模擬2012.12.12

第6回KKPの個人反省

6戦、与1(16.7%)、被0(0.0%)、与クリ20(3.3)、被クリ15(2.5)
うち4戦は僚艦、2戦は旗艦



<攻撃面>
 与は1挙げられたが、内容は5-3の大優勢からの与だから、実質0。
 とにかく抜けクリを全く当てることができなかった。見てクリに偏っていて秒数を数えることが全然できていない。当面は抜けクリを最重要課題として練習しよう。
 良かった点としては、与クリ率が今までは1.5ぐらいだったのが、IPATHさんに教えてもらった「流れクリはクリックがやりやすい」のおかげで3.3に向上したこと。

<防御面>
 被0と数字としてはよかったが、被クリ率2.5はいつもと変わらず。いつもの2.5は狙われやすい旗艦での数値なので、僚艦が多かった今日の2.5はむしろ内容的に悪化した方というべきか。
 よかったのは、後舵入れがかなり有効ということがわかった。攻撃するのまま舵無しで白兵に入ってしまった場面、つまり舵無し、回避連弾無しの無し無しでも、後舵入れで被クリせずに済んだ。

<艦隊戦>
 前回の大海戦で攻撃面が良かったからクリで与を取りたいという欲が強く出て、インとしての気持ちで戦うことができなかったしかも与を取ろうとしてるのに与も取れず。攻撃面で寄与していないし、インとしても寄与していないという役に立っていない状態だった。

<その他>
 ソブリン初乗船。もっさりしているという声もあったので心配していたが、それは感じなかったので、このまま使い続けれそうと感じることができたのはよかった。
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:☆ちゃぷちゃぷ団☆

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ