FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイマン2018.05.30

 今日は大砲を全キャノ、OPを破壊工作から漕船補助に替えた。

1戦目vsジョセフ・ウイッチさん
 相手は白兵戦回避・特殊機雷・強化砲門サーヴェイ、砲術家、キャノ混ぜ
 こちらは先制・網・漕船補助マルタ、大提督、3カロ・2キャノ、白兵4、重装・大コヴァ

 原点に戻り「強い砲撃」で攻めるために全キャノにしてみた。
 開幕直後から近間合いのメリゴで700超の大ダメージを与えることができた。
 混白狙いではなく、強くて早い砲撃の横沈狙いで速射を入れて攻めるが、相手の修理連打がしっかりしているので、なかなか落としきれない。
 それでも攻め続け、横砲撃で勝利。

2戦目vsジョセフ・ウイッチさん
 さすがに相手も対策を講じてきて、今度は間合いを離して遠中間合いの速度戦となった。
 
 切り込み旋回をしたところ、相手も反転旋回してきた。「視点切替」で「旋回スルー」となってしまい、船尾クリを決められたかとヒヤリとしたが、ギリギリなんとかクリを回避。直後に相手の船首に旋回撃ちが決まり勝利。

3戦目vsアウストリーナさん
 相手は直阻止・強化衝角・重量・投錨機雷・強化砲門ナポガレ、砲術家、カロ混ぜ

 OPを替えたのは、破壊工作で相手を弱らせて勝つより、漕船補助で相手を上回る旋回をして勝ちたいと思ったから。
 このため、白兵では壷で押して、抜け後に速射を入れて攻める以前の形に戻った。

 近間合いのメリゴでは横砲撃で500前後のダメージを与えることができたので、強い砲撃をすることができた。
 しかし、中間合いのクリではキャノなので、あまりダメージが出ない。
 とりわけ、08:20の場面は、相手が旋回して船首を向けたところに読み砲撃でクリが決まったが、いつもなら落とせている距離で1000ダメージにも届かず落としきれなかった。

 最後は至近距離のメリゴで強くて早い砲撃と機雷で攻め、横砲撃で勝利。

4戦目vsアウストリーナさん
 相手は直阻止・強化衝角・網・漕船補助オスガレ、砲術家、キャノ混ぜ

 相手は白兵圧迫がきついということで網オスガレに乗り換えてきた。
 装甲値は先ほどのナポガレが111で、今回のオスガレは119だったで僅か8の差だったが、途端に砲撃ダメージが通らなくなった。間合いの関係もあるのかもしれないが、大砲の構成に限らず装甲値110と120の間のどこかに大きな壁があるように思う。

 こちらの砲撃が通らなくなった上に、相手のラムアタックで大ダメージを喰らうなど、相手のペースの展開となった。
 最後は、ライン際の並走で、相手のラムアタックが来そうな感じがして「嫌な予感」はしたが、いつもどおり大旋回で廻れるだろうと旋回したところ、船尾クリを喰らい敗北。

 先日の海☆音さん戦1戦目も「嫌な予感」がした直後に負けた。「嫌な予感」がしたのであれば、それを活かして防御スキルを入れればよかった。「嫌な予感」を活かせるように心掛けよう。

5戦目vsアウストリーナさん
 泣きで再戦。
 4戦目同様、こちらは強い砲撃ができず、相手からはラムアタックで大ダメージを喰らう。
 速射を入れて混白を狙うが、ラムバリアで逆にこちらが混白となってしまう。

 相手の戦略はラムアタックなので、ラムアタック後の読み旋回に切り替えてクリを当てたが、また1000弱のダメージで落としきれない。
 10:00の場面は、ラムアタックで大ダメージを喰らった直後にラムバリアからの首相撲で船首クリが危なかった。
 最後は再びラムアタックからのラムバリアで首相撲となったが、今度はラムで大ダメージが出なかったので焦らずに済んで、読み砲撃が決まり勝利。


 今日から全キャノにして、装甲が薄いサーヴェイやナポガレには通用したが、装甲が厚いオスガレにはに通用しなかった。また、中間合いのクリで落としきれない場面が何度もあった。

 ぺくれなさんは全キャノで中間合いで落とせていると聞いたので、話をしてみた。
 すると、ぺくれなさんは急旋回クリの船尾クリが得意技なので、着弾した時点では中間合いに見えるが、発射の時点では近間合いだから落とせているのではないかということ。
 私の場合は、相手が向かってくるところへの船首クリなので、着弾した時点では近間合いに見えるが、発射の時点ではキャノとしては遠い間合いなのではないかと考えられる。
 というわけで、全キャノは1日で挫折した。


 今シーズンは勝率にこだわるシーズンだったはずだが、「勝ち」にこだわる戦い方は面白みに欠けるので、今は気持ち的に「勝ち方」にこだわる戦い方に傾いてきている。
 例えばアウストリーナさん戦では、あくまで勝ちにこだわるなら白兵で押すべきだったが、砲撃で勝ちたくて白兵ではなく壷攻めになった。
 気持ちがシーズンテーマにそぐわなくなったので、近日中にシーズンを替えよう。


 「視点切替」の「旋回スルー」が出てしまった。「視点切替」も切り込み旋回後に出やすいので、切り込み旋回後が特に注意が必要だとわかった。

◆取組課題①「旋回スルー」75%(0%)
 ・相手を見過ぎ
 ・視点切替
 ・切り込み旋回直後に相手が反転旋回(達成)
 ・至近距離で旋回方向を迷う

<中長期課題>
 「フェイント」、「白兵の受け」、「回転撃ち」、「海連打」、「逆旋回」

 動画は続きから。









関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
CL (72)
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。