タイマン2016.01.31

 今日は砲撃戦で短期決戦だった。

1戦目vsRin~さん
 相手は白兵戦回避サーヴェイ、稼ぎ、カロ
 こちらは特殊船尾楼・網・耐砲撃ラモ、大提督、3改良カロ・2キャノ

 相手は白兵戦回避で、無理に白兵に行くと白兵が外れて頭クリになる危険性があったので、砲撃で攻めることにした。
 貫通まで入れて500オーバーとなったので強い砲撃で攻めることができた。
 混白を警戒して統率を気にするあまり、修理が止まってしまった場面があった。
 最後は砲撃と機雷で耐久が削れたところに、一斉砲撃にこだわらず砲撃し、横砲撃で勝利。

2戦目vsちゅうちゃんLOVEさん
 相手は司令塔・網ラモ、私掠海賊、キャノ混ぜ

 相手の装備攻撃値が376と高く、職業も私掠海賊だったため、この対戦も砲撃で攻めることにした。
 それでも展開で白兵になったが、こちらも白兵仕様にしていたおかげで白兵値でも互角だった。
 「白兵戦で相手の手を読む」ということは意識できたのでよかった。
 最後は砲撃と機雷で攻めて、横砲撃で勝利。

3戦目vsちゅうちゃんLOVEさん
 相手は迎撃・特殊船尾楼ラモ、私掠海賊、キャノン

 相手は船を乗り換えてきて、白兵戦迎撃に特殊船尾楼という白兵防御ダブル編成だった。
 ただ、白兵に入ると相手の迎撃は発動していなかった。以前の私も乗り換え時にやったが、先制SPSを抜き忘れたと思われる。

 砲撃戦でも白兵戦でも有利に進めることができていた。
 しかし、白兵抜け後に首相撲に来られ、頭被クリで敗北。

 2戦目も首相撲で攻められたが、首相撲が上手い方だった。逆旋回したのがダメだったか。逆旋回すると一瞬硬直するので、首相撲に対しては順旋回で対処してみよう。
 それと速度で負けている。装填までは時間がかかるから、白兵直後は貫通ではなく漕船を入れた方がいいのかもしれない。 
 
 また、私掠海賊だから砲撃は弱いはずということで、相手の砲弾チェックを怠った。敗戦後に改めて私掠海賊の優遇スキルを再確認したが、砲撃系は砲術以外は非優遇だった。それでも即沈させられたのはキャノンの貫通力によるところが大きい。「キャノンに対して連弾で対処する」ということができていなかったのが反省点。

 動画は続きから。

続きを読む

関連記事

タイマン2016.02.02

 今日は4連敗だった><
 去年の途中から結構タイマンをやってきて勝ったり負けたりだが、4連敗は初めて。
 内容的にも最悪だった。

1戦目vsひるきんさん
 相手は先制ラ・レアル、フィリ、カロ
 こちらは先制・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ、重装2

 混白獲りがうまくできないので、船体的に接弦しやすいラレアルに替えてみた。兵装は重装2か重装1大コヴァ1か迷ったが、装備は防御重視のままにしたので、兵装は攻撃力重視で重装2にしてみた。
 混白対策もまだ足りないので、混白が上手い人と戦いたいと思っていたところ、ひるきんさんが相手をしてくれた。

 修理よりも混白対策の統率連打。
 相手の混白狙い接弦が混白にはならずに通常白兵となり、重装2効果もあって高い白兵値で押し切り、白兵拿捕で勝利。

2戦目vsひるきんさん
 今度は重装1大コヴァ1にしてみた。

 速射を入れて混白を狙っているつもりだが、混白にならない。
 少し距離が離れた並走で、この距離ならまだ大丈夫だろうと思ったところ、接弦白兵で混白を獲られ、混白拿捕で敗北。
 混白の獲り方がすごい上手い。

3戦目vsひるきんさん

 混白を怖がり過ぎた結果、修理も止まり、浸水と帆破れも放置したため旋回が固くなって、速攻で被クリ沈で敗北。 

4戦目vsひるきんさん

 3戦目が瞬殺で終わったので、連で4戦目。
 相手のペースで戦われているので、貫通まで入れて強い砲撃で攻めたが、大ダメージを与えることができない。
 白兵前砲撃でダメージを与えたまま白兵に入れたと思ったら、自分も混白の恐怖から統率で修理が止まっていて、自分の耐久も削れていたのでこちらから撤退。
 態勢を立て直して攻めるがうまくいかない。統率連打していたが、また混白を獲られてしまう。
 なんとか抜けるが、最後はスキル切り替えの際にスキルパネルをめくり直す悪い癖が出て、また混白を獲られ混白拿捕で敗北。 
5戦目vs seayk3さん
 相手は司令塔・直阻止・水密・強化衝角ラレアル、フィリ、カロ
 こちらは重装2に戻した。

 速射での混白狙いは自分のスタイルではないと思い直し、貫通まで入れて強い砲撃で攻めることにした。
 いつもの距離感で戦えたのもあり、やっと自分のペースで戦えた。

 1回目の白兵は粘り過ぎて拿捕寸前になった。「逃げない勇気」はもう卒業して、冷静に撤退判断しよう。
 その後は白兵前砲撃もできたし、白兵も重装2のおかげで優位に進めることができた。

 こちらのペースで戦えていたつもりだったが、最後は速度に乗った頭被クリで敗北。
 わかっていて交わしたつもりだったが遅かった。そもそも速度に乗った相手に対して進行方向側に回避するのもよくない。結果は同じだったとしても、旋回の方向としてはまたぐ方にするべきだった。受けの砲撃にしようという姿勢がダメだった。

 ただ、seayk3さん相手に白兵で優勢に進めることができたのは収穫。

 いずれにしても4連敗で考えるところはあったので、改めて整理しよう。

 動画は続きから。

続きを読む

関連記事

白兵編成の見直し②

 先日の4連敗には考えさせられるところがあった。

 3連敗したひるきんさんとの戦いでは、どうにもペースがつかめなかった。
 こちらは速射で混白狙いだったのだが、なんかいつもの自分ではない感じだった。
 自分のペースで戦えているひるきんさんと、自分のペースで戦えていない私。その時点で勝負は決まったのかと思う。

 統率連打していても混白を獲られたが、これを防ぐためにはこちらから積極的に攻めなければならない。自分から積極的に攻めるためにも、自分のペースで戦えてることが必要だと思った。

 ひるきんさんは、接弦からの混白が非常にうまい。他の人にも、それぞれ、その人なりの武器というか、攻め方があるということを改めて感じた。そして、私自身について考えてみると、今は白兵修行をしているが、元々こだわりがあるのは「強い砲撃」。

 実際その後のseayk3さんとの戦いでは、負けはしたが、速射ではなく以前のように貫通を入れて強い砲撃をしたところ、自分のペースで戦うことができた。


 白兵修行を辞めるわけではなく、まず「強い砲撃」という私なりの背骨を保ったまま、そのうえで白兵も強くなるということを組み込んでいくことにしよう。
 
関連記事

タイマン2016.02.04

 今日は全て白兵拿捕で勝敗が決した。

1戦目vs seayk3さん
 相手は司令塔・直阻止・水密・強化衝角ラレアル、フィリ、シュミネ
 こちらは先制・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ、砲撃1・白兵3、重装2

 「白兵編成への見直し②」で、私の背骨は砲撃にあると認識したので、テーマは「強い砲撃」。
 相手のシュミネの煙幕で多少苦労したが、強い砲撃はすることができた。また、自分から積極的に砲撃するということもできた。

 白兵に入ると、白兵値では負けていないが、白兵じゃんけんではカウンターを何度も喰らってしまう。一番痛かったのは、銃撃に戦術カウンター。そしてその直後に突撃に防御カウンター。完全に読まれてしまっている。
 船員でも追いつかれ、白兵値でも逆転されて、ヤバいと思って素撤退するが、抜けられず白兵拿捕で敗北。
 これで5連敗となってしまった。

 相手には防御カウンターをされたり、銃撃連続でかなり白兵値を下げられたりしたが、私は防御も銃撃も使いこなせていない。早い話が突撃か戦術の2択になっているのも読まれやすさの原因なのかもしれない。

 それと撤退判断がもうワンテンポ早くするべきだった。
 また、抜け方も、この時の相手は重装2と思われるので素撤退は必ずしも間違えていたわけではないが、素撤退で失敗するとダメージも大きいので、最初は鐘でもよかったか。
 
2戦目vs seayk3さん
 相手はキャノン

 相手はキャノンに変わっていたが、砲弾チェックができていなかった。そのため、白兵前砲撃で大ダメージを喰らい耐久が削れたまま白兵になってしまう。
 2回目の白兵では、1戦目で突撃に防御カウンターをされたのがあったので、突撃ではなく戦術で攻めたおかげで防御カウンターを回避することができた。
 それで白兵の主導権を握ることができ、突撃で攻めて白兵拿捕で勝利。

3戦目vs seayk3さん

 白兵の最初のターンで両者ともに突撃だった。動画で見直すと、相手の攻撃値が低くなっているので大コヴァに替えていたのか。対戦中はそこまで気づけなかった。いまになって冷静に考えてみると、2戦目の私が戦術を使ったから、相手の突撃は戦術に対するカウンター狙いだったのだと思う。
 その最初のターンのじゃんけんが、結果的にはこちらの勝ちとなり、そこからこちらのペースで、白兵拿捕で勝利。

4戦目vs seayk3さん

 やっと相手がキャノンだったことを認識し、連弾を入れる。
 貫通を入れた攻めができなくなったが、相手には除去がないので機雷でも攻めた。

 白兵に入ると、またカウンターを喰らいヤバいと思ったところ、防御値の低さのために相手が素撤退を選択し、白兵拿捕で勝利。

 動画は続きから。

続きを読む

関連記事

タイマン2016.02.18

 私もご多分に漏れず収奪イベにかかりっきりだったので久しぶりのタイマン。

1戦目vsプルフラスさん
 相手は迎撃・耐砲撃・強化砲門オスガレ、フィリ、カロ
 こちらは先制・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 相手の装備攻撃値が350と高く船OPも迎撃だったので、白兵で攻めるのは厳しいと考え、砲撃で攻める方針にした。
 序盤で何度か撃ち合うと混乱させられることが多かったため、相手の方針は混白狙いと読んで、統率に気を付けた。

 混白狙いのひるきんさんとの敗戦では、受けに廻って相手ペースということが大きな敗因の一つだったので、今回は自分から積極的に攻めるようにした。

 最後は、白兵抜け後に漕船で速度を出し、頭クリが決まり勝利。
 「白兵中に貫通を切って白兵後に漕船」ということがちゃんとできたのでよかった。

2戦目vsプルフラスさん
 連で対戦。

 相手は混白狙いで、砲撃の度に毎回のように混乱を発生させられてしまう。1回は混白を獲られたが、全体的には統率を気を付けて混白を防ぐことができた。
 混白を獲られた場面では、素撤退で抜けることができたが、後から考えてみると白兵攻撃値とスタイルから相手の兵装は重装ではなく大コヴァだと思われるので、鐘撤退のほうが正解だった。

 強い砲撃はできていたので、白兵前砲撃から火炎壷で攻めた。
 抜けられた後の追い込みは上手くいかなかった。
 全体的には強い砲撃で耐久を削り、こちらのペースで戦うことができた。
 最後は白兵後の首相撲から頭クリが決まり勝利。

3戦目vsプルフラスさん

 序盤は、混白対策として少し距離をおいて、漕船スキルで速度で戦おうとしたが、しっかり回避操船されて上手くいかなかったので、中盤からは貫通に切り替え接近戦で攻めることにした。
 
 最後は、相手が風上となり混白の嫌な予感がしたので風上を取りに行くために180度旋回。相手も旋回して着いてきたので砲撃すると頭クリとなり勝利。
 読み砲撃で狙って当たったのではなく、まぐれ当たり。

 久しぶりにタイマンができてよかった♪
 動画は続きから。

続きを読む

関連記事
プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ