PK戦2014.01.31

10戦、与0、被0、拿捕1

 さっそく装甲ソブリンを試したいと思っているもののインした時間が遅かったが、B鯖ジャカルタで青ネの方に拾っていただき、そのままB鯖で数戦。
 その後、相手いなくなったのでE鯖に飛んだところ、もう時間が遅かったが相手してくれて混成艦隊なども作ってくれて10戦できた。

 以前、板ソブリンG0で模擬していた時に、同じ旋回11でも一等より旋回が重くて乗らなくなった過去があるので、装甲ソブリンは旋回12、減量-20にしたとはいえ装甲艦改装の旋回、速度ペナルティがあり、旋回が心配だった。使ってみると、普段の旋回14アプレットよりは若干落ちるが、それでも全然スムーズに旋回できたのでよかった。
 肝心の装甲の効果も、幸か不幸か抜け被クリが無かったのでそこは検証できなかったが、割と近距離の被クリを含めて1200オーバーが一度もなかったので、効果ありそう♪  

 拿捕1は連戦で船員がかなり削れたところに、優勢でリング際の旗を逃がしたくなくて強引に白兵に入ったところ混白、そして味方も水切れ。普段なら相手を抑えるためには白兵だが、船員が少なかったので白兵に入るべきではなかった。

 見知らぬ人たちと艦隊を組むということもあり、艦隊内に役割分担がないのでオールラウンドにやらなければならないが、改めて感じたのは、パス出しは自信をもってできるし、防御面も風の問題を除けば概ねできるようになってきて、一瞬4隻に囲まれた時も縮帆旋回で被クリせずに回避できたりしたが、攻撃面がからっきしだということ。そこがある程度できるようにならないと一人前とはいえないな。。。
 
 艦隊成績としては、ハンデで4-3や5-4など常にこちらが数的有利なのに、なんと恐るべきことに0勝10敗。。。

 でも装甲ソブリンも試せたし、一番の収穫はE鯖の他の方々とも話ができたのでよかった♪
 PK戦の動画はアップしていなかったが、記念ということで今日一番よかった10戦目の動画をアップしよう^^

 動画は続きから。

続きを読む

関連記事

ファロ模擬2014.02.01

14戦、与1(7.1%)、被2(14.3%)、与クリ11(1戦あたり0.8)、被クリ14(1戦あたり1.0)

 今日はセラスさんと雷さんがおらず、野良の方を2人加えて参戦。
 
 対戦時間が短いものが多かったこともあり被クリ率1.0と数値上よかったが、内容的にも複数の相手に囲まれた場面でも被クリしないで耐えられたりした。
 「射線をまたがず白兵に入る」もできて、白兵に入る際の頭被クリもなかった。 
 抜けクリが外れた時に防御スキルに切り替えてから白兵に入ることもできた。

 今日は「白兵に入る前の風向きの確認」をテーマにやろうと思ったが、ほんの少ししかできなかった。
 「相手アタッカーを意識する」はだいぶできるようになったので、課題クリアとして戦術メモの方に移行。

 被沈は2回。どちらも高耐久からの被沈なのでもったいなかった。
 1沈目は抜けクリを狙いに行こうとして、別な敵から流れで被クリし1369被沈。先日危惧した「抜けクリを狙いに行くときに意識が攻撃モードになり防御が疎かになる」というのが正に出てしまった。抜けクリ停船の重要事項として肝に銘じよう。というか、後述のとおり抜けクリ精度がまだダメなので、フリーの時以外は無理に狙いに行かない方がいいのかもしれない。

 開幕時の白兵の入り方が悪いことが何度かあった。相手の1隻目からの頭被クリを警戒してなかなか相手側に踏み込めず、結果的に相手から白兵されて縦風白兵になっている。2沈目はこれが原因で縦風で白兵になり、被クリコンボで1370被沈。開幕時の白兵の入り方を相手1隻目の射線をまたいで相手側に踏み込むことを新たな課題にしてみよう。

 それと追い風だったので維持したが、そのことにより別な相手が来てコンボになった。一番怖いのはコンボなので、追い風であってもソロで狙われている時は早めに抜けた方がいいのかもしれない。

 攻撃面は、以前より積極的に抜けクリを狙うことができるようになって、抜け与1を獲ることができたが、その1回以外は外してばかりで抜けクリ精度が悪かった。5-3から負けた1戦目も優勢時にチャンスは何度もあり、そこで決めることができていたら勝てていたと思う。 

 その他に気づいた点として、混白をゲットしても1ターンで抜けられることがある。混白時はこちらは突撃で攻めるが、長く維持できればできるほど有利なので、最初の1ターン目は偽造通信文で相手船員の士気を下げておいた方がいいのかもしれない。

 全体的にはよかった面が多かった。横風白兵と抜けクリ精度が大きな課題。

関連記事

ファロ模擬2014.02.02

6戦、与1(16.7%)、被0(0.0%)、与クリ9(1戦あたり1.5)、被クリ17(1戦あたり2.8)

 今日は商会メンバーがみんないなかったので野良で参戦。

 6戦とはいえ久しぶりに被沈0を達成することができた。生存時間が長くなるので被クリ率は悪くなるが、時間だけが原因ではなく内容的にも回避操船は悪かった。全体俯瞰ができていなかったし、縮帆旋回もできていなかった。

 「縮帆旋回」は、やり方を頭で覚えているというより体で覚えているが、なんとなくやり方を忘れたっぽくて、抜け被クリの時に縮帆旋回しようと思ってもうまくいかなかった。

 「白兵前に風を見る」は昨日まではほとんどできていなかったが、今日は少しは意識できたのでよかった。

 新たな課題の「開幕時に相手射線をまたいで横風で白兵に入る」に挑戦したが、まだあまりうまくいかない。相手1隻目に限らず、射線をまたぐということをもっと意識してみよう。

 攻撃面に関しては、抜けクリは2回決めれて抜け与も1獲れたが、その抜け与は4-5の劣勢から旗fに行かず相打ち与だった。旗f優先すべきだったのか劣勢なので一か八かでよかったのかはわからない。劣勢の時は止まって抜けクリを狙わない方がいいのかもしれない。
 もう一回の抜けクリは5-3の大優勢から相手旗に決めれたが落としきれなかった。cccを言うべきだったが、それ以前に狙うので手いっぱいで周りにフリーの味方がいることを把握できていないので、抜けクリを狙う時は攻守時ともにもっと周りに意識を向けるようにしよう。

 「抜けクリ停船」はできていないことが多かった。昨日まではだいぶ慣れてきたと思っていたが、まだまだだった。

 混白を獲った時に偽造通信文を最初のターンで使ってみたら効果^^。5ターン位維持できたので、持続効果があるのかはわからないが、4,5ターン維持したらまた偽造文を使うことを試してみよう。

 今日は4-5の劣勢が多かったためか、全体的に気持ちに冷静さが無く防御面も攻撃面も慌ててやっている感じでうまくいかなかった。しかし、白兵前に風を見るは多少進んだのでその点ではよかった^^
関連記事

PK戦2014.02.03

3戦、与5、被0

 昨日の模擬では4-5の劣勢で攻撃に転じたが流れクリもちっとも当たらなかった。私はインキャノなのでパス出し優先で、流れクリはあまり頑張らなくてもいいかと思っていたが、劣勢時はそうも言っていられないと感じた。
 抜けクリ停船も、抜けクリも、流れクリも慣れが大事だと思い、平日はアタッカーじみたことをやってみようと思ったが、底模擬やMAX模擬は役割分担がきちんとしていると思うので、自由度が高いPK(K)戦をやろうとジャカルタに行ってみた。

 今日はPK側の人に拾われて3-3。3-3だと抜けクリを狙っていても、別な敵が2人か1人でプレッシャーが少ないので落ち着いて狙えた。序盤は慣れずに流れクリも当たらなかったが、徐々に慣れてきて当たるようになった。

 大砲は実戦らしく強化した特優ヴァルカンを使ったら、横でも500オーバーだし火災効果もあって効果絶大だった。

 以前もあったが、煙幕でスキルが消えてるのに気づいていなくてスキル無しで数分戦っていた。画面的に3つのスキルのうち1つか2つ欠けてると気づけるが、3つとも消えると逆に欠けてる感が無くて気づけないw

 1戦目の最後は速度があったので早め縮帆をしたらピッタリ抜けクリ停船ができた。

 2戦目は頭クリが決まったが、船首90度より少し手前で撃っても当たった。抜けクリの時もそうだが、クリ判定の範囲は広いので、船首船尾に直角ということにこだわりすぎず、それより少し手前で撃ってもいいとわかった。

 サーヴェイをつかまえようと追いかけたが、やはり逃げてる相手を捕まえることができない。逃げてる相手は追わずに別な相手を狙って、向こうから来るのを待った方がいいのかもしれない。

 対戦終わった後に、回避操舵副官のランスロットが主計長だったことに気づいたw。しかし、回避R19でも被クリダメージは小さかったし、操船も重さは感じなかったので、逆に装甲ソブリンのよさが改めてわかった。

 1戦目は与3で、珍しくというかBCや大海戦以外では初かもしれない無双と、スキル無しで数分戦ったり、フリーの抜けクリを何度も外したりとダメなところも満載なので、自慢と自省で1戦目はアップしよう♪

 私にとって初の無双動画は続きから♪

続きを読む

関連記事

PK戦2014.02.06

2戦、与1、被0

 今日はE鯖ジャカルタでPKさんに拾っていただき5-5。
 外周アタッカーの真似事をしたが、全くクリが当たらなかった。やはり戦い慣れている人相手に当てるのは難しい。
 そのうえ、フォローとかもせずにいた。外周して与も獲れずフォローにも行かないという、まさに害周だった。普段インキャノの私としては、外周されると中が4-5になるつらさがわかっているはずだったのに、攻撃ばかりに意識が行っていてフォローという艦隊行動ができていなかったのは非常にダメだった。
 一緒に戦った方からも指摘された。

 アタッカーになるつもりはないが、攻撃をしている時も防御意識のみならず、フォロー意識を持ち続けることが重要というのが教訓。

 1戦目は与クリ0だし、与沈を獲るどころか味方にぶつかって味方を被沈させてしまうなど全くダメだった。
 2戦目も前半は外周していたが、後半は白兵に入るようになったらリズムが出てきたし、終盤は優勢なのもあってやっと読み砲撃で流れクリが当たるようになった。スキル切り替えの問題もあるし、攻撃の練習をするにしても、変な外周癖をつけるよりインにもちゃんと入りつつ攻撃を狙うようにしよう。
 
 白兵では3分40秒のパス出しは即抜けするべきだった。

 与沈1は4-2になってからの抜けクリ。角度的にダメだと思ったが当たった。その点がわかったのも収穫。角度にこだわりすぎないで、タイミングの方を優先した方がいいのかしれない。
 ちなみにその前に状況確認を誤って4-3なのに4-2と話していた。味方に誤報していたのと、自分としても3人目の相手が出てきてびっくりしたw

 上述の教訓を得られたのと、何度か抜けクリを狙うチャンスがあったので戦えてよかった♪

 動画は続きから。

続きを読む

関連記事
プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:☆ちゃぷちゃぷ団☆

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ