砲撃♪オスガレ造船

<コンセプト>
 砲撃特化

<OPスキル>
 強化砲門
 機雷除去
 白兵戦迎撃

<専用スキル>
 耐砲撃装甲 

<旋回値、装甲値等>
 耐久:MAX
 帆:縦横MAX
 旋回:23
 装甲:39(49)
 船室:258
 減量:マイナス23.99%

<グレードボーナス>
 スキル継承(白兵戦迎撃)
 耐久強化

<船型式>
 高速戦闘船
 砲撃♪オスガレ① 砲撃♪オスガレ②

 縦帆で2回失敗を引いたので減量を23.99%に留めて調整した。

 検討内容は続きから。

続きを読む

関連記事

タイマン2016.12.03

 ずっと女帝が引けずにいたが、月が変わってやっと女帝を引いて部品が治ったので、 砲術家で新船のオスガレで数日振りにタイマン。


1戦目vsかりん☆さん
 相手は迎撃・司令塔・網ソレイユ、砲術家、キャノ混ぜ
 こちらは迎撃・強化砲門・耐砲撃オスガレ、砲術家、3改良カロ2キャノ

 前回は重量ナポの対戦で相手の速度を落とすことができたが、今回はそうではないのと新船ということもあり、切り込み旋回はあまりせずに慎重に戦った。

 序盤はメリゴで旋回が多かったので速度に乗ることはできなかったが、前回のオスガレで感じた遅さは新船では感じなかった。迎撃も高い防御値を確認できた。これで攻撃値を高くする必要もなくなったので、兵装は重装ではなくスパンカに変えてみよう。

 中盤からは間合いを置いて速度に乗る。急旋回クリ狙いに出るが、砲撃タイミングが合わずにクリを決めることができなかった。
 最後はフェイントクリが決まり勝利。

2戦目vs撥無双さん
 相手は先制・司令塔・特殊衝角ラレアル、大提督、キャノ混ぜ
 こちらは迎撃・強化砲門・耐砲撃オスガレ、砲術家、3改良カロ2キャノ

 相手のラムを喰らって大浸水した。相手がラムだということは認識していたが強化衝角OPだと勘違いしていたので、対戦中は強いラムアタックを喰らうと浸水するのかなと思っていた。それにしては桶でも治らないからおかしいとは思っていたが、後から気づいたが特殊衝角OPだった。
 浸水しているせいもあり、今一つ速度に乗りきれない。

 また相手側に旋回すると、旋回し過ぎて頭クリが危ない場面が何度もあった。

 最後は相手がラムアタックに来たので相手側に旋回したが、ラムアタック+急旋回クリを見事に決められ敗北。
 これは完敗だった。

3戦目vs撥無双さん

 再戦。
 序盤は何度か急旋回クリ狙いでクリのチャンスがあったが、砲撃タイミングが遅くクリを決めることができなかった。

 この対戦でも相手は反転旋回などで攻めが厳しく、またこちらは旋回し過ぎて頭クリが危ないことが多かった。

 相手がラムアタックに来るところを読み旋回で攻めようとしたが、うまくいかない。

 首相撲はしばらくしないつもりだったが、首相撲の形となってしまい、回避旋回するものの逆旋回で旋回が遅れ、クリを決められ敗北。

4戦目vsリリィ・ハーツさん
 相手は迎撃・司令塔・強化衝角ラレアル、稼ぎ、カロ
 こちらは迎撃・強化砲門・耐砲撃オスガレ、砲術家、3改良カロ2キャノ

 旋回し過ぎることが続いたので、強化フルを2枚から4枚に変更した。旋回値を下げたせいか、今度は旋回が鈍い感じがした。

 強化砲門の威力が感じられないので水弾貫で攻めようとしたが、相手が速度に乗って中間合いを維持され、貫通までは入れることができなかった。

 並走では速度で相手に負ける場面があった。

 急旋回クリ狙いで旋回した後の伸びがナポガレよりもない気がする。

 最後は相手がラムアタックに来てラムバリアで白兵にならずに相手が飛ばされたところに、早め砲撃が決まり勝利。

5戦目vsはれ汰さん
 相手は先制・特殊船尾楼・耐砲撃ラモ、稼ぎ、カロ
 こちらは迎撃・強化砲門・耐砲撃オスガレ、砲術家、3改良カロ2キャノ

 初対戦。
 相手はガレー船がラモしかないとのことで、タイマンには乗り気ではなかったようだったが相手をしてくれた。

 帆は強化フル2枚に戻した。
 相手は漕ぎ錬成はまだなのか、速度ではこちらが上回ることができた。
 
 相手の機雷で200ダメージを喰らったので教導書を使っていたようで、接近戦で機雷を続けて踏むとかなり耐久が減った。

 旋回で船尾を向けてしまいクリが危ない場面があった。

 最後は接近戦で相手が急旋回してきたところに読み砲撃が決まり勝利。

 ナポガレに迎撃を付与した方がいいかな。

 動画は続きから。

続きを読む

関連記事

タイマン2016.12.04

 今日もラスパでタイマン。

1戦目vsミラ・フィナーシェさん
 相手は先制・司令塔・網・耐砲撃ラレアル、フィリ、キャノ混ぜ
 こちらは迎撃・強化砲門・耐砲撃オスガレ、砲術家、3改良カロ・2キャノ

 兵装を重装×2からスパンカ×2に変更した。並走でもラレアルと同じぐらいの速度を出すことができた。

 両者ともにライン際に向かって並走し、ライン際が近づいてきたところで相手側に急旋回したところ、相手もこちらに急旋回してきて、期せずして「読み旋回」の形となった。急に絶好のクリ位置になったので慌てて撃ったが、なんとか間に合いクリが決まり勝利。

2戦目vsミラ・フィナーシェさん

 連で再戦。

 相手が漕ぎを切っていたのかはわからないが、今度は並走で相手よりも速度で上回ることができた。
 ナポガレは縦帆数値が高く、オスガレは横帆数値が高い。未だに縦帆と横帆の効果の違いがよくわからないが、なんとなく感覚としては、オスガレは速度に乗った後の加速はいいが、初速から速度に乗るまでは遅い感じがする。このため、白兵後の立ち上がりだけでなく、急旋回後の加速も少し遅い感じ。

 白兵に入ると、こちらは迎撃で700超の防御値ではあるものの、先制相殺ができないので相手の攻撃値も600台の数値が出た。それに加えて戦術2回で相手の攻撃値は700近くなった。迎撃は練度を下げてアイテムの鐘成功率は下がるので、ずっと鐘失敗した場合はヤバそう。今回は、相手の攻撃が本格化する前に抜けることができた。

 今度は自力で「読み旋回」をしようとしたが、タイミングが悪く相手にぶつかり、頭クリが危ない上に、回避旋回したら廻り過ぎて今度はケツクリが危なかった。速度に乗れば旋回力も上がるので、自分の速度と旋回角度のバランスが必要。

 危機を凌いだ後は、少し間合いが離れた状態で並走となった。相手側に急旋回し、すぐに相手を追って反対側に旋回しながら砲撃したところ、クリが決まり勝利。急旋回クリ狙いは早め砲撃だとわかった。

3戦目vsブラホックさん
 相手は迎撃・耐砲撃・強化衝角ラレアル、砲術家、キャノ混ぜ
 こちらは迎撃・強化砲門・耐砲撃オスガレ、砲術家、3改良カロ・2キャノ

 ラレアルのブラホックさんは初めて見た。

 白兵ではお互いに迎撃同士だったが、こちらの迎撃が発動した。
 相手の機雷ダメージが200オーバーな上に、キャノンの砲撃も500前後のダメージでかなり痛かった。ともに砲術家で、こちらは強化砲門まであるのに、砲撃戦では撃ち負けた。

 こちらも水平・貫通に切り替えたところ、白兵前砲撃で500弱のダメージを与えることができたので、壷で攻めこんだが抜けられる。抜け後は、すぐに耐久を全回復され、追い込む暇もなく凌ぎ切られる。

 また「読み旋回」に挑戦してみたが、距離が近すぎてぶつかってしまう。間合いと速度、タイミングが難しい。

 近間合いでの打ち合いでは相手の砲撃が500近いダメージが連発で来てかなり痛く、また速度も速いので、終盤は漕ぎと連弾の両方を入れることにした。

 相手の機雷と砲撃が痛いため、特殊兵装が2つとも壊れた。課金帆ではなく追加大スパンカなので兵装は壊れても大丈夫なのだが、20板や改良カロまで壊れることが心配になった。

 間合いが離れたところで自分の耐久確認をした。しかし、お互いに速度に乗っていたため、思ったよりも早く近づき、頭クリが危ない形となる。回避旋回が遅れたことに加えて、慌てて速度に乗った相手に対してまたぎ旋回ではなく、相手の進行方向に舵を切ってしまうという二重のミスが重なり、頭クリを決められ敗北。

 速度が増したのはいいが、その速度を活かせていないどころか、翻弄されている。


 その後は、ありのじさんが漕ぎ錬成を終えたとのことだったので、安全海域でありのじさんとミラさんの3人で練習タイマンをした。
 

 動画はブラホックさん戦を続きから。

続きを読む

関連記事

超完敗(速報)

 昨日の対戦記事とかまだ書いていないが、それよりもスーパーウルトラミラクルマックス2連続完敗した。
 全然相手にならなかったな><



関連記事

タイマン2016.12.05

 今日はボストンで海☆音さんとタイマン。

1戦目vs海☆音さん
 相手は迎撃・司令塔ラレアル、稼ぎ、キャノン
 こちらは迎撃・強化砲門・耐砲撃オスガレ、砲術家、3改良カロ・2キャノ

 女帝で部品を回復する前に対戦したところ、以前に比べて急激に強くなっていたので、回復後にガチ装備で対戦。

 1戦目は動画を撮り忘れてしまったので詳細は記載できないが、相手は反転旋回なども多用してきた。

 なかなか勝つのが難しいと感じていたが、相手の装甲値が低めだったため接近戦の砲撃後に、相手が修理圧迫で一瞬、回避旋回が遅れ、そこに早め砲撃が決まり勝利。

2戦目vs海☆音さん

 序盤は中間合いの砲撃戦。

 1戦目同様、相手が反転旋回するところに、こちらが旋回し過ぎて頭を向けてしまい慌てて戻す形となる。これで減速してしまう。
 ただ、相手は漕ぎ錬成はまだなのか、速度では上回ることができた。並走から速度に乗り、旋回撃ちが決まり勝利。

3戦目vs海☆音さん

 この対戦でも、旋回し過ぎて戻して速度を落とす場面があった。新船のオスガレの速度と旋回を活かしきれておらず、逆に翻弄されている。

 白兵抜け後は速射を入れた。強化砲門があるので速射を使えばキャノンの装填が4秒になりカロと装填が合う想定だったが、合わなかった。

 速度ではこちらが勝っているので何度か旋回撃ちのチャンスがあったが、砲撃タイミングが合わずにクリを決めることができなかった。

 並走から「読み旋回」で相手側に旋回したところ、相手もこちらに旋回しだしたので、「これは読み旋回がやっと自力で成功したか!」と思ったが、旋回し過ぎて相手に船首を向けてしまい、クリを決められ敗北。

 形としてはかなりよかったが、そういえばTAKASHIGEさんとの対戦でも相手にぶつかることが多かったし、まぐれの「読み旋回」が成功した時も、相手と接触するかどうかギリギリだった。旋回角度を緩めるか、タイミングを遅らせるか。タイミングを遅らせるのはちょっと違う気がするので、旋回角度を緩めることで対処してみよう。
 それと相手の速度が思ったより遅かったということも影響した。「読み旋回」というぐらいなのだから、相手の速さなどを把握したうえで、相手の動きを「読む」ところから始めないといけない。

4戦目vs海☆音さん

 この対戦でもなんとか「読み旋回」を成功させたいと挑戦してみるが、相手とぶつかって白兵になってしまう。距離感の問題もあったし、それ以前に相手の癖を把握して活かすというところが難しい。

 相手も回避操船専従ではなく、反転旋回の他に急旋回クリ狙いでも攻めてくる。
 こちらもフェイントでクリ位置を取ったが、砲撃タイミングが合わずにクリを決めることができなかった。最近、「砲撃タイミングが合わない」と何回も書いている気がする。遅すぎると思われるので、早めに修正が必要。

 相手の装甲値に助けられて耐久削りには成功し、速度でも勝っているにも関わらずクリを決めることができない。

 最後も「読み旋回」に出たつもりだが、相手と白兵となってしまう。
 白兵抜け後の接近戦で相手の船首が向いたので、チャンスだと思い旋回撃ちをしたが、ここでも砲撃タイミングが遅かった。相手が回避旋回して、逆に首相撲の形でこちらが船首を向ける格好となってしまったところを撃ち抜かれ敗北。

 動画は続きから。
 

続きを読む

関連記事
プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ