底模擬2013.08.01

 今日はジオン艦隊に混ぜてもらって久しぶりの底模擬。

 前半は攻撃意識が強かった。その結果、被沈多かったしインとしての仕事をしっかりできなくてダメだった。
 トイレ休憩で頭を冷やして、後半は2番に変えてもらったところ被沈が無くなったし、インとしての仕事もできた。
 意識とポジションは大事だなと改めて感じた♪

 「横風を感じるために風に対して画面を横にする」をやってみたが、うまくいかなかった。
 とりあえず、白兵入る前に風を確認することから始めてみるか。。。
関連記事

2013年8月大海戦1日目

41戦、与17(41.5%)、被5(12.2%)、与クリ39(1戦あたり1.0)、被クリ19(1戦あたり0.5) 


大海戦2013-08-1-1 大海戦2013-08-1-2 


大海戦2013-08-1-3 

 小型はG3ガンボート、中型はG3将官重キャラベル、大型はG3アプレット。
 野良艦隊で、仕掛け艦隊の僚艦で参戦。
 
 大海戦用に造ったG3アプレットを使うし今日こそは与沈30の壁を超えると意気込んだが、気持ちが空回りしてダメだった。 
 与は結局17で20も超えることができなかった。

 相手が少なかったのもあるが、ほぼ同じ対戦数の先月よりも内容は悪くなっている。

 何度も「早め砲撃」と自分に言い聞かすがうまくいかなかった。中型の前半が終わって、中型の与0の時はもう気持ちがキレかけたので、明日のためにやろうと思い直した。それで「読み砲撃」が自然にできるようになり、そこからは多少与がとれるようになった。

 小型は全然ダメだった。与クリ5回。。。
 中型の後半は多少持ち直したものの、外周過ぎた。それが与クリ決定率の低さに表れている。先月は57%で今月は22%。もっと近寄って中距離でやろう。
 大型は攻撃特化したG3アプレットを初投入したので期待したが、これも与クリ決定率が先月57%で今月33%だった。大型は外周過ぎたわけではない。なぜか抜けクリを外すのが怖くて、ほとんど抜けクリ狙いに行かなかった。中型まではスナイプ狙いでもいいが、大型はスナイプでは落としきれないので、抜けクリを狙いに行こう。
 先月終わった時点では大型は改良カロに切り替える予定だったが、G3アプレットを砲艦改装と強化砲門にしたので特優シュミネのままでやってみた。しかしけっこうな至近距離でも落としきれないことが何度かあった。やっぱり改良カロに切り替える。
 
 与20を超えられなかったのはショックだったが、終わった後にDBAを見たらこれでも艦隊の中ではいい方だった。 艦隊全体として与が多くなかったが、決して弱かったわけではなく22勝10敗と先月並に勝ち越しているので、今日は旗狙いの人が多かったのかもしれない。

 よかったのは中型も大型も被沈1で済んだこと。
 被沈は中型も大型もかぶせ艦隊としての開幕直後で、敵が密集したところに入ったが、与への意識があって攻撃モードだったためダメだった。小型でも同じような被沈があったし、敵に囲まれても防御スキルに切り替えせずに攻撃スキルのままで被沈に繋がった。周りに敵が多い場合、それとかぶせ艦隊としての開幕直後は防御スキルを入れて防御優先でいくようにしよう。

 小型の序盤は大海戦に慣れることを優先するということは多少できた。
 
 残りの被沈1は小型でマンツーマンで順旋回しているのに追いつかれて被クリ。他の被沈は意識だったり操船だったりのミスがあるので仕方ないと思えるが、マンツーで防御に専念していたのに被沈になったのは悔しかった。

 反省点まとめ
 ・「早め砲撃」の意識では遅い。「読み砲撃」
 ・かぶせ艦隊の開幕直後や、敵に囲まれた場合は、防御優先。
 ・中型は中距離に行くこと。
 ・大型は抜けクリ狙いに行くこと。

関連記事

2013年8月大海戦2日目

※中型にNPC戦が含まれていたので修正(中型は与4だった><)

47戦、与32(68.1%)、被5(10.6%)、与クリ51(1戦あたり1.1)、被クリ17(1戦あたり0.4) 


大海戦2013-08-2-1  大海戦2013-08-2-2 

大海戦2013-08-2-3  

 小型はG3ガンボート、中型はG3将官重キャラベル、大型はG3アプレット。
 野良艦隊で、かぶせ艦隊の僚艦で参戦。

 与30の壁を超えることができた♪

 要因として大きかったのは味方艦隊が強かった。今日はイスパ、イング、ポルのWCがあったし、翌日も別な国のWCでそれに出る人は練習してたかもしれないので、強そうな人が少なかった。そんな中で組んだ野良艦隊で38勝3敗と激強の艦隊だったので、味方優勢の展開が多く私も与を獲れやすくなった。

 小型が特によく与19被1と、与被ともに自己ベストだった。
 今日は大優勢以外は貫通を入れずに直阻止を入れた。水平弾道だけでも与を獲れている。直阻止のおかげで被沈が減って戦闘時間が長くなったことも与が増えたことに繋がっているし、頭被クリを回避せずに攻撃できるのでそれでチャンスを生かせた場面もあった。
 小型は直阻止水平弾道がベストだとわかった。

 中型は与4被2とダメだった。小型が絶好調だったので、今日はイケる、このまま中型で10、大型で10獲れば40近く行くかもしれないと思ったが、中型になって急にタイミングが合わなくなった。
 前半は小型の延長で直阻止水平弾道でやり、昨日の外周過ぎた反省でイン側に行くことにした。 相手との距離が縮まれば相手の警戒も強くなって与クリできづらくなる。それが当然なのだが、小型での絶好調さの意識があったので、クリを当てれないことに焦りが出た。 そのままうまくいかない状態が続き、後半は外周に出ることにしたらクリを当てられるようになった。
 中型の与は最後の4戦だけ。前半でもうちょっと与を獲りたかった。
 中型のベストの距離感がまだわからない。
 
 大型は与9被2。
 昨日の反省点は改良カロにすることと抜けクリ狙いをすること。抜けクリを狙うということで前半はイン側に行った。中型の時と同じ理屈で相手にクリを与えられず。抜けクリも当たらない。
 大型も途中から外周気味にした。その後は抜けクリも当たるようになった。 インに行き過ぎるよりは多少外周気味の方がよさそうだ。
 せっかく小型が調子よかったのに、中型で失速して与30まで残り7。今日を逃したら次はないと思い、ガンダムのアムロのように相手を落とすたびに与1、与2と数えていき、30を超えた時はやったーというよりホッとした。
 中距離クリで落とせた場面があったが、改良カロだったのも影響していると思う。強化砲門のおかげか、改良カロでも射程が短いとは感じなかった。今後も大型は改良カロにしよう。
 大型の距離感もまだ確信は持てないが、外周気味でかつ抜けクリも狙いに行くということは、模擬の外周旗のような感じか。

 被沈は5。開幕直後は防御的にするということはできた。艦隊が強かった割には被沈数は減らせなかったし、艦隊全体の中でも悪い方だった。中型、大型ともに前半はイン気味に行ったことは直接の原因ではない。
 小型は2隻に挟まれた場面で旋回が遅かった。慌てて旋回したので1隻目の攻撃はかわせたが、2隻目の攻撃を受ける角度になってしまった。
 中型の1沈目はイン側に行って相手旗が近くにいたが、味方優勢だったし、旗なので防御専従だろうと思って油断した。
 中型の2沈目はマンツーの順旋回からの被沈。昨日も同じ被沈があった。これは問題。 タイミングが遅いのか。
 大型の1沈目も油断が原因。相手分断で10-5の大優勢なので攻撃意識だったところ、相手援軍が来たことに気づかなかった。
 大型の2沈目は速い相手が来たので白兵で逃げようとしたら頭被クリ沈。普段は大コヴァを付けているが、大海戦は速度重視でスパンカなので白兵のタイミングがずれる。それ以前に白兵の入り方が悪かった。
 油断が原因の被沈が2つもあったので、これは反省点。

 
 終わった直後は、与30を超えられた喜びより、中型のダメだった意識が続いて、大型も距離感が定まらずダメだった気がして、中型・大型ともにダメだったという気分だった。数字をまとめなおしたら、大型も与沈数・与クリ率ともに自己ベストだった。   
 与を多く獲れた要因は味方艦隊が強かったからだが、艦隊の多くの人が与30を超えられたわけではないので、その点では自分を誇ろう。

 大型の最後5分で落ちてしまい、すぐ戻れたので艦隊には迷惑かけずに済んだが、落ちたせいか大型は動画が再生できない><

 小型は与被ともに自己ベスト、大型も与は自己ベストで、与沈30を超えられたのでよかった♪

次回へのまとめ
 ・小型は直阻止、水平、弾道
 ・大型は外周旗のように外周気味で抜けクリを狙う。大砲は改良カロ。
 ・優勢であっても油断しない。
 ・マンツーの順旋回でも被沈するので、旋回のタイミングと角度に気を付ける。
 ・回避操船では白兵に逃げにいかない。
 ・中型はベストな距離感がわからない。。。


関連記事

2013年8月大海戦2日目②

 大海戦動画を見終わった。 

<小型>
 小型は与クリと与沈差が5つ。内訳は煙幕状態だったのが1回、相手回避有りで横風でダメージ330ぐらいが3回、相手回避無しで横風でダメージ440が1回。いずれもこちらは直阻止水平弾道なので貫通は入れていない。
 最後のは440なので貫通を入れていたらダメージ500で落とせていた。状況的には開幕直後だったので、理想的には直阻止を入れずに貫通をいれてその後に状況を見て直阻止に切り替えすればよかったが、それをすると欲が出てズルズル貫通を入れたままになりそうだし、相手が追従外しで入ってくて突然目の前に来ることもあるので、私としてはやはり直阻止がベストでこれは落とせなかったのはやむなし。
 煙幕状態は論外として、問題は横風で回避有りの3回。330なので貫通R20を入れたとしてもダメージ396で落とせない。煙幕弾防御かと思って何度か見直したが違った。小型は回避連弾を入れていても遠距離スナイプで被沈させられた苦い経験が何度もあったので、回避を入れても無駄だと思っていた。
 防御面では小型でも回避を入れる意味があったということと、攻撃面では次回も貫通を入れずに水平弾道で攻撃するので、縦風をもっと意識した方がいいとわかった。

<中型>
 う~む、どこが悪いかさえわからないほど。。。
 一人で相手の裏側に行った方が相手が油断すると思って行ったが囲まれて回避で精いっぱいの場面があった。BCと同じく局所的に味方が多くて相手を攻めた方が防御的にもいいし、攻撃的にも囲まれた相手が操船ミスする可能性も高いので、味方が多いところに行く方がいいとわかった。
 前半は直阻止水平弾道でやったが明らかに火力不足。というか相手が回避を入れていたら貫通入れても落としきれないこともあるので、水平弾道ではまず落とせない。中型は直阻止ではなく貫通を入れる必要がある。
 中型のG3船を造った直前の大海戦では火力足りてると思ったが、中型は火力不足のようだ。

<大型>
 大型の動画はどうやっても再生できなかった><
 DBAからは、相手分断の時や大優勢時とかに与2など稼いでいる。逆に普通に強い相手10-10からはあまり与を獲れていない。強い相手からも与を獲れるようにならないと与10の壁は超えられないか。

<全体>
 小型、中型、大型でそれぞれ戦い方が違うので、自分の大海戦メモも細分化しよう。
関連記事

大海戦用中型船リビルド②

リビルド半額期間なので、大海戦用中型船を攻撃仕様で再度造船♪

<コンセプト>
 ・攻撃特化
 ・防御は捨てる

<OPスキル> 
 強化砲門
 連携強化(スキル継承)

<専用スキル>
 直撃阻止 

<旋回値、装甲値等>
 耐久:MAX
 帆:縦ほぼMAX、横MAX
 旋回:MAX 
 装甲:34

<グレードボーナス>
 スキル継承(連携強化)
 砲艦改装

<船型式>
 戦闘艦

G3将官キャラベル③ G3将官キャラベル④


造り直した成果があるといいな♪

検討内容は続きから。


続きを読む

関連記事
プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:☆ちゃぷちゃぷ団☆

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ