BC2012.09.16

 今月のBCのテーマは抜けクリ精度。
 記録を見たら6月以来のBC参戦だった。そもそもこの練習不足がダメ。

 6戦、与7(116.7%)、被6(100.0%)、与クリ16(2.7)、被クリ23(3.8)

 攻撃面では、ほんとはキャノでの抜けクリを練習したいところだが、最近あまりにも抜けクリ精度が悪すぎたので、まず使いやすいカロでやった。抜けクリは何度か決めることができた。ただ見てクリが多かった。キャノでは見てクリだけではダメなので、ちゃんと秒数を数えることを明日はやろう。秒数の数え方もカウントダウン方式に変えてみる予定。

 防御面では、矢印旋回を試したが、正確性に欠けるという悪い面がかなり出た。逆に舵残しや、後入れ舵など、大きく旋回させたい場合は矢印旋回がよかった。クリック旋回と矢印旋回とで、それぞれの長所・短所をとらえて使い分けるのがベストのようだ。とりあえず正確性の悪さはかなり大きなデメリットに感じられたので、メインはクリック旋回に戻す。
 あと、そもそも旋回の方法以前に、またぎ旋回ができていなかった場面があった。特に複数に囲まれた時に、そうなりがちなので、囲まれた時はまたぎ旋回を強く意識するようにしよう。
 それと、舵残しできてる場面で後舵を入れると、同じ方向でも残していた舵が消えてしまうようだ。後舵を入れる前に、舵残しできていたかどうかを認識しておく必要がある。

 まとめると
 ・秒数を数えて抜けクリ
 ・クイック旋回をメインで正確さを重視、舵残しの時は矢印旋回
 ・囲まれた時はまたぎ旋回を意識
 ・舵残しで舵が残っているか認識
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ