味方に聞いたが大丈夫とのこと。しかし外周すると確実にイン側は厳しくなるので、どの程度の距離感がまだいいのかわからない。
 
 3戦目は4-5から流れで落とし4-4となり、直後に抜けクリをまた決めることができて4-3。だが、これで調子に乗ってしまい、「優勢時は白兵で抑えるのを最優先」をせずに流れ与を狙い、味方が被沈し3-3。その後2-3から、最後は資材切れにもなり、抜けクリを決められ旗被沈負け。

 まず資材配分について考え直すことができた。 インの時は機雷を巻くから弾薬を多めにした方がいいが、外周は修理支援が多いので資材を多めにした方がいいとわかった。
 といいながら動画を見直すと修理が止まっている場面も何度もあったので、修理支援をするという課題も明日に向けて見えた。

  全体的なまとめは続きから。 

 
 私は以前は守り専従の旗で、回避連弾除去を入れっぱなしであったが、他商会と模擬をしたときに、攻撃面の怖さがないというアドバイスを受けた。
 そこで私以外の人に旗を変わってもらおうと考えて仲間の協力を得ていろいろ試してみたが、私が旗という陣形に戻っている。

 それでカロで抜けクリを決めれる、攻撃もできる旗というのを目指していた。

 今日に関しては、与沈率や与クリ率でいけば先月より格段に上がっているし、クリポジや抜けクリも決めれたから、攻撃面は今日はよかったと思う。

 反面、攻撃に意識が偏り、被クリ率は先月までと同程度なのでそこはいいが、フォローやパス出し意識が無くなってしまっている。
 明日までにすぐに改善できないかいもしれないが、「俺が決めてやる」というワンマンプレイに走らずにチームプレイをするということを意識できるかが重要だと感じた。

 あと、もっと強くなろうということでフォームを変えているのは私だけでなくて、艦隊の仲間にもアタッカーからインに転向した人が、機雷を沢山撒いていたし被沈も少なかったりと、意識をもって結果を出していてよかった。
 艦隊としても2戦目は別として、1戦目と3戦目は劣勢ながらも、以前だったらそのまま10分ぐらいで3差負けになっていたのが、今回はともに20分近くまでねばれていた。

 明日はみんなで頑張りたい♪
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:☆ちゃぷちゃぷ団☆

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ