【未完成】劣勢時の戦い方

<3-5の場合>
 大劣勢。もう一人味方が落ちれば3差負け。
 相手側は2人もフリーになるので、守るだけでもかなりきつい。

 目標は、相手の油断と一瞬のミスから生じた僅かなチャンスをものにすること
 抜けクリをフリー(停船)で撃てることは期待できない。相手が油断して回避を切って攻撃スキルを入れたままで、操船ミスした時や、抜けクリを狙って停船してる相手など、流れ与を狙う

 防御スキルを入れて耐久管理してもジリ貧になるので、それより僅かなチャンスの時に確実に与沈を取れるよう水平、弾道、貫通まで入れておく。

 回避を切っていたために被沈したとしてもダメで元々。

 さすがに3、4隻に囲まれたら、攻撃してる余裕はないしコンボも来るので、防御スキルに切り換え。

 ダメ元に関しては、旗狙いがあるが、大劣勢から旗落としの大逆転が実現したことはほとんどない。
 そういう状況ではたいてい相手旗の耐久は削れていないので、ワンチャンスでは無理。
 それより基本どおりに一番耐久の低い相手を狙って、まずは3-4に戻すことを目標にした方がよいと考える。

 また、味方の数が少ないので修理外科支援が薄くなる。白兵していると修理外科支援ができない。
大劣勢時は支援するために白兵に入らない、入ったら即抜け。


<4-5の場合>
 劣勢。
 

 まず1つ考えられるのは、逆の立場で5-4の場合は白兵で相手全部を抑えることが目標で、白兵直後は同じ相手に白兵できないため、密集して白兵の相手をチェンジしあえる方がいいということは、劣勢側はできるだけ白兵につかまらないこと、そのために密集せずに展開した方がいい。

 もう1点は、ライン際に行くこと。耐久管理やコンボなど砲撃面では不利は免れず1撃即与沈は難しい。そんな中でリングアウトで相手を出せれば耐久に関係なく4-4の同数にできる。最高に理想的には相手旗を押し出せばそれだけで逆転勝ち!。こちらももちろんリングアウトのリスクはあるが、劣勢だと普通にやっていても負ける可能性は7割ぐらいはあると思うので、リングアウトしてしまって負けても元々。


 4-5ではフリー(停船)で抜けクリを狙うことは可能ではある。だが、フリーで抜けクリは狙わない方がよいと考える。抜けクリをフリーで狙っているということは局所的には2-1なわけだが、するともう一方は2-4になっているということである。
 3-5が守りすらきついのは2差が大きいわけで2-4は2差なのでそれと同じ状況。2-4はもっと分解すると1-2と1-2、または1-1と1-3になる。1-2、1-2であれば2か所で抜けクリを狙われていることになる。1-3は流れでも回避操船が難しいし、抜けクリも船首船尾ダブル抜けクリやコンボも容易に可能な状況。事実、H24第11回CLでも多くの被沈は1-3の場面であった。したがって2-4は味方の被沈リスクがかなり高い。なのでフリーで抜けクリを狙わずフォロー


 ということで4-5の場合も流れ与を狙う
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ