ぽお模擬2015.10.30

10戦、与5(50.0%)、被2(20.0%)、与クリ12(1戦あたり1.2)、被クリ(1戦あたり1.3)

 稼ぎ、カロ、ポンプアプレットで参戦。

 フィリガレーにも疲れたので、稼ぎアプレットに戻した。

 G0MAXの動きができなかった。白兵に行けないし、抜けクリよりも流れクリを狙ってしまう。
 突撃錬成していたのを忘れていて、混白を獲れた時に今までの癖で突撃をしてしまった。

 攻撃面では与5は数値としてはまあまあいいが、2戦で与3、与2なので残り8戦は攻撃で貢献できなかった。与5は全て流れクリ。抜けクリを狙いに行けないので抜けクリも決められたのは2回ぐらい。

 砲撃錬成で攻撃力がアップしたと言う人と、操舵錬成で落ちづらくなったと言う人がいるが、私の感想としては前者。横削りが速いし、今までは落とせなかった中距離での流れクリで与沈を獲れるのもあって流れクリを狙いにいってしまう。

 防御面では1沈目は相手ワープなので仕方なし。2沈目は抜け被沈。
 短期目標の「舵残し」はあまり意識できなかった。始まる前は意識していたが、対戦が始まるといろいろ忙しくなるので、かなり強めに意識するようにしよう。
 短期目標のもう一つ「キーボードに慣れる」もまだダメで、防御3スキルを入れることができず、2つしか入れることができない。

 自分の動きにG0MAX以外の癖がついているのを強く感じた1日だった。

 動画は撮っていたが2沈目は対戦中にキーボードの録画ボタンを押してしまったらしく、被沈する前の途中までしか撮れていなかったので、今日は動画は無し。
関連記事

タイマン2015.11.02

大提督用の修理支援・装甲艦ラ・レアルを造った。

1戦目 vsはーてぃあさん
 相手は特殊船尾楼・網・重量ラモ、フィリ。
 こちらは修理支援ラ・レアル、大提督、特優ヴォルカン。
 私がライン際を攻めすぎて出てしまう。

2戦目 vsはーてぃあさん
 そのまま続行。
 連戦で相手の感覚がずれたのか、開幕直後に水平弾道漕船で速度に乗った頭クリが決まり勝利。

3戦目 vsはーてぃあさん
 やっと相手の装備チェックができたが、なんと攻撃値が300弱、防御値が500弱というすごい数値だった。
 白兵に入ったら相手の白兵攻撃値は530、こちらは今回は迎撃を付けていないので防御値300。こちらの攻撃値は相手の特殊船尾楼効果で300まで落とされ、白兵で押されまくる。
 一旦抜けれた後に再び距離が詰まり、白兵前の頭クリに賭けるが決めることができず白兵。相手は銃撃錬成なので素撤退を繰り返すが、撤退できずにそのままストレート拿捕で敗け。

4戦目 vsはーてぃあさん
 こちらは迎撃ラ・レアルに乗り換え。

 相手の装備を知ったうえで船を選択するのはズルいが、迎撃船に乗り換えた。
 特優ヴォルカンの砲撃で攻めるが、火炎弾防御をきっちり入れられて大ダメージを与えることができない。
 白兵になり迎撃効果で前半は互角に戦えるものの、白兵の下手さで不利になり撤退。ガレーで迎撃を付けているのに拿捕られそうになった。
 白兵を恐れて距離を置いて砲撃するが遠すぎてダメージは与えられない。
 リング際で再び距離が詰まりもうダメかと思ったが、撤退ギリギリの旋回クリが決まり勝利。
 勝つには勝ったが、まぐれ勝ちで負けた気分だった。

5戦目 vs seayk3さん
 相手は網オスガレ、大提督、シュミネ。
 こちらは修理支援ラ・レアル、改良カロ。

 リング際でメリゴで砲撃戦。相手のシュミネもかなり強く400ダメージを喰らうが、こちらの砲撃も効いて修理支援の差か、砲撃ではこちらが押し気味だった。 
 白兵に入り、白兵値はほぼ互角で最初の突撃が決まりこちらが優勢。しかしそこからカウンターを2回も喰らい、撤退するも被拿捕で負け。
 これは非常にダメな負け方だった。詳しくは後述。

6戦目 vsマドラ・モイライさん
 相手は司令塔迎撃ソブリン、砲術家。
 こちらは修理支援ラ・レアル、改良カロ。

 以前に突撃錬成で勝てたが、砲撃戦で戦いたいということがあったので改良カロを使う。
 砲撃戦をしたいという対戦なので、白兵に入っても白兵スキルは使わず仕込みや火炎壷。

 お互い除去などは入れずに撃ちあう。相手の砲撃ダメージは380ぐらい、こちらは420ぐらいなので砲撃で押すことができたのは収穫。
 また相手の砲撃も強かったが修理支援効果で修理は大丈夫だと実感できたのも収穫だった。
 全体的には砲撃でも優勢のまま進めることができ、最後は岩がある場所で動ける範囲が狭くなったところでクリが決まり勝利。

7戦目 vsマドラ・モイライさん
 序盤の白兵で仕込み爆弾が決まり耐久拿捕寸前まで追い込む。撤退された後、速射で追い込むが追い込み切れず。
 こちらが撒いた地雷源に相手が向かい、耐久が落ちたところを砲撃で攻めて横沈で勝利。


 白兵の弱さを痛感した一日だった。先日のたまにゃんさん戦では白兵で押しきれなかったので、迎撃を外して先制SPSを入れることにしたが、迎撃がないと白兵防御値が下がりはーてぃあさん戦では防戦一方だった。
 最もダメだったseayk3さん戦では途中まで優勢だったにも関わらず拿捕負け。原因は、ちょっと不利になるとすぐ撤退を選択することにあると思う。seayk3さんは不利でもそこから逃げずにカウンターをしてきて勝利した。私の「すぐ逃げる」癖が最大の敗因だった。
 はーてぃあさん戦でも、確かに白兵では不利だったし相手のグラウンドだったが、「撤退」という選択肢を閉ざせば、例えば白煙弾で相手の攻撃値を下げたり、相手の銃撃錬成に戦術カウンターをしたりと打つ手はいくらでもあった。
 白兵で理想状態は、こちらが突撃などで攻め、相手が撤退失敗という形なので、「すぐ逃げる」のは相手にとって理想状態。白兵ではギリギリまで撤退しないというぐらいの縛りをかけよう。

 もう一つ、seayk3さん戦でカウンターを喰らったのは白兵経験値の差もある。白兵には苦手意識があるので、もっと経験するようにしよう。

動画は3戦目から6戦目を続きから。 

続きを読む

関連記事

タイマン2015.11.05

白兵屋対策で迎撃だと、こちらが先制を入れることができず砲撃屋相手には白兵で攻めきれないので、両立を目指して網・白兵船改装ラ・レアルを造った。

1戦目 vsはーてぃあさん
 相手は特殊船尾楼・網・重量ラモ、フィリ、キャノ混ぜ。
 こちらは網・白兵船改装ラ・レアル、大提督、改良カロ。

 問題はこれで白兵屋に耐えられるかということなので、白兵値が高いはーてぃあさんに相手をしてもらった。
 タイマンの前に他の人とお遊びで1-2などの対戦をしていたが、錬成漕ぎは速いものの、そのスピードを生かした攻めができなかった。
 それもあって速度に乗ったまま旋回するということを重視した。旋回しながら砲撃したところ、頭クリが決まり勝利。
 旋回と同時ぐらいの早めのタイミングで砲撃するとよいとわかったので収穫だった。

2戦目 vsはーてぃあさん
 
 改良カロの横砲撃で大ダメージを与えることができ、機雷と横砲撃で耐久二桁まで追い込むものの、そこで速射に切り替え仕留めきれず。
 相手は白兵屋とわかっているのに自分から白兵に行ってしまう。先日の教訓で「すぐに逃げない」ということをモットーに白煙弾などで対抗してみるものの、全く決まらず。
 耐久削りはこちらが断然優勢だったが、接近戦の砲撃から頭クリを狙ったが外れて白兵。火炎壷拿捕を狙うものの、相手の白兵攻撃力の対処を後回しにしたのが響いて白兵拿捕負け。

 砲撃ではこちらが勝っていただけに悔しい負けだった。白兵屋に自分から白兵を挑んだのが敗因。グラウンドはこちらが砲撃、相手が白兵なのだから、白兵しないように戦うべきだった。
 白兵では火炎壷拿捕などのアイテムより白兵スキルの方が失敗がない分有利なので、砲撃から火炎壷で拿捕狙いという戦法は白兵屋相手には厳しいとわかった。接近戦になったら相手から白兵に来ることもあるので、貫通よりも速射で混白狙いのほうがいいのかもしれない。

 白兵船改装にしたのも自爆だったか。この船は白兵値が低い今の私には無理なようなのだ。白兵屋相手にはやっぱり迎撃の方が安定するし、安心して戦える。白兵に苦手意識がある私は迎撃の方があってるかな。

 動画は2戦とも続きから。

続きを読む

関連記事

2015年11月大海戦2日目

 今日は工作狩り野良に混じった。
 対人戦もありということだったので参加したが、工作狩りなので砲撃沈ではなく拿捕狙い、ガチ対人艦隊に絡まれたら負けて解散という感じ。
 そんなこんなでほとんどまともに戦えず、船部品の耐久がほとんど減らなかったほどだったので、楽しくなかった。

 やっぱり私は対人戦がしたいのだなと改めてわかったのが、せめてもの収穫。

 次回以降は対人艦隊に混じるようにしよう。
関連記事

2015年11月大海戦3日目

18戦、与3(16.7%)、被1(5.6%)、与クリ8(1戦あたり0.4)、被クリ6(1戦あたり0.3)

大海戦2015-11-3-1 大海戦2015-11-3-2

大海戦2015-11-3-6 

 野良(半固定)、被せ艦隊の僚艦、大提督、砲艦アプレット。
 今日は中型から参加できたが、対人募集が大型からだったので、大型のみ参戦。

 全体的に撤退、被撤退が多く対戦時間が短かったのもあるが、それを割り引いても攻撃面はダメだった。
 与クリ率は自己ワースト更新だった。流れでは読み砲撃ができなかった。相手もクリ位置をずっとこちらに見せているわけはないので、クリ位置が見えてから撃っても遅い。もっと早め砲撃、読み砲撃を意識しよう。
 抜けクリは相手フォローを抱えながらの狙いで上手くいかなかった。味方はブーンタイプが多く相手を抑えないため、こちらも抜けクリ狙いではなく流れ狙いにした方がよかったのかもしれない。

 被沈1は抜けクリを狙っているところを撃たれて被沈。自分が被沈してしまっては元も子もないので、抜けクリを狙う時も相手フォローの方を重視して対応しよう。
 漕ぎ錬成との差なのか、船が遅く感じられた。

 錬成後の砲艦と装甲艦の検証があるので今回は砲艦にしたが、被クリ6回の割に被沈1回で済んだので、思ったよりは耐えられた。


 防御面はまあまあよかったが、攻撃面がダメだったので、次回は読み砲撃を意識して攻撃を頑張ろう。
関連記事
プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ