FC2ブログ

タイマン2018.01.22

 第13シーズン2日目。今日も主なテーマは「エンター砲撃」。

1戦目vs zankiさん
 相手は迎撃・直阻止・仕込み・破壊工作・漕船補助マルタ、砲術家、キャノ混ぜ
 こちらは迎撃・砲艦・漕船補助マルタ、砲術家、3改良カロ・2キャノ

 速度と砲撃で攻める。
 04:25の場面は、相手側に旋回しながら白兵前砲撃したところ、相手も旋回して船尾に廻られ危なかった。マルタはラレアルに比べて白兵判定が狭い気がするので、安易に白兵前砲撃に行くのも考え物でもう少し気を付けた方がいい。むしろ白兵にならないと思って船尾や選手に廻ってクリ狙いに出るぐらいの感覚の方がいいのかもしれない。
 05:00の場面の旋回もやばかったかもしれない。最終的に相手の船体の中央位置にこちらの船尾が来て白兵になっているので、相手の砲撃タイミングによっては白兵前クリになっていたか。

 白兵に入ると、迎撃のアイテム成功率の低さでなかなか撤退ができず、相手の仕込み爆弾が何度も成功してしまう。耐久的には抜ければ何とかなると思ったが、残り弾数が心配だった。
 残り弾数が少ないので抜け後に首相撲のような形で仕掛け、相手が旋回したところに船尾旋回撃ちが決まり勝利。

2戦目vsアウストリーナさん
 相手は強化砲門・焼き討ち・耐砲撃・網・水密ソレイユ、砲術家、キャノ混ぜ

 先日の対戦で近間合いでの相手の強くて早い砲撃にかなり苦労したので、今回は遠間合いで速度で攻める戦略。
 それでも中間合いでも400弱の強い砲撃を受けた。ただ、中遠間合いになると混乱が発生しても統率には余裕があるので、その点で操作圧迫は先日よりも楽になった。

 反転旋回して相手も旋回して船首を向けたところ、エンター砲撃が間に合わないかと思ったが、ギリギリ間に合って勝利。統計上は早め砲撃とする。

3戦目vsルリアンスさん
 相手は迎撃・直阻止・装甲艦・耐砲撃マルタ、士官、キャノ混ぜ

 相手は直阻止を武器に鋭い旋回で攻めてくる。直阻止を使われたのでどうしようかと思ったが、入れっぱではないのでなんとか砲撃で攻めきることにした。

 速度でこちらが先行したので、相手の船首に向けて砲撃してから旋回し、旋回撃ちが決まり勝利。
 旋回撃ちは以前は旋回してから砲撃だったが、それで最近は決まらなくなってきていた。今シーズンでエンター砲撃になってからは、砲撃してから旋回にしたところ決まるようになってきたのでよかった。
 
4戦目vsエレン・イエーガーさん
 相手は迎撃・特殊機雷・水密ゼーヴェン、稼ぎ、キャノ混ぜ

 エレンさんは艦隊戦で何度か対戦したことがあるが、与がかなり多くて強い人なので砲撃精度を警戒した。
 相手はガレーとの速度差を埋めるためにライン戦術を使ってきた。こちらは速度戦に持ち込みたいので、中央で待ってお見合いになったりした。

 相手が大旋回する際などにクリチャンスがあったようだったが、相手の回避操船がしっかりしているのでチャンスは一瞬で砲撃タイミングが間に合わない。やはり上手い人相手には読み砲撃位の早め砲撃じゃないと当たらないなと思った。

 動きとしてやはり模擬ラー的で受けタイプだったのとラインから出てこないので白兵を使うかと迷った。

 20:25の場面は、こちらの旋回に合わせて相手が読み旋回で船尾に廻ってきたのでかなり危なかった。

 最後は相手の耐久が削れてきたところので首相撲で勝負をかけ、首相撲と読み砲撃の併せ技が決まり勝利。

 「エンター砲撃」はまだ多少遅いところもあるが、概ね慣れてきた。大規模のフォームチェンジで相当時間がかかると予想していたが、思ったよりも早く達成できるかもしれない。

 取組項目に「急旋回クリ」を追加。これも元からそんなにできていなかったが、最近はほとんどできていない。速度と砲撃で攻めるならこれがないと攻め手が無くて厳しいので、「フェイント」よりも先になんとかしたい。
 
◆取組課題①「エンター砲撃」70%(↑20%)
◆取組課題②「溜め撃ち」40%(↑20%)
◆取組課題③「フェイント」0%(0%)
◆取組項目④「急旋回クリ」0%(0%)

<中長期課題>
 「海連打」、「白兵の受け」、「回転撃ち」

 動画は続きから。







関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
CL (72)
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ