タイマン2017.02.19①

 今日もメインテーマは「積極的に攻める」。先日はいい感じだったので、なんとか今日も上手くいけば形になる。

1戦目vsトシキさん
 相手は迎撃・耐砲撃オスガレ、砲術家、キャノン
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 相手は復帰したとのことで、かなり久しぶりの対戦。
 以前の戦い方の詳細は覚えていないが、1年ぐらい前の白兵前クリ2連敗のトシキさんショックは覚えているので、白兵前の旋回に気を付けることにした。

 開幕直後に近間合いの砲撃戦。相手は砲術家だったので砲撃は強いと予想していたが、500ダメージと予想以上に痛かったため、たまらず連弾を入れる。これで漕船を入れられなくなったので、速度に乗ることができなくなった。

 白兵に入ると、相手は迎撃。火炎壷で火災を発生させてから仕込み爆弾をしてみたが成功しなかった。

 抜け後に首相撲を仕掛けたが、こちらの方が頭クリが危ない場面が2度あった。漕船を入れておらず速度に乗れないことも影響しているのか。首相撲を仕掛ける時は漕船を入れた方がいいのかもしれない。

 相手は耐砲撃がついていたが、こちらの強い砲撃は通用した。相手の強い砲撃は連弾を入れてからダメージが半減したので、速度以外はこちらのペースで戦うことができた。

 白兵でも迎撃に対して白兵読みが当たり、徐々に白兵値に差が付いて白兵拿捕で勝利。

2戦目vsトシキさん
 相手は迎撃・耐砲撃オスガレ、砲術家、キャノ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ
   
 相手は大砲をキャノ混ぜに変えてきた。混ぜでも400超のダメージでかなり痛い。
 浸水したままの場面も何度かあった。砲術家相手やキャノ相手の時は浸水させられやすいので、浸水に気を付けよう。

 前半は、白兵押しから抜け後の砲撃の追い込みでこちらが主導権を握ることができたが、凌ぎ切られてしまった。

 後半は白兵でも白煙弾で対処されたり、銃撃主体の攻めを読まれて銃撃vs戦術カウンターを喰らってしまう。白兵値にまだ差が開いていなかったので突撃が少なかったが、船員削り目的ではなく相手の戦術封じのために突撃を見せておいた方がいいとわかった。
 白兵で攻めあぐねている間に、相手の仕込み爆弾が成功する。仕込み爆弾の後、壷で押されて耐久が危なくなり、こちらから撤退する場面が2度あった。こちらの仕込み爆弾はなかなか成功しないのに何故なのか。。。 

 白兵前クリを警戒し過ぎて、混白を獲れなかったし、白兵前砲撃もなかなかできなかった。白兵前クリを警戒するのはいいが、だから攻めれないのではなく、慎重に対処して攻めるべきだった。

 最後は抜け後に首相撲を仕掛け、船首クリが決まり勝利。

 白兵前クリを警戒し過ぎて白兵前砲撃に行けなかったのは反省点だが、全体的には首相撲を含めて攻めることはだいぶできた。


 取組項目①:「積極的に攻める」60%(↑10%)
 取組項目②:「攻める時も防御意識を保つ」30%(↑10%)
 取組項目③:「多様な攻め」40%
 取組項目④:「早め回避旋回」30%(↑10%)
 取組項目⑤:「早め砲撃」95%
 取組項目⑦:「白兵読み」75%(↑5%)
 取組項目⑧:「逆旋回しない」50%

 動画は続きから。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ