タイマン2017.02.17

 今日のテーマは「積極的に攻める」=「勇気を出して攻める」。昨日のマドラさん戦があまりにも不甲斐ない内容だったので、勇気を出して攻める練習をするため、ミラさんに練習相手をしてもらった。練習なので負けても大丈夫と自分に言い聞かせて挑戦したところ、1度は負けたが、攻めて勝つこともでき、少しは勇気を出して攻めることができた。その後は練習ではなく本番で戦った。

1戦目vsかりん☆さん
 相手は迎撃・司令塔・強化砲門アサフリ、砲術家、キャノン
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 開幕直後に相手の船の耐久をチェックすると1434とかなり高い。まずは耐久削りを狙って水弾貫にしたが、相手の船が速く遠間合いを維持されてしまい、ダメージを出すことができなかった。
 白兵抜け後に機雷で攻めるために、接弦を入れて白兵に行くことにした。
 
 白兵に入ると、白兵で攻める予定ではなかったが、行動力削り狙いで戦術をしている間に相手の船員がかなり削れてきた。白兵攻めに方針変更し、突撃で攻めきり白兵拿捕で勝利。

2戦目vsミラ・フィナーシェさん
 相手は先制・司令塔・網ラレアル、フィリ、3改良カロ・2キャノ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 いよいよ本番。ここで勇気を出して攻めることができるか。とりわけ好敵手で何度も戦っているミラさんは、こちらの攻める旋回を読んで迎撃の反転旋回で船首に廻ってくるし、首相撲も上手いので、中間合いでも近間合いでも攻めるには一番怖い相手。

 序盤は遠間合いの立ち上がり。速度に乗って攻めようとするが、相手の方が速度が上で船首に廻られる。とにかく攻めようと思い、リスクの高いトリッキーフェイントもやってみた。

 白兵に入ると、攻撃値は相手が上で、防御値はこちらが上。何度も白兵をするが、突撃vs防御カウンターや銃撃vs戦術カウンターを何度も喰らい、白兵全体は負けだった。銃撃vs戦術カウンターは致命傷なので、銃撃はもっと慎重にしよう。

 抜け後は、相手の土俵である首相撲に対して、いつもなら受けで防御を重視するところだが、今日はこちらも攻める形で対処した。かなり怖かったが、こちらも攻めているので相手にプレッシャーを与えることはできた。

 中盤で相手から急旋回クリで大ダメージを喰らいやばかった。こちらの船が先行している場面だったので、急旋回クリを警戒して読むべきだった。回避旋回をしたが間に合わず被クリになった。縮帆旋回を復活させるか。

 こちらも急旋回クリ狙いで攻めることができたのはよかった。
 最後は急旋回クリ狙いから、相手が反転したところに旋回撃ちと読み砲撃の併せ技が決まり勝利。

 今日は何度か旋回を繰り返して攻めたところいい感じだった。相手も回避旋回をする事を考えると1回の旋回でクリを決めるのは難しいので、二の矢、三の矢の攻めをするようにしよう。
 昨日のマドラさん戦と同様に20分強の長期戦になったが、今回は攻めた結果なのでよかった。

3戦目vsアリス・テレジアさん
 相手は迎撃・強化砲門オスガレ、砲術家、カロ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 アリスさんショックを克服するべく、今日の最後はアリスさんと対戦。
 
 相手の砲撃が強い上に回転数も早いので、その強い砲撃に対しては回避を入れて対処してみた。
 序盤は相手を崩すために、相手は迎撃ではあるが、白兵で攻めることにした。

 白兵に入ると迎撃で防御値が高くなかなか攻めることができないので、迎撃対策として仕込み爆弾で攻めてみた。しかし、全然成功しなかった。やっぱり仕込み爆弾はダメなのか。仕込み爆弾の前に、ラピュセルを使うか、壷で火災を発生させるとかもう一工夫してみよう。
 前回の終盤は白兵で押せたので、今回も白兵に入って船員を削って相手を崩す戦略だったのに、仕込みにこだわり過ぎて逆にこちらの船員を削られてしまった。

 中盤の砲撃戦では、漕船を切って回避を入れて受けに廻り、相手が白兵前砲撃してきたところに迎撃の砲撃で混白狙いをしようとしたが、相手から白兵前砲撃には来なかった。ここで「攻める」気持ちを思い出し、回避を切って漕船を入れて、こちらから攻めて白兵前砲撃に行った。白兵前砲撃からの壷攻めで攻めることができ、徐々にこちらが主導権を握れるようにすることができたのはよかった。

 最後はこちらから攻めて白兵に入り、抜け後に首相撲を仕掛け、相手の船尾が向いたところにクリが決まり勝利。攻めた結果、勝てたので嬉しい勝ちだった。

 「積極的に攻める」ということができたのはとてもよかった。対戦後にアリス・テレジアさんと話をしていて、私は自分が受け型だと思っているが、相手にはガンガン攻めるタイプとのことだった。攻撃型の第7シーズンの反動で、今の第8シーズンは受け型に戻そうとして迷走中だが、第6シーズンまでは受け型でありつつ、もう少し攻めていたのかもしれない。今日の感じは良かったので、次回も積極的に攻めよう。

 カロキャノでも「速度に乗る」ことはできるようになってきたので、取組項目「速度に乗る」は達成したことにしよう。

 取組項目①:「積極的に攻める」50%(↑↑25%)
 取組項目②:「攻める時も防御意識を保つ」20%
 取組項目③:「多様な攻め」40%(↑10%)
 取組項目④:「早め回避旋回」20%
 取組項目⑤:「早め砲撃」95%
 取組項目⑥:「速度に乗る」100%(↑5%)
 取組項目⑦:「白兵読み」70%(↓5%)
 取組項目⑧:「逆旋回しない」50%

 動画は続きから。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:☆ちゃぷちゃぷ団☆

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ