タイマン2018.04.24

 マウスのDPI設定を上げようと思ったが、少しでも上げるとかなり早過ぎて慣れないので上げないことにした。

1戦目vsオサムさん
 相手は直阻止・破壊工作・迎撃・網トリニダ、砲術家、キャノ混ぜ
 こちらは破壊工作・先制・網マルタ、砲術家、3改良カロ・2キャノ

 序盤に相手の破壊工作で帆を破壊され、速度で攻めることができなくなった。
 船のOPを漕船補助から先制攻撃に変えて、SSで速度4を付けたが、帆破壊されたので速度4の効果を感じることはできなかった。
 こちらも破壊工作で相手の帆を破壊し、これで相対的には大丈夫になったはずだが、自分の速度が速くないと積極的に行けないのは変わりなかった。

 最後は反転旋回から相手が船首を向けたところに、早め砲撃が決まり勝利。

2戦目vsオサムさん

 40分超えの長期戦となった。
 序盤は破壊工作されないために即抜けし、中間合いで速度で攻めるが、うまくいかない。
 抜け後に首相撲で攻めるが、直阻止を使われ、攻めることができない。
 何度かクリチャンスもあったが砲撃タイミングが合わずクリにならなかった。

 後半は直阻止メインで攻められ、こちらから攻めるチャンスがない。
 壷で攻めるが抜け後にすぐに修理をされて回復されてしまう。
 混白は獲ったが、白兵スキル攻めは封印しているので、こちらから素撤退。

 破壊工作で速度砲撃もできず、急旋回クリ狙いもできない。壷攻めも効かないので、首相撲しかないと考えた。
 最後は、抜け後に首相撲を仕掛けるが、深追いの首相撲となってしまい、旋回をミスして船尾クリを喰らい敗北。
 「旋回スルー」と「海連打」と「逆旋回」もあるが、直接的には旋回ミス。


 長期戦の末に敗れたので、どっと疲れが出て精神心的なショックも大きかった。
 直接的な敗因は旋回ミスであり、間接的な敗因は深追いの首相撲であるが、そのさらに間接的な敗因は直阻止で攻めあぐねたことにある。
 昨シーズンに負け越した相手もミラ・フィナーシェさん、ねこにゃんこさんと直阻止の使い手が多かった。
 直阻止は発動スキルなのでスキル枠1つを消費するというデメリットもあり無敵ではないかもしれないが、こちらは船首クリ・船尾クリのリスクがあるのに対して相手は船尾クリだけなので、相手は両手でこちらは片手で戦っているようなもので不利が大きすぎる。やはり直阻止相手には砲撃勝負を諦めて白兵で攻めるしかない。

 タイマンはOPなどの相性の影響が大きいので、申し合わせタイマンのマイルールとして「相手によって構成を変えない」という縛りでやっている。直阻止相手の時だけでなく他の相手に対しても白兵攻めの封印を辞めることになるので、その点で数日迷ったが仕方ないか。
 白兵解放でシーズンを変えるかどうかも迷ったが、防御力の強化と勝率にこだわるという点では変わりないので、シーズンはこのまま継続。


 どうしても急所の場面で「旋回スルー」「海連打」「逆旋回」の三大悪い癖が出てしまう。
 最近は「旋回スルー」をメインテーマとしつつ、残りの2つも意識しているつもりだったが、「海連打」「逆旋回」の方が進んでいない。
 根が深いので、一つずつやっていくことにしよう。

◆取組課題①「旋回スルー」15%(0%)
 ・相手を見過ぎない。
 ・視点切替を左クリックをしてみる。
 ・切り込み旋回直後に気を付ける。
 ・切り込み旋回直後に、相手が反転旋回することを読みに入れる。
◆取組課題③「海連打」0%(0%)
◆取組課題④「逆旋回」0%(0%)

<中長期課題>
 「フェイント」、「白兵の受け」、「回転撃ち」

 動画は続きから。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

>鍵コメ様

コメントありがとうございます。
約束を覚えていてくれて嬉しいです^^

気が向いたらまたやりましょう♪
プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
CL (72)
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ