年間目標 2015年

年間目標 2015年「攻撃と防御・フォローの両立
 

<全体>
 〇攻守の状況判断
  ・風向き、耐久、周りの状況を見て、攻撃かフォローかの判断
 〇風をモノにする
  ・白兵に入る前に風を見て、横風で白兵に入る。
  ・抜けクリを狙う前に風向きを見る。
 〇攻撃と防御の切り替え
  ・相手フォローが来たら早めに防御スキルへ切り替え
  ・抜けクリ発射後に瞬時に防御スキルへ切り替え
 〇全体俯瞰して、相手5隻を常に意識する。

<攻撃面>
 〇コンボ合わせ

<防御面>
 〇矢印旋回

関連記事

2015謹賀新年

 新年明けましておめでとうございます^^

 
 自分自身の2014年を振り返ってみると、DOL内ではアンリ艦隊との離別、緑艦隊への加入、それに伴って模擬中心から大海戦中心への変化、リアルの方ではマイホーム建設、引っ越し、秋には昇任試験勉強と、変化の年でした。

 2015年は、その変化・進歩を着実なものにする一年、年間目標に掲げた攻撃と防御を両立して一人前の軍人になれるよう頑張りたいと思います。

 DOL内も過疎化が進み終焉が近づいていると噂されることもありますが、楽しい仲間がいる限りは続けていこうと思っています^^

 本年も、下手っぴベジータ☆と、真面目くさったこのブログを、どうぞよろしくお願いします。

 このブログに遊びに来てくれた方々にも、私にも、いい航海の風が吹きますように♪
関連記事

ドーバー模擬2015.01.03

17戦、与7(41.2%)、被3(17.6%)、被拿捕1、与クリ39(1戦あたり2.3)、被クリ37(1戦あたり2.2)

 今日はインした時点で緑艦隊は5人揃って先に戦っていたので、野良で参戦。
 年末年始休みで海事レベルも79に到達でき、旋回16の試作用ヴィクトリー装甲艦G3を造ったので、初投入した。

 ヴィクトリーの感想としては、帆数値はアプレットより高いはずだが遅く感じたし、舵も重く感じた。試作用ということで専用紙3枚をケチって除去を付けておらず轟音機雷にかなりやられたので最後の数戦は装甲艦アプレットに乗り換えたが、同じ装甲艦でもアプレットの方が使いやすい感じがした。ヴィクトリーの高耐久は確かに魅力だが、私にはアプレットの方がいいかな。

 野良艦隊で味方に模擬慣れしていない人が多く外科支援が少なかったのと、自分自身が操舵手装備で白兵防御値が低かったため、かなり白兵圧迫されてしまった。教訓は操舵手は封印して100愚者。操舵手にしたのは先日の模擬でインでの速度の遅い中での旋回で重さを感じたからだが、操舵Rの問題ではなく慣れの問題なので操舵手に頼らずがんばろう。

 大砲は、インキャノの練習で最初はキャノだったが、混白じゃないのに船員206人から残り1人まで追い込まれるなど白兵に入るのがきついので、途中からインの練習は諦めてカロに切り替え、最後は半端貫通の特優シュミネ。

 被クリ率は1戦あたり2.2なので悪かった。ヴィクトリーの重さと、緑艦隊戦は無理攻めし過ぎたのが原因。
 被沈3は、緑艦隊戦で2-3からの流れ被クリ、緑艦隊戦で3-5からの横沈、別な相手との対戦で2-3からの抜け被クリ。緑艦隊戦は無理し過ぎているのと、全体的に被クリが多過ぎた。
 最後は鐘を切らしてしまい、素撤退を繰り返した末、被拿捕。マグステも前半で切らしてしまったし、いろいろ準備が不十分だった。

 攻撃面では、また、スキル切り替えで焦ってクリックし過ぎ旋回があった。防御にも影響する課題なので、本腰を入れて取り組もう。技術の問題より精神的な問題だと思うので、焦って全部を一気に消そうとせず、一つ一つ消す感じでやってみたら多少はうまくいったので、今後も続けて意識しよう。

 やっぱり緑艦隊の仲間と一緒にやる方がいいな^^

 DBAは平均率表示。動画は続きから。
DBA ドーバー模擬2015-01-03-3  DBA ドーバー模擬2015-01-03-2



  

続きを読む

関連記事

他商会所属

 緑艦隊は以前は大海戦志向だったが最近は模擬志向も出てきて、今年はCL出場も視野に入れているということで、他商会との対抗模擬企画や、いろんな艦隊の模擬の考え方を学ぶため、キャラの一部を緑商会から他商会に移籍した。
 考え方などの幅が広がるといいな♪

 ベジータ☆   :緑を守る会(イスパ)
 ハーロック★  :緑を守る会(イスパ)
 ハーロック☆★:風林火山(イング)
 ハーロック★☆:青い梅を赤く染める(イスパ)
 ハーロック☆  :緑を守る会(イスパ)
 ベジット☆    :新世界旅団(ポル)

続きを読む

関連記事

肉模擬2015.01.04

8戦、与2(25.0%)、被2(25.0%)、与クリ5(1戦あたり0.6)、被クリ11(1戦あたり1.4)

 別キャラが所属している風林火山商会さんから、一人メンツが足りないので肉模擬に行かないかと誘われ、いつもならまだ技術的に厳しいので遠慮するところだが、昨日インキャノの練習ができなかったこともあり、参戦。

 G0MAX模擬は緑模擬では何度かしたが、本格的な模擬ラーの純粋模擬は久しぶりで緊張した。
 G3模擬や緑模擬とは全く別物だと改めて感じた。とにかく守るのが精いっぱいでほとんど攻撃できなかった。
 風がかなり重要視されていて縦風だと狙われるので、否応なしに風を意識したのは収穫ではあった。

 ヘルプできていることもあり、被沈しないこと最優先でフォロー重視で動けたのは、インとしての意識を取り戻せてよかった。
 被沈1つめは、相手旗の耐久がかなり削れていてキャノでも落とせるぐらいになっていたので、欲を出して流れで連弾除去を切り水平弾道を入れていたところ、キャノの流れ頭被クリ沈。防御専従のおかげで耐久管理はできていた方だったのでもったいない被沈であったし、攻撃欲が原因なので悪い被沈だった。あと、相手の大砲把握もしないとな。
 被沈2つめは、インで白兵をしていたところ、スナイプ被クリにコンボを合わせられて1368被沈。インで戦っていると目の前の敵だけに意識がいきがちなので、防御的にも「全体俯瞰して相手5隻を常に意識する」ことが重要。
 被沈しないことを最優先した割には2沈で、しかも1隻目沈と敗因になったので、申し訳なかった。

 与はなぜか2になっているが、与沈1つめはコンボを合わせたのがタイミング悪くこちらの与にカウントされたのか、あるいはコンボにさえなっておらず味方が抜けクリを決めた後の横沈ごっつあんゴールなのかわからないが、どちらにしろ落とした記憶がない。
 与沈2つめは5-3の大優勢からの抜けクリ。セビ前で重かったし、相手は上手い人で見てクリでは当たらないと思い、早め抜けクリをして当てることができた。大優勢からの緩い状況ではあったが、上手い人に抜けクリを決めることができたのは嬉しかった。

 スキル切り替えは、今日も「ゆっくり1つずつ」でやってみたが、今日は間に合わなかった。このレベルになると相手のフォローも早いので即抜けが多くなるから、もう少し早めないとダメか。

 昨日よくなかった白兵圧迫対策については、今日は100愚者とすぐ撤退せずに白煙弾などでじっくり対応したが、白兵防御値自体がなんとなく心もとないので、商会フレのアドバイスを採用して操船術1を抜いて白兵戦術2にしたら安定した。回避R7相当の操船術1を抜くのは怖い面もあるが、それを入れていても被沈する時はするし、インとしては白兵が安定する方が重要かな。


 久しぶりに純粋模擬の雰囲気を味わえたのはよかった。一言で言うと、まだまだまだまだ。守るので精いっぱいでは他のことができないので、まずは余裕を持てるよう防御を安定させたい。

 昨日の動画データを削除していなかったせいでHDが容量オーバーのため、後半の与沈を獲れた対戦と被沈2つめの対戦が獲れていなかったのが残念。流れ被沈をした動画をアップしようと思ったがそれすらコマ送りで見れる状態ではなかったので、与も被もなかったがパス出しやフォローはできた2戦目を続きから。

続きを読む

関連記事
プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ