タイマン2017.02.05

 今日は攻めすぎて2敗した。

1戦目vs明日蘭さん
 相手は直阻止・迎撃・強化衝角オスガレ、稼ぎ、ヴォルカン
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、変性シュミネ

 久しぶりの対戦。
 白兵に入ると、相手は迎撃で、かつ、こちらの攻撃値も先制相殺されていた。
 戦術で白兵値を上げ、そのまま白兵拿捕で勝利。

2戦目vs明日蘭さん

 遠間合いの速度戦。相手は直阻止でラムアタックに来るので、ラムアタックを避けつつ砲撃で耐久削り狙い。

 再び白兵に入ったので、今度は銃撃を主体に攻めた。
 白兵でかなり攻め込んだので、抜け後の追い込みで、クリ狙いのために2度目の旋回を早めにして、相手の船尾に廻ろうとしたところ、旋回が急すぎて相手に頭を向けてしまい、頭クリを喰らって敗北。

 首相撲の達人の明日蘭さんに首相撲気味に仕掛けたのはダメだった。先日のミラさん戦の敗戦もそうだが、首相撲が上手い人はその返し方も知っているので、首相撲の上手い人相手に首相撲を仕掛けるのは控えよう。

 敗因としては、首相撲で負けたというより切り込み旋回で負けたのに似ているので、統計上の敗因は「切り込み旋回」にカウントする。

3戦目vs明日蘭さん
 相手は直阻止・迎撃・強化衝角オスガレ、稼ぎ、シュミネ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、変性シュミネ

 相手は大砲を変えてきた。
 相手の耐久が1400と高いので耐久削りを狙うが、砲撃は今一つダメージが通らない。専用OPで強化衝角を付けているので機雷で攻めたが、オスガレなのでOPで除去が付いていて、機雷でも削れない。

 相手は直阻止でラムアタックに来て1200オーバーや1000前後の大ダメージを何度も喰らう。カンツさんはリスク覚悟で直阻止無しでラムアタックに来るのでこちらも砲撃で返しているが、直阻止ラムアタックは相手にリスク無しなのでセオリー通り接弦で対処することにしよう。

 遠間合いの速度戦で砲撃を繰り返すが、相手の直阻止がやっかいだった。今日はフェイントクリをすることがテーマだったが、フェイントクリは速度で上回っての船首クリを見せないと成立しないので、船首クリを直阻止で防がれてはフェイントクリもできなかった。

 白兵も今度は攻め込む前に相手に抜けられてしまう。13:40のところは抜け後の首相撲で船首クリチャンスがあったが、砲撃タイミングが合わずにクリを決めることができなかった。このあたりがまだダメだ。

 長期戦になり残り弾数も尽きかけたが、最後は白兵拿捕で勝利。

4戦目vsアリス・テレジアさん
 相手は迎撃・重量・投錨機雷・耐砲撃ナポガレ、砲術家、カロ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、変性シュミネ

 久しぶりの対戦。

 中間合いの砲撃戦で立ち上がり。
 相手は急旋回で船尾を向くことがあったので、クリが決まったかと思った場面が何度かあったが、決まらない。やはり、まだ砲撃タイミングがが遅い。

 今度は相手が急旋回し出したと同時に撃ったところ、読み砲撃が決まり勝利。

5戦目vsアリス・テレジアさん

 シュミネなので、速度砲撃主体で攻めたいが、全カロの重量と投錨機雷で、速度をかなり殺される。
 速度に乗れないので、急旋回クリ狙いやフェイントクリ狙いもなかなかできなかった。

 また、相手は砲撃屋なので、前回は白兵で攻めて勝利したが、今回は迎撃で白兵もしっかり対処してきた。
 白兵は一進一退の攻防。

 04:05のところは抜け後に絶好のクリチャンスがあり、決まったと思ったが、これも当たらなかった。これで負けフラグが立ったとは思ったが、最近は負けフラグの認識を活かせていない。

 その後は中間合いの砲撃戦。急旋回クリ狙いに出たいが、投錨機雷を踏むとピタッと止まるので、なかなか急旋回もできない。
 近間合いでは、砲術家の相手の方がダメージが上で、撃ち負ける。

 最後はお互いに速度に乗って近づいていき、速度で上回って船首を獲った方が勝ちという形になるが、こちらが頭クリを決められ敗北。最後の海連打はタイミングが遅い。いずれにしても、この形はどちらが先になるか五分五分なので、劣勢で逆転を狙う時以外はこの形はやめよう。

6戦目vsアリス・テレジアさん

 今度は多めの急旋回クリ狙いをして、クリチャンスがあるが、やっぱり砲撃タイミングが遅いのか当たらない。
 
 02:25のところは、抜け後に相手側に旋回して、慌てて「逆旋回」して頭クリを喰らう。相手側への旋回の丁寧さが足りないのと「逆旋回」の悪い癖は治らない。

 03:45のところは、やっと今日初めてフェイントクリ狙いに出ていい形になったが、これも砲撃タイミングが遅くて当たらない。これだけ当たらないということは、自分が思っているよりワンテンポ早く撃った方がいいのか。相手も回避操船をしているわけなので、相手が旋回する前に撃たないといけない。

 お互いに速度に乗った中間合いの砲撃戦を繰り返す。
 最後はライン際で相手側に旋回したところ、相手も旋回しだしたので頭クリがヤバいと思ったが、なんとか回避旋回が間に合い、相手の船尾が向いたところに早め砲撃が決まり勝利。


 
 今日の敗戦は、どちらも攻め過ぎたためだった。もっと言うと、こちらが攻めるイメージが先行して、防御意識が欠けていた。
 明日蘭さん戦の敗戦は白兵抜け後の追い込みだったから、こちらが攻めるという感覚で相手の反撃の意識が薄かった。
 アリス・テレジアさん戦の敗戦も、こちらが速度で上回って船首を獲るイメージだったので、船首を獲られるということへの危機意識が弱かった。
 「攻める時も防御意識を保つ」は減点。追い込みなど攻める際も防御意識を保つように心掛けよう。

 「早め砲撃」も先日はよくなったが、今日はまた元に戻ったかのようにダメだった。もっと「読み砲撃」の意識を強く持とう。

 「速度に乗る」は、シュミネでだいぶよくなったので、あとはカロキャノに戻した時に同じように速度に乗れるかどうか。アリス・テレジアさんとの速度戦は楽しかった。私はこういう戦い方が合ってるし好きなので、しばらくはシュミネで速度に乗った戦い方を続けよう。
 
 
 取組項目①:「積極的に攻める」60%
 取組項目②:「攻める時も防御意識を保つ」35%(↓15%)
 取組項目③:「多様な攻め」60%
 取組項目④:「早め回避旋回」50%
 取組項目⑤:「早め砲撃」70%(↓10%)
 取組項目⑥:「速度に乗る」95%(↑5%)

 動画は続きから。
 










関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ