タイマン2017.02.03②

5戦目vsぺくれなさん
 相手は重量・網ナポガレ、士官、カロ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、変性シュミネ

 先ほどの対戦で白兵攻撃値で負けていたので、対戦後にぺくれなさんと話をしていて、装備見直しのヒントを得ることができた。
 元の人物装備値は100愚者とミョルニルで攻撃330、防御490だったが、ぺくれなさんの構成を真似してドゥクスグローブとアポートロス・アミナにしたら、攻撃346、防御491となり、攻撃値を16アップさせることができた♪

 さっそく、ぺくれなさんと再戦。
 00:45のところは、相手が急旋回して攻めてきたが、こちらが逆旋回をしてしまい船尾クリが非常に危なかった。

 白兵に入ると、6の差ではあるが攻撃値がアップしていた。今度は白兵値ではほぼ同じでわずかにこちらが上。
 なので、今度は互角かこちらが優勢に攻めれるはずと思いきや、そこは白兵屋のぺくれなさんが相手なので、負けまくった。4戦目は突撃vs戦術カウンターが何度か決まったので、今回も突撃主体で攻めたところ、今度は相手に防御カウンターを軸に何度も何度もカウンターをやられてしまう。
 中盤の白兵では、開幕2連続でカウンターを決められてしまう。白兵値がほぼ同じで、これだけ白兵で負けるということは、完全に実力負け。煙玉を多用して撤退。
 ぺくれなさんは白兵読みを重要視しているとのことで、実際に白兵カウンターの頻度がかなり多い。こちらが白兵で優勢となり突撃しそうなところなので、相手の防御を警戒してこちらが銃撃をすると、戦術カウンターをやられてしまう。単純に白兵じゃんけんだけ考えればありうる手だが、実際は船員数や白兵値も影響しており、状況的にはこちらが突撃する可能性が高い場面で、自分の読みを信じて勇気を持って戦術を使ってくるところは本当にすごいと思う。

 砲撃戦でも、煙幕弾防御でダメージが出ないうえに、重量で速度を殺されるので、砲撃戦も攻めあぐねて苦戦した。 
 09:50のところでも、また逆旋回で被クリが危なかった。

 突撃でカウンターを何度も喰らっているので、銃撃主体で攻めることにした。戦術vs銃撃カウンターを決めてやったと思った直後に、銃撃vs戦術カウンターで追いつかれた時はやられたと思ったが、銃撃で徐々に相手の白兵値を下げていくことに成功した。終盤の追い込みの場面は通常であれば突撃で攻めるところだが、防御カウンターを警戒しとにかく銃撃で攻め、白兵拿捕で勝利。
 白兵の実力では負けたが、煙玉を多用して勝てた。

6戦目vsメルシィーさん
 相手は迎撃・重量ナポガレ、砲術家、カロ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、変性シュミネ

 相手はカロの比率が多そうなカロ混ぜの重量なので、速度をかなり落とされた。
 ただ、相手の装甲は薄いようで中間合いでも300台のダメージが出たので、その点では自分のペースで戦うことができた。

 中間合いの速度戦で攻め合うが、ライン際の方に引き寄せられる。
 クリが当たりそうな場面も何度かあったが当たらなかった。まだ少し砲撃タイミングが合っていない。ただ、今日の前半のオサムさん戦での読み砲撃や先日の旋回撃ちの成功があったので、先月までと違って焦りはそれほど無くなってきた。

 最後は中間合いの旋回撃ちが決まり勝利。シュミネだからこそ落とすことができた。

7戦目vs海☆音さん
 相手は迎撃・司令塔ラレアル、稼ぎ、キャノン
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、変性シュミネ

 開幕直後にすれ違いざまに旋回しながら撃ったところ、クリ判定となり勝利。
 撃ったときもクリになるとは全く思っていなかったし、動画を見直してもクリが当たってるようには見えない。

8戦目vs海☆音さん

 当然、連で再戦。
 
 中間合いから速度砲撃で攻める。相手の回避旋回が丁寧で、それを追うこちらの旋回も多くなり、なかなか速度に乗れない。

 砲撃戦では、中間合いでも強いダメージを与えることができたが、近間合いでは相手のキャノン砲撃で550ぐらいの大ダメージを喰らうので漕船を切って連弾を入れざるを得なかった。それもあって序盤は速度には乗り切れなかった。

 クリチャンスはあったが、やはり少し砲撃タイミングが合わないのと、相手の回避操船がしっかりしているので当たらなかった。

 白兵戦では、相手は迎撃だが攻めきれないことはなかったので、こちらが主導権を握って攻めることができた。さすがに迎撃なので拿捕までは遠かったが、外科圧迫にはなった。

 この対戦でも、抜け後の追い込みで弾道学を入れるつもりが速射になってしまった。緩手になって、落とせるときに落としきれないのは負けに繋がるので気を付けよう。

 全体的に優勢に戦うことができたが、なかなか勝つことができなかった。フェイントクリに行こうとしたが怖くてできなかった。第7シーズンで攻めの旋回にカウンターでやられたトラウマをひきづっていて、第8シーズンになってからフェイントクリができなくなっている。
 相手の耐久は底まで削れたが、削り過ぎたので壷攻めはやりづらくなった。もう少し早い段階で白兵前砲撃からの壷攻めに行った方がよかった。
 最後は外科圧迫と修理圧迫から、横砲撃で勝利。
 勝つには勝ったが、フェイントクリができないなど攻撃がワンパターンで、攻めの多用さが欠けていた。


 今日全体としては、シュミネに変えて「速度に乗る」はかなりできたし、「早め砲撃」も「読み砲撃」を意識することによってよくなった。「早め砲撃」はあと少しであるし、あとは「早め回避旋回」に目途を付けたいところ。それと次回はフェイントクリを取り戻したい。
 いずれいしても、今後を占う正念場の日にいい形を造れたのはよかった♪

 取組項目①:「積極的に攻める」60%(→)
 取組項目②:「攻める時も防御意識を保つ」50%(→)
 取組項目③:「多様な攻め」60%(↓5%)
 取組項目④:「早め回避旋回」50%(→)
 取組項目⑤:「早め砲撃」80%(↑15%)
 取組項目⑥:「速度に乗る」
90%(↑20%)

 動画は続きから。






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:☆ちゃぷちゃぷ団☆

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ