タイマン2018.02.19

 今日は相手との間合いによって急旋回クリの旋回角度を深めや浅めにすることに挑戦。

1戦目vsオサムさん
 相手は直阻止・破壊工作・迎撃・網トリニダ、砲術家、キャノ混ぜ
 こちらは迎撃・砲艦・破壊工作マルタ、砲術家、3シュミネ・2キャノ

 OPを漕船補助から破壊工作に付け替えた。
 並走から急旋回クリ狙いに行きたいが、相手は直阻止を使って真っ直ぐ来るので並走にすることができなかった。

 逆に06:20の場面は、相手に急旋回クリを決められた。並走ではなくラムアタックばりの逆ハの字からでも急旋回クリができるのか。
 そういえば、ラムアタックを使うぺくれなさんなどにはこの形でやられている。「予測」で相手の船首を抑えに行くTAKASHIGEさんなどもこの形か。むしろ並走よりも相手の船首を抑えに行く形を狙った方がいいのかもしれない。

 最後は、こちら先行の逆ハの字から深めの急旋回し、相手の船尾が斜めに向いたところにクリが決まり勝利。

2戦目vsシャアラ☆さん
 相手は特殊煙幕・破壊工作強襲シャム、砲術家、シュミネ

 01:25の場面は、相手先行の並走から相手の船尾に急旋回し、船尾を獲れたが砲撃タイミングが遅くクリを決めることはできなかった。

 並走を狙って旋回が多過ぎたのか、速度に乗れず舵が重かった。
 最後は、こちら先行の並走から、相手との間合いが遠かったので浅めに急旋回したところ、頭クリを喰らい敗北。
 相手が帆船で速度が無い場合は浅めの旋回はダメだとわかった。

3戦目vsシャアラ☆さん
 並走状態になってもすぐに急旋回に行くのが怖くて、気持ちの整理をしている間に相手が旋回してしまい、急旋回クリに行けない。
 最後は、相手との間合いが近かったので深めに急旋回したところ、迎撃の旋回をした相手とぶつかり首相撲のような形で船首クリを喰らい敗北。

4戦目vsシャアラ☆さん
 並走から船尾の急旋回の形にこだわり過ぎていたので、今回は船首クリや普通にメリゴ旋回で船尾を狙うなど自然な旋回を心掛けた。その方が逆に急旋回クリを狙えるチャンスも増えた。
 最後は180度旋回からすぐに180度旋回したところ、相手の船尾が向いたので早め砲撃が決まり勝利。


 手痛い負けはしたが、急旋回クリの教訓も少しずつ得られた。
 こだわり過ぎはよくないということと、相手の速度がない場合は浅めの旋回はダメだとわかった。

 対戦後に急旋回クリマイスターのTAKASHIGEがいたので話を聞いたところ、急旋回クリの奥が深くてまだ理解できないことも多かったが、180度90度の2段階旋回をできるようになるのが第一歩ということだったので、次回は二段階旋回に挑戦しよう。

◆取組課題①「エンター砲撃」達成♪
◆取組課題②「溜め撃ち」達成♪
◆取組課題③「フェイント」50%(0%)
◆取組項目④「急旋回クリ」80%(↑5%)

<中長期課題>
 「海連打」、「白兵の受け」、「回転撃ち」、「旋回スルー」

 動画は続きから。







関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
CL (72)
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ