ドーバー模擬2014.11.29

27戦、与16(59.3%)、被0(0.0%)、与クリ49(1戦あたり1.8)、被クリ32(1戦あたり1.2)

DBA ドーバー模擬2014-11-29-1 
DBA ドーバー模擬2014-11-29-2  DBA ドーバー模擬2014-11-29-4 

 今日は、マヨさんの動画を見て攻守のスキル切り替えの早さに触発されたので、来年のテーマである攻守の切り替えのうち、「スキル切り替え」と「風を見る」をテーマにやった。しかし、スキル切り替えは、慣れず、抜けクリ撃った後に切り替えようとしているうちに白兵に行くタイミングが遅くなったりしたので、いつものすぐ白兵に行くスタイルに戻した。風も少しは意識したが、ほとんどできなかった。いずれも簡単には行きそうにないので、来年に腰を据えてじっくり取り組もう。

 防御面は、数値としては被沈0で済んだが、、装甲艦改装によるところが大きく、被クリがかなり多くてダメだった。抜け被クリが無かった点はよかったので、次回は流れ被クリを減らすよう意識しよう。

 攻撃面も、数値としてはよかったが、内容としては優勢からの与が9とマヨさんが落として優勢になった後の有利な状態での与がほとんど。
 抜けクリもやっている時は中盤までは当てることがでいている気分だったが、動画を見直してみると結構外していた。抜けクリポジションへの移動はだいぶスムーズにできるようになったので、あとは抜けクリ精度。舵残ししていない相手には当てれたと思うので、次回は白兵前に相手が舵残ししているかどうか把握することに重点を置くこと、そして舵残ししていなさそうであれば確実に見て撃ち、舵残ししていそうであれば早め撃ちという使い分けに挑戦してみよう。

 後半は、自分も落としてやろうという意識が強くなり、かえって攻撃がダメになったし、艦隊のリズムも悪くなった。序盤は、攻撃は超絶アタッカーのマヨさんにまかせて攻めっ気を抑え、マヨさんが落ちたりリングアウトした時は自分が攻撃役にならなきゃと気持ちを切り替えたというのはよかったと思うので、4番辺りが合ってるのかもしれない。

 艦隊としては、トゥーさん旗の丁度いい距離感、インのロードさんのパス出しと決定力、インのデブさんの粘りとフォロー、超絶アタッカーのマヨさんと、艦隊のバランスがよく24勝3敗とほとんど勝てた点はよかったが、私を含めて優勢からの白兵抑えがちゃんとできなかったのが課題。

 動画とDBAに関しては、今までは商会員限定してきたが、もう公表しても大丈夫だと思うので前回から公開。ユーチューブには多めにアップしたが、ブログには今日唯一活躍して逆転勝ちできた1戦と、逆転負けした1戦を続きから。

続きを読む

関連記事

ヴィクトリー造船検討メモ

 この前、装甲艦アプレットを造船して、その強固な堅さのおかげで被沈しないメリットは素晴らしくてよいのだが、デメリットの旋回低下と速度低下の面はストレスフルに感じていた。

 装甲艦改装のデメリットに対する評価は、造船する前にネットで調べたところ、そんなに気にならないという人と、舵が壊れたぐらいに感じるという人がいたが、私が乗った後の感想は後者の方だった。速度もマイナス25%にしたが、それでも速度低下の影響なのか、これまた帆が破れてるんじゃないかと思うぐらい遅く感じた。

 初乗船を終えてすぐに装甲艦アプレットの造船し直しを考えてDGSを入手したが、アップデートで新船が出るということでそれを確認することにしていた。アプレット自体はスマートな船体も好きだし、新船はポンプ付かないだろうと思っていたから、新船確認後にアプレットを造船するつもりだったが、蓋を開けてみるとヴィクトリーはポンプが付くし、耐久も上。
 それでもヴィクトリーは旋回値がかなり低かったのでこれは使えないだろうと思いきや、商会内の人がリビルドで耐久強化、FSで旋回アップさせて旋回値20近い船を造っていた。

 旋回値の低さからG0MAX模擬での運用は厳しそうだが、大海戦やG3模擬がメインなら、リビルド前提でかなりいい船ということがわかり、私もヴィクトリー造船することにした。

 コンセプトは、装甲艦改装を付けたうえで、いかにスムーズに旋回や移動(速度)できるか。
 G0MAX用ではないので課金帆も投入前提で、今度こそ最高の船を造りたい。
 DOL+1の造船シミュレータを使っていろいろなパターンを検討したが、パターンが多くなりすぎてわけがわからなくなってきたので、表にしてみた。

 内容は続きから。  

続きを読む

関連記事

緑模擬2014.12.06

 面接試験まではまだ少し期間があるので今日は緑模擬に参戦。

 DBA 緑模擬2014-12-06-1 DBA 緑模擬2014-12-06-2
 

 今日のテーマは「相手の白兵前の舵残しの把握」で、少しは心掛けたがまだまだ。
 
 
 抜けクリ狙いとフォローのバランスは問題だと自覚しているが、前回の記事のとおりこれは年が明けてから取り組む。

 抜けクリ狙い時の反転のタイミングがまたダメだった。「撤退失敗を見てから反転」。これは意識の問題なので確実にできるようにしよう。
 それと抜けクリ停船で縮帆のタイミングが早すぎたり遅すぎたりした。船速に応じた縮帆ができなかった。船速が早い時は早め、船速が遅い時は遅め縮帆。
 前回模擬後にマヨさんのマウス設定でダブルクリックを使っていると聞いたし、リリさんもダブルクリックを使っているのは以前に聞いていたので、私もダブルクリックを設定してみたが、慣れずに1度も使えなかった。今一つまだ使いどころが分からない。

 与の内容としては11のうち1隻目与が7だったので、前回の他人のふんどしと違い今日は貢献できたかと思う。
 ただ今日はラグなのか砲撃のタイミングが遅い感じで、変なタイミングで発射されてまぐれ当たりが多かったので必ずしも実力とはいえない。まぐれ当たりで逆に感じたのは、上手い人相手には普通のタイミングでは当てられないので、抜けクリでも早め、流れでも読み砲撃をかなり早めにしなければならないというのがわかったのは収穫だった。

 被の内容としては3沈とも1隻目被だったので、その点で艦隊には迷惑をかけた。特に14戦目の3沈目は、2隻に狙われているのに後舵、後スキル入れに過信して無理抜けだったし、それ以前に周りに3隻いたから白兵に入る前に早めに防御スキルに切り替えておくべきだった。

 動画は前回同様、ユーチューブには多く挙げたがブログには抜粋して、デブさんのフォロー光る12戦目、無理抜け被沈の14戦目、与2を挙げられた20戦目を続きから。


 

続きを読む

関連記事

装甲艦♪将官重キャラベル造船

 ヴィクトリーに向けたレベリングは進んでいない。
 試験勉強も進んでいないwww

 来週の大海戦までにレベリングは間に合いそうにないが、装甲艦アプレットはまだ大海戦投入していないので、まあいいか。

 装甲艦アプレットで装甲艦改装のよさがわかった。装甲艦ヴィクトリーはまだ乗れないので造船しないが、前回の大海戦では中型が被沈自己ワーストを記録してしまったので、中型の将官重キャラベルを装甲艦改装で造り直すことにした。


<コンセプト>
 堅い将官重キャラベル ~相手を落とすために自分が落ちない~

<OPスキル>
 耐砲撃装甲
 水密隔壁(スキル継承)

<専用スキル>
 直撃阻止 

<旋回値、装甲値等>
 耐久:MAX
 帆:MAX
 旋回:21
 装甲:44(耐砲撃10含む)
 減量:マイナス25%

<グレードボーナス>
 スキル継承(水密隔壁)
 装甲艦改装

<船型式>
 戦闘艦

G3装甲艦将官キャラベル① G3装甲艦将官キャラベル②

 無事に完成♪
 装甲艦改装+水密隔壁+耐砲撃+直撃阻止!
 これで(中の人が操作をミスらない限り)だいぶ被沈が減るだろう^^

 検討内容は続きから。

続きを読む

関連記事

試験終了♪

 昨日、面接試験が無事に終了♪

 これで試験勉強が全部終わった~
 今日からまたDOL三昧^^
関連記事
プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:☆ちゃぷちゃぷ団☆

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ