タイマン2017.02.07②

2戦目vsぺくれなさん
 相手は仕込み・網オスガレ、士官、ヴォル混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3変性シュミネ、2キャノ

 こちらの大砲は1戦目がシュミネにカロ混ぜであまりダメージが出なかったので、シュミネにキャノ混ぜにした。
 相手も大砲をヴォル・シュミネ混ぜからキャノ・シュミネ混ぜに変更していた。

 白兵に入ると、白兵攻撃値・防御値・船員数ともほぼ同じ。
 1回目の白兵は、白兵値勝負は互角だったが、戦術vs突撃カウンターを2度喰らって船員数で追い込まれたため、撤退。
 1戦目の対戦で、突撃を控え戦術メインにした攻め方を早くも読まれたわけだが、対戦時はその認識が無かった。
 
 2回目の白兵。開幕の白煙弾失敗の後、突撃vs戦術カウンターを決めて優勢を獲った。しかし、その後に安易に銃撃を使ったところ、銃撃vs戦術カウンターを喰らい、一気に相手が逆転。
 白兵値でかなりの差をつけられたので、煙玉で撤退しようとするが、相手の突撃妨害で成功せず、そのまま白兵拿捕で敗北。

 相手が突撃連打でこちらの煙玉が失敗続きの時に、防御を1回入れようかと思ったが、煙玉なら大丈夫だろうと過信し過ぎていた。
 また、アイテム空振りもあった。アイテム入力はギリギリの方が成功するという自分のジンクスがあってギリギリに入れているが、最近はアイテム空振りが多いので、根拠のないジンクスより確実性を重視して今後は早めにアイテム入力することにする。


 直接的な敗因は相手の妨害運がよかったことだが、銃撃vs戦術カウンターで白兵値が差がついたために、突撃妨害でも20人削られてしまったので、実質的な敗因は銃撃vs戦術カウンター。
 問題はあの場面での銃撃に意味や意図があったわけではなく、ただなんとなく銃撃を選択したということ。


3戦目vsぺくれなさん
 相手は仕込み・網オスガレ、士官、ヴォル混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3変性シュミネ、2キャノ

 リベンジで再戦。
 こちらはシュミネ・キャノ混ぜのまま。相手はカロ・キャノ混ぜに変更していた。

 開幕直後の砲撃戦で相手に頭クリを決めるが、シュミネ・キャノ混ぜでキャノの装填が間に合っておらずシュミネだけの砲撃となったため落としきれなかった。もうシュミネ・キャノ混ぜは辞める。

 頭クリを入れた直後に白兵に入ったので、落としきれなかったものの壷押しのチャンスだったが、ここでもまた安直に銃撃を使い、銃撃vs戦術カウンターを喰らって、主導権を相手に持っていかれてしまった。「優勢時は銃撃を使わない」という失敗はこれまでに何度もしていて、先ほどの対戦でも同じ原因で負けているのに、また同じ失敗をしている。
 かなり白兵で追い込まれ、またこのまままけるのかと思ったが、なんとか抜けることができた。

 2回目の白兵は、戦術主体で攻めてこちらが攻め込むことができたが、相手に抜けられる。
 相手が船員を回復しきる前に3回目の白兵に入るが、すぐに抜けられてしまう。

 4回目の白兵に入る。1回目と2回目の白兵で1勝1敗だが、船員数に差が出て白兵攻撃値でこちらが劣る白兵値となった。開幕で突撃vs防御カウンターを喰らってしまう。その後、突撃vs戦術カウンターでこちらもカウンターを決めた後、終盤で船員数では負けているが戦術vs銃撃カウンターを決めて白兵値では逆転。しかし、その後、また突撃vs防御カウンターを決められてしまう。白兵値では勝っているので攻め続けたが、船員数がかなりヤバかったのでこちらから撤退。

 5回目の白兵は開幕で銃撃vs戦術カウンターを2連続で喰らい万事休す。この銃撃も意図があったわけではないが、相手の戦術は、4回目の白兵でこちらが突撃カウンターを喰らった後なので、突撃はないと読んだ上での戦術だと思う。

 6回目の白兵は、戦術連打で戦術vs銃撃カウンターを2連続で決めて、今度はこちらが大優勢となるが、こちらが白兵値を上げきり、これから突撃で攻めようという段階で、相手に抜けられてしまう。

 7回目の白兵は、白煙弾で対処した後、船員数と攻撃値で負けているので早めに抜けた。

 8回目の白兵も白煙弾が成功するものの、この時点では徐々に船員数と白兵値の差が開いていっており、白兵は劣勢で受けになっていた。
 白兵ではこちらが劣勢なので砲撃で攻めようとするが、相手も状況を踏まえて煙幕弾防御で砲撃をシャットアウトしているので、砲撃でも攻めあぐねる。

 9回目の白兵では、突撃合戦のあと、私にしては珍しく防御を入れたが、それまで突撃を続けてきた相手にピンポイントで読まれて防御vs銃撃カウンターを喰らう。

 終盤はなんとかしようと思って、抜け後に首相撲を仕掛けるが、首相撲自体が下手なのでうまくいかない。最後は無理目の首相撲が失敗し、頭クリを喰らい敗北。

 首相撲失敗の砲撃負けだが、全体の内容としては白兵負けなので、統計上は白兵拿捕負けにカウントする。


 最近は、装備値と煙玉で白兵読みが疎かになっていたが、今回の敗戦で白兵読みの重要性を痛感した。
 対戦後にぺくれなさんと話をしたが、銃撃を使うのは慎重とのこと。今回の敗戦は銃撃vs戦術カウンターを喰らったのが大きい。だからと言って、これから銃撃は使うのを辞めるというわけにはいかず、これからも銃撃を使う必要があるが、そのためにはしっかり「白兵読み」をすること。
 あとは、私は「防御」を使えていないが、これも相手が突撃をするかどうか「白兵読み」ができていないことが原因なので、白兵読みをしたうえで防御も使えるようにしよう。

 動画は続きから。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:☆ちゃぷちゃぷ団☆

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ