タイマン2016.10.31

 週末から風邪を引いていたので1戦だけ。

1戦目vsはなぴんさん
 相手は迎撃・司令塔・耐砲撃・直阻止ラレアル、稼ぎ、キャノ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 初対戦。

 相手は漕ぎ錬成をしていないようだったので、漕ぎを切って貫通を入れて近距離で撃ち合いをしたところ、キャノ混ぜで砲撃が痛かったので連弾を入れた。

 白兵前砲撃から壷攻め。抜けられた後は首相撲を少し仕掛けたが、最近、首相撲での自爆が続いているので、あまり深くは首相撲をできなかった。

 白兵に入ると、相手は迎撃だが防御値は500台だったので、白兵で攻めることはできた。
 抜け後に、相手の耐久、船員ともに削れた状態で追い込みのチャンスだったが、漕船を入れてなかったために凌ぎ切られてしまう。
 相手がキャノンの場合は連弾防御を入れることが多いが、追い込みのチャンスの時は連弾を切って漕船と速射を入れて攻めに廻るようにしよう。

 再度の白兵では、銃撃vs防御カウンターが決まり、白兵で攻め込むが抜けられる。
 抜け後は漕船は入れていたが速射を入れていなかったので追い込み失敗。

 再再度の白兵は、相手の耐久が削れていたので壷攻め。今度も抜けられるが、抜け後はやっと速射と漕船の両方を入れたので、攻め手おこむことができた。
 相手が距離を置こうとして真っ直ぐ進んだところに漕船で追いつき、早め砲撃が決まり勝利。

 動画は続きから。








続きを読む

関連記事

タイマン2016.11.01

 今日のラスパは艦隊戦をやっている人が多かったのでタイマンできないかと思ったが、なんとか5戦できた。

1戦目vsリリィ・ハーツさん
 相手は迎撃・司令塔・強化衝角ラレアル、稼ぎ、カロ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 前回の対戦は白兵無しでということで戦ったら相手が強くて負けてしまったので、今回は白兵ありでリベンジすべく対戦。
 
 相手は模擬ラーだからなのか、後でDBAを確認したところスキル切り替えの頻度が多かった。
 中間合いから近間合いで砲撃するが、相手に連弾防御を入れられているのでダメージが出なかった。反対に相手の砲撃は痛かったので、こちらもたまらず回避を入れた。

 白兵に入ると、相手は迎撃だが防御値は500台なので攻めることはできそう。しかし、ラム効果マジックなのか、1~2ターン位ですぐに抜けられてしまう。

 ライン際で相手が旋回してくるところに読み砲撃が決まったが、しっかり防御スキルを入れられていて落としきれない。クリが当たった後は追いこむチャンスだったが、相手は砲撃が上手いので怖くて追い込めなかった。
 
 砲撃戦は相手に分がありそうなので、防御スキルに切り替え白兵で攻めることにした。
 白兵で少し攻め込めたので、抜け後は首相撲からの砲撃圧迫で追い込もうとしたが、またもやしっかり防御スキルを入れられて対処される。攻守がはっきりしていて防御重視なのは、やはり模擬ラーだなと思った。

 再び砲撃に転じたが、12:20のところは、ライン際でこちらが旋回したところ、相手も旋回しだしていて、頭クリがヤバかった。頭クリを凌いだ直後にこちらも相手の頭クリのチャンスだったが、回避操船で意識がいっぱいで、攻撃まで意識が回らなかった。

 再び白兵に転じる。13:05のところは意図せず首相撲の格好になリクリを当てることができたが、白兵に行こうとしていて砲撃スキルを入れていなかったため落とせなかった。そのまま白兵に入ろうとしたが、相手のラムバリアなのか白兵に入れず、逆にこちらの頭クリがヤバかった。その他にも、白兵に行こうとして白兵前砲撃が危なかった場面があった。
 私が耐久削りにこだわるのは、せっかくのクリチャンスで決めきれないのを嫌うためだが、今回は砲撃スキルを入れてなかったために自らちゃんを逃してしまった。白兵に行く際は、防御スキルで固めて白兵ありきではなく、砲撃で攻めた流れで自然に白兵に入るようにした方がいいのかもしれない。

 何度か白兵に入るが、どうしてもすぐに抜けられてしまう。
 最後はライン際で相手から白兵前砲撃された状態で白兵となった。こちらの耐久が少し削れているので、相手はこれまでと違ってすぐに抜けようとせずに、壷や仕込み爆弾で攻めてきた。かなり耐久的に攻めこまれたが、こちらも白兵で攻め返し、白兵拿捕で勝利。
 白兵ありでも強い相手だったし、何度か負けたと思った瞬間があったが、リベンジできてよかった。

2戦目vs蓮馬さん
 相手は迎撃・仕込み・直阻止オスガレ、稼ぎ、キャノン
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、変性シュミネ

 蓮馬さんとはこの日数戦したが、1戦目はシュミネにした。

 相手はキャノンなので、中間合いでこちらが一方的に攻める展開。
 ではあるが、先日のトラブルメーカーさん戦もそうだが、最近はカロキャノメインでシュミネを使っていないのでシュミネでの戦い方が下手になったのか、あるいは相手のレベルが上がっているのか、あるいは以前と比べて何か歯車が狂っているのか、横では削れるし砲撃もこちらが一方的な展開で優勢ではあるが、決め手に欠いて長引いた。 

 相手は漕ぎ錬成ではないので、速度で上回って船首クリを狙いに行こうとするが、相手に一手早く回避操船されて船首クリをなかなか決めることができない。

 やっと当たったと思ったが700強のダメージで落としきれない。いつもなら多少の距離があってもシュミネなので落とせている距離で落とせなかった。相手に煙幕弾防御は無かったが回避を入れていたと思われる。蓮馬さんとは先日の対戦まで面識はなかったが、以前は実戦模擬をしていたそうなので、一手早い回避操船や、攻守の切り替え、防御意識の高さは、やはり模擬ラーに近いと感じた。
 
 速度では圧倒的に上回っているし、変性シュミネ砲を使っているが、あまりいい展開ではない。相手の耐久を確認したら、回避を入れられているせいで、ほとんど削れいないので漕船を連弾に切り替えて近間合いで戦うことにした。
 それでも耐久が削れないので、相手のキャノン被弾覚悟で、連弾を漕船に再度切り替えて近間合いで速度と手数で攻めることにした。

 これでやっとクリを当てることができたりペースをつかむことができた。最後は相手の修理が止まったので、チート大砲のシュミネに怒ったのかと思ったが、そうではなく単に資材が切れたようで、横砲撃で勝利。

3戦目vs蓮馬さん
 相手は迎撃・仕込み・直阻止オスガレ、稼ぎ、キャノン
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 大砲はカロキャノに戻した。
 
 今度は序盤から近間合いでの砲撃戦。
 連弾入れずに漕船で速度で攻めることにした。速度に乗った旋回撃ちで船首クリを決めるが全弾発射ではなかったため落としきれず。


 また、距離が縮まったので、再度旋回撃ちで船首クリを狙おうとしたところ、相手から先に白兵前砲撃を喰らい白兵となってしまう。
 相手には仕込み爆弾があるのですぐに抜けることにして、即抜けすることができた。

 先ほどのクリが、全弾発射で無かったのが悔しかったので弾道学から速射に切り替えることにした。
 すると、あまりきれいな形ではなかったが、混白を獲ることができた。そのまま混白拿捕で勝利。

4戦目vs蓮馬さん

 今度は混白を警戒されていると思われたので、速射は辞めて貫通で攻めることにした。すると400近いダメージを与えることができた。
 近間合いで連弾を入れて漕船は切っていたので、怖くてまたぎ旋回はできなかった。

 ライン際で白兵前砲撃から白兵となる。まだ序盤だったので相手の仕込み爆弾を警戒してすぐに抜けようとしたが抜けられず。相手が仕込で攻めてくると思いきや、相手も抜けようとしていたので作戦を変更して白兵で攻めることにした。すると、相手も作戦を変更して仕込みで攻めてくる。
 弾の積載量を改善した効果で仕込みダメージは400程度で済んだのと、こちらは白兵前砲撃を受けていなかったので、まだ耐久は余裕があった。相手は壷攻め、こちらは白兵攻めで、攻め合い、白兵拿捕で勝利。

5戦目vsぺくれなさん
 相手は白兵戦回避・重量・特殊機雷サーヴェイ、士官、カロ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 先日の対戦も相手の船はサーヴェイだったが、対戦前に相手の船を確認したところパワーアップしていた。船員数も増えていたし、重量と特殊機雷がついていた。

 対戦が始まると、重量だけでなく特殊機雷の大浸水でも速度が落ちるので、二重に速度が殺された。ナポガレで重量と投錨機雷の組み合わせがあるが、大浸水でも速度が落ちるし、横砲撃の威力増大も含めて考えると、重量と特殊機雷の組み合わせがいいと感じた。

 速度が殺されるので漕船は入れっぱ。
 轟音機雷以外は気合で対処することにしているので、例によって特殊機雷は除去を入れずに対処した。

 相手は速度に乗って急旋回クリ狙いもしてくるので、こちらが受けの展開となった。
 先日のミラさん戦の敗北ショックはまだ残っているので、急旋回クリ狙いに対しては極力早め早めに回避旋回するよう心掛けた。

 水平・弾道学で攻めていたが、相手も浸水すると速度が落ちるはずと考え、弾道学から貫通に切り替えた。
 その直後に、相手が旋回してこちらに船首が向いたところに、早め砲撃が決まり勝利。

 動画は続きから。

 

続きを読む

関連記事

重量♪ナポガレ造船

<コンセプト>
 速くて堅い

<OPスキル>
 重量砲撃
 先制攻撃
 斬り込み防止網

<専用スキル>
 縫帆技術 

<旋回値、装甲値等>
 耐久:1210
 帆:縦ほぼMAX
 旋回:18
 装甲:44
 船室:273
 減量:マイナス24.99%

<グレードボーナス>
 スキル継承(斬り込み防止網)
 装甲強化

<船型式>
 高速戦闘船

 重量♪ナポガレ① 重量♪ナポガレ② 

 縦帆で2回、旋回で1回失敗を引いた。

 検討内容は続きから。

続きを読む

関連記事

タイマン2016.11.03

 今日は青ネの人との対戦だった。

1戦目vsダイダイさん
 相手は司令塔・網ラレアル、士官、キャノン
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 遭遇戦だったので、相手の船OPがわからなかった。
 速射を入れて何度か砲撃しても全然混乱が起きなかったので司令塔が付いていると考えた。

 ダイダイさんは白兵屋で砲撃は防御を固めることが多かったが、今回は大砲がキャノンになっていて砲撃も強かった。

 白兵に入ると、動画で見直すと攻撃とも防御値もこちらが少し上だったが、対戦時は相手の方が高いと思っていた。いずれにしても白兵は相手のグラウンドなので、1回目の白兵はこちらから早めに抜けることにした。

 2回目の白兵では、開幕の突撃合戦で思ったより船員削り差が有利だったので少し安心して、白兵で攻めることにした。序盤の白煙弾が成功したこともあり、こちらが優勢で攻めることができた。
 抜けられた後は追い込みをかけたが、相手に間合いを置かれ、回避操船もしっかり対処され、凌ぎ切られた。

 相手が態勢を立て直した後、近間合いで砲撃戦をしたところ、相手のキャノン砲撃で500近いダメージを喰らい、これまでのイメージと違って驚くととともに、慌てて連弾を入れた。

 その後は、相手は中間合いを維持してくるので、漕船と連弾を切り替えしていたが、連弾を切っていた時に相手の白兵前砲撃で600近いダメージを喰らったのですぐに撤退。相手は全キャノンだと判断し、それ以降は連弾入れっぱにした。
 最後はライン際で、相手が旋回しながら白兵前砲撃してきたところに、白兵前クリが決まり勝利。

2戦目vsメルシィーさん
 相手は司令塔・強化衝角・直阻止ラレアル、砲術家、キャノン
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 相手はラムアタックを狙ってくる。こちらから先に船首に廻り船首クリを当てたが落としきれず。
 
 白兵前砲撃で、また600近いダメージを喰らったのですぐに撤退。この人も全キャノンだと判断した。

 相手は全キャノンなので連弾が必要。またラムアタックもあるので漕船も必要。ということで、連弾と漕船の両方を入れて、砲撃は水平だけで攻めることにした。水平だけでも400超のダメージを与えることができた。

 白兵に入ると、相手の白兵値はかなり低めだった。白兵無しにしてこちらから抜けようかと思ったが、先日のリリィ・ハーツさん戦でそういう手加減をして負けたので、そのまま白兵で攻めることにした。
 一度、抜けられたが、すぐにまた白兵となり、白兵拿捕で勝利。

3戦目vs★たまにゃん★さん
 相手は迎撃・司令塔・轟音機雷・重量アサフリ、砲術家、カロ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 相手は新船だった。轟音機雷が付いていたので除去を入れっぱにした。
 相手の船は耐久がかなり高く、砲撃では攻めきれないと考えたので、迎撃が付いているのはわかっていたが、白兵で攻めることにした。

 白兵に行く際は、相手からの白兵前クリが怖いが、今回の相手は3種の混ぜ大砲で装填を揃えて全弾発射は難しいと思ったので、あまり白兵前クリを怖がらずに白兵に行くことができた。
 抜け後に相手が首相撲を仕掛けてきて、凌いだかと思ったが、アサフリで船首が長いせいか、再度首相撲で飛ばされた。

 前半は回避を入れて砲撃は防御に徹していたが、白兵だけでは攻めきれないと感じたので、後半は水平・貫通で砲撃も攻撃に転じた。
 
 お互いに白兵前砲撃をして白兵となる。相手の耐久はまだかなり残っていたので拿捕狙いではなく、抜け後の修理圧迫狙いで壷で攻めることにした。
 相手は迎撃で練度が低いせいか、壷がかなりの確率で成功し、抜け後に相手が機雷を踏んで勝利。統計上は壷拿捕にする。

4戦目vsメルシィーさん
 相手は司令塔・強化衝角・直阻止ラレアル、砲術家、キャノン
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 相手はカンツさんのように、こするラムアタックをしてきたが、漕ぎを入れていないのか思ったほど大きなダメージは喰らわなかった。

 砲撃直後に旋回しながら白兵に行ったところ、ラムバリアなのかすぐには白兵にならず、こちらの船首が相手の砲の位置にきたのでヤバかった。ラム使い相手に白兵に入る際は、すぐに白兵にならないことも考慮にして、大きく舵を切ることにしよう。

 なんとか頭クリは喰らわず白兵となる。突撃で攻め、相手に抜けられた後、首相撲を仕掛けたがうまくいかなかった。
 再度、すぐに白兵となり、白兵拿捕で勝利。

 動画は続きから。

続きを読む

関連記事

タイマン2016.11.05

 今日はフィレンさんに2完敗した。

1戦目vsウォーレイさん
 相手は重量・網・耐砲撃ナポガレ、士官、カロ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 久しぶりの対戦。
 
 序盤は中間合いの砲撃戦。相手の砲撃も結構強く、中間合いで200台後半、近間合いだと400超のダメージを喰らった。

 白兵に入ると、相手の白兵値は高くなかったので、白兵攻め。序盤は突撃で攻めたところ、相手が防御をしてきたので銃撃に切り替え、銃撃vs防御カウンターを何度か決めることができた。
 抜け後は首相撲を仕掛けたが、今一つ上手くいかなかった。抜け後の追い込みも、相手の重量で速度を殺され追いつけず。

 急旋回クリ狙いをしてクリ位置を獲れたが、砲撃タイミングが遅くてダメだった。

 相手側に大きく旋回したところを読み砲撃で頭クリを喰らってしまう。

 最後は並走からお互い速度に乗ったところで、旋回撃ちが決まり勝利。

2戦目vsフィレンさん
 相手は強化砲門・特殊機雷・焼き討ちラロワ、砲術家、カロ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 相手の船OPから、特殊機雷で大浸水させて、砲術家の強い砲撃から、最後は焼き討ちで攻めるということは予想がついた。網や迎撃が付いていないので、単に勝つだけなら除去・回避・接弦で白兵に行けばいいが、思うところあって、敢えて砲術家相手に砲撃で勝負することにした。

 序盤から大浸水し中間合いで撃ち合い。こちらは水平・貫通・速射で攻めた。

 相手の砲撃が痛いので途中から回避を入れたが、ダメージは下がらなかった。対戦している間は、大提督で回避非優遇のせいだと思っていたが、そもそも浸水していたら回避は意味がなかった。

 予想どおり大浸水と砲術家カロの強い砲撃で攻められる。大提督の修理非優遇でも修理連打で凌ぎ切るつもりだったが、修理が止まってしまい、焦って白兵に逃げようとしたところを白兵前クリを決められ敗北。

3戦目vsフィレンさん

 補給しなおしてから再戦。

 この時点でもまだ浸水していたら回避は意味がないことを思い出しておらず、回避を入れてしまっていた。

 今度も相手は特殊機雷と強い砲撃で攻めてくるが、修理連打を頑張ったので先ほどのように耐久が危ない状態になることはなかった。
 
 相手が焼き討ちに来た。相手の耐久が削れた状態で白兵に入る。オサムさんとの対戦で焼き討ちには壷返しが有効とわかっていたので、今回も壷で攻めていい形となったが、相手に抜けられる。

 回避を入れるために漕船を切っているのと、浸水もしていることもあり、速度が遅い。相手は速度に乗って鋭く攻めてくるので防戦一方だった。

 お互いに白兵前砲撃から再び白兵になった。別に白兵無しという約束はしていないので、今度は突撃で攻める。あと一歩までいくが煙玉で抜けられる。

 抜け後に追い込む際は漕船を入れることにしているが、今回は相手の砲撃が強いので回避を優先して漕船を入れなかった。

 相手が急旋回クリ狙いをしてきたので回避操船をしたが、またミラさんの時と同じように海連打で旋回が遅れ、クリを決められ敗北。
 
 砲術家カロは砲撃が強いとは思っていたが、それに加えて強化砲門OPが効いて手数も多かったのがきつかった。ラロワでここまで戦えるのはさすが。

4戦目vsぺくれなさん
 相手は重量・網ナポガレ、士官、カロ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 序盤は中間合いの砲撃戦。
 相手は重量ナポなので重量でこちらの速度を殺してくるが、相手は漕船錬成がまだなので、速度負けはしなかった。

 白兵前砲撃で混白と獲ることができた。そのまま突撃で攻めきり、混白拿捕で勝利。

5戦目vsぺくれなさん

 近間合いの砲撃戦から、お互いに白兵前砲撃して白兵となる。白兵値はほぼ互角だが、防御値は少し相手の方が上。白兵は相手の方が上手いので、こちらは壷で攻めることにした。白煙弾で相手の攻撃値を下げたが、かまわず突撃で攻めてくる。徐々に船員を削られたが、なんとか先に耐久の方で追い込み、相手から撤退。

 抜け後に追い込みをしようとしたがうまくいかず、相手に耐久を回復されてしまう。

 相手が船員を回復していないので、再度の白兵に行く。途中まではこちらが少し優勢で攻めるが、終盤の大事なところで銃撃vs戦術カウンターを喰らってしまう。白兵値でかなり逆転されてしまったので、煙玉を使いこちらから撤退。

 お互いに砲撃しながら船員を回復し態勢の立て直し。最後は相手の船首側に徐々に廻り、旋回撃ちが決まり勝利。

5戦目vsぺくれなさん

 再再戦を申し入れられたので、この日3戦目。

 中間合いの砲撃戦からの立ち上がり。近間合いでお互いに砲撃したところ、こちらは350のダメージを与えることができたが、相手からは400ダメージを喰らい、撃ち負けた。

 白兵に入る。開幕で銃撃vs戦術カウンターを喰らってしまう。鐘で抜けようとするが、なかなか抜けられず。白兵値も大差がつき、突撃妨害でも30人とばされたので、これはヤバいと思った。煙玉でなんとか撤退。

 態勢を立て直した後は近間合いで砲撃戦。水平・貫通・速射で攻めるが、相手の砲撃も300超で痛い。しばらく撃ち合いを続けるが、今一つ攻めきれないので、漕船を入れて速度で攻めることにした。やはり漕船を入れた方が、旋回が鋭くなるので攻めやすい。

 再び白兵となる。相手の攻撃値が高いので白煙弾で対処することにした。開幕で白煙弾が成功したおかげで、主導権を握ることができた。お互いにカウンターを決め合うが、こちらが優勢で進め、かなり攻め込む。しかし、煙玉で撤退されてしまう。

 抜けられた後は、首相撲を仕掛けた。自分の方が飛ばされて一瞬ヒヤリとしたが、なんとか対処し、クリを決め勝利。

 動画は続きから。 

続きを読む

関連記事
プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ