タイマン2017.03.04①

 先週末は主に同じ商会の人と対戦していて16戦分も溜まったので順繰りに記録。

1戦目vsマドラ・モイライさん
 相手は重量・網ナポ、砲術家、キャノ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 商会員のマドラさんと対戦。
 序盤は重量で速度を落とされる。重量の対処法がなかなかないが、中盤から相手の砲撃が止むと再び速度に乗れた。
 相手は機雷を踏ませるのが上手いので、いいように踏んでしまう。 
 
 白兵に入ると、白兵値ではこちらが上回っているので白兵攻め。相手は仕込み爆弾で攻めようとするがなかなか成功せず、その間にこちらが船員を削っていく。
 相手に抜けられはしたが、船員をかなり削ったので首相撲気味に強めの追い込みをかける。
 首相撲は決まらなかったが、相手が間合いを置こうとするところに旋回撃ちが決まり勝利。

2戦目vsマドラ・モイライさん

 やはり重量で速度を落とされ、並走でも相手に先に行かれるので、受け重視で対応。
 速度戦で相手に主導権を握られ、相手から近づいてくるところで砲撃をする展開だった。

 貫通を入れてダメージアップを狙ったが、中間合いを維持され届かないので、弾道学に切り替え。
 近間合いになったので撃ち合うが、相手は砲術家で砲撃が強く、こちらが撃ち負けてしまう。
 たまらずこちらから間合いを置いて体勢を立て直す。

 相手の重量が止んだので速度に乗り、速度砲撃に出ることができた。
 相手側に急旋回した後に反転旋回し、相手が急旋回したところに読み砲撃が決まり勝利。

3戦目vs aoitan.さん
 相手は重量・迎撃ナポ、稼ぎ、カロ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 商会員のaoitan.さんと初対戦。
 
 相手は重量で5カロなのでかなり速度を落とされ、遠間合いを維持される。

 白兵に入ると、相手は迎撃だが防御値は500台だったため白兵で攻めようとするが、相手の仕込み爆弾が成功してしまいこちらから撤退。
 抜け後も急旋回でクリを狙ってきたり、速度戦でも急旋回クリ狙いもしてくるなど、攻めが鋭かった。

 ナポは装甲が薄いのが弱点だが、丁度キャノのダメージが出ない間合いを維持されるため、砲撃ダメージが通らなかった。
 白兵ではこちらが優勢なので、白兵で崩してからチャンスを狙おうとするが、あと一歩で抜けられた後、こちらの追い込みが緩手だったのもあるが、あっという間に船員を回復されてしまう。

 近間合いの砲撃戦ではダメージで撃ち勝ったが、相手から白兵前砲撃をされ、仕込み爆弾がまた決まり拿捕寸前のところをなんとか撤退。

 体勢を立て直した後は、速度に乗って旋回撃ちを狙うが、ギリギリのところでクリを回避されて当たらない。
 砲撃戦では、ダメージではこちらが上だが、速度は向こうが上なので、主導権は相手に握られている感覚だった。
 抜け後に少し首相撲を仕掛けてみるが、この対戦の前にaoitan.さんとトシキさんが戦っているのを観戦していて、相手が首相撲が上手いのはわかったので深追いは辞めた。

 攻め手がなかなかないため、混白狙いに出ることにした。並走からお互いに速度に乗り、相手がこちらの船首クリを狙ってきているので、またぎ旋回で白兵前砲撃から混白を獲りに行こうとしたところ、またぐのが遅れて船首クリを喰らい敗北。
 第8シーズンに入ってからこの形の負け方が多い気がする。またぐつもりでまたげず、船首クリを喰らう。もうワンテンポ早くまたごう。

 aoitan.さんは、重量砲撃からの急旋回クリ狙いと首相撲が攻め手のたまはらさんタイプの強い相手で、また強敵が現れたというのが感想だった。

4戦目vsトシキさん
 相手は重量・迎撃・強化砲門アサフリ、砲術家、キャノ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 1敗したので今日は打ち止めとするのが賢明だが、やはり負けて悔しいので引き続きタイマン。
 ローレンスで来るかと思ったがアサフリだった。やはりアサフリは速い。こちらは漕ぎ錬成しているが、あまり速度負けしていない感じだった。
 
 白兵に入ると相手は迎撃で防御値は500台。白兵で攻めるが白煙弾で対処され、なかなか攻めきれない。
 抜け後は首相撲を仕掛けるつもりはなかったが、アサフリの船首に引っかかって首相撲を仕掛けられてしまう。アサフリの船首は長いので気を付けよう。

 フェイントクリをしてみるが成功しない。ずっとフェイントクリが決まらない。何かがおかしいのか。

 終盤の白兵であと一歩まで追い込んだ後、抜け後の首相撲で相手のアサフリの長い船首で船を止められて驚いた。なんとか回避操船して頭クリを回避する。
 その後の至近距離での撃ち合いで、相手が旋回した直後にこちらが撃った砲撃で望外の混白を獲ることができ、そのまま混白拿捕で勝利。
 
5戦目vs aoitan.さん

 先ほどの対戦同様、重量で速度を落とされる。また、中遠間合いを維持されて、こちらの砲撃ダメージがなかなか通らない。

 白兵に入ると、相手は迎撃で防御値が高いが、少しでも白兵で圧迫するために、戦術などで白兵値を上げる前に早めに突撃で攻めた。
 近距離での撃ち合い、白兵前砲撃ではこちらが主導権を握って攻めることができた。

 こちらが攻めることができているので、首相撲も仕掛けたが、首相撲は相手の方が一枚も二枚も上手なので、抜け後はこちらから首相撲をせずに、むしろ相手の首相撲を警戒することにした。

 間合いの関係もあり、3戦目よりは自分のペースで戦うことができた。
 先ほどは船首クリで負けているので、相手からの船首クリには十分注意した。

 白兵では押すことができていたが、終盤の白兵では銃撃vs戦術カウンターを2回喰らってしまう。白兵値で逆転されてしまったので、戦術錬成で行動力削りに出ることにした。
 抜けられた後は、ここが勝負どころと考えて、首相撲を絡めて砲撃で追い込みをかけた。行動力削りと船員削りが効いて、相手は外科・修理圧迫となり、修理が追い付かず横砲撃で勝利。

 「早め回避操船」は95%まで行っていたのに達成できず逆戻りとなってしまった。同じ負けパターンで身に染みたので、今後は船首クリを喰らわないように、もうワンテンポ早くまたぎ旋回しよう。

 取組項目②:「攻める時も防御意識を保つ」95%(↑10%)
 取組項目③:「多様な攻め」90%(↑10%)
 取組項目④:「早め回避旋回」85%(↓10%)
 取組項目⑦:「白兵読み」95%
 取組項目⑧:「逆旋回しない」25%

 動画は続きから。








関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ