第5回KKP結果

今日は商会内模擬で第5回KKPをやりました。
テーマは攻撃の練習と商会内模擬で和気あいあい♪

予定どおり1コマ目はIPATHさんの講義、2コマ目は商会内模擬、3コマ目は中締めでIPATHさんから一言、4コマ目はまた模擬。

みんなも楽しめたみたいだし、私も楽しかったからよかった!

今回はVさんとむーくんも参加してくれました^^

話を聞いたらVさんも初模擬とのこと。慣れてないので外周で与は挙げれなかったのは当然だけど、修理・外科支援をがんばると言っていましたが、後でノーキンツールを見たらすごいことに! 
今回は和気あいあいということで、動画も撮っていなかったしノーキンツールも載せるつもりなかったけど、すごかったので載せますw

第5回KKP   

ルッシーも外科、修理、料理と全てがすごい多いな。
ロンさんもかなりの与を!
副官船はNPC扱いでカウントさせてるので、この数値は純粋なPを与沈した数。
Zooさんはやっぱスキル切替えと支援数が安定して高い。


個人的には、ルッシーに毎回のようにクリを喰らってました><
前半戦の終盤は商会内模擬ということで少し気が緩んで水平弾道貫通いれっぱの時もあったところに、中締め反省会でIPATHさんにスキル切替えの練習も大事ということを言われて気を引き締めてもらえた。
流れ被クリが多過ぎなのが反省点><


IPATHさんの講義は、抜けクリをクリック撃ちとか参考になることが多かったし、直後の模擬で言っていた言葉に血が通って受け止めれることができた。
ちょっと個人的にもこの講義ログで教えてもらえたことは大事にしたいので残しておこう^^

IPATHさんの講義ログは続きから♪

続きを読む

関連記事

2012年11月大海戦2日目

34戦、与15(44.1%)、被8(23.5%)、与クリ16(0.5)、被クリ15(0.4)

 今日は久しぶりに大海戦に参加^^
 紅蜘蛛商会は人数が揃わなかったので、お誘いのあったアルバの艦隊にかぶせ艦隊の僚艦として参戦。

 敵が少なく、特に中型はほとんど対戦ができなかったが、全体としてはまぁまぁ対戦することができた。

<攻撃面>
 ノーキンツールを見てみると、両艦隊で与トップ、決定打もトップだった!
大海戦2012-11-2-1  大海戦2012-11-2-2 


 与沈率も自己ベスト更新^^
 正直、これまで攻撃は苦手な方だったけど、IPATHさんの講義で教えてもらった早め砲撃と読み撃ちを意識して、うまくいったのかなという感想。
 与の大中小の内訳でも、数を稼げる小ではなく、小5中2大8と大で与を多く取れたのはよかった。与20の壁があるらしいが、小型でもっと与を取れるようになれば20を超えることもできそうかも。
 艦隊メンバーは野良の寄せ集めではなく見知った模擬ラーもいて、フル参加じゃない人とか旗やってた人がいたから単純には比較できないけど、その中で与トップを取れたということは、少しは皮がむけたかもという意味でちょっと自信に繋がった。
 ただ与のほとんどは流れクリで、抜けクリは昨日の模擬を含めてほとんど決めれていないので、集中的に練習しないといけない。

<防御面>
 被沈率はいつもより悪く、前回の倍程度も悪い。
 被クリ率自体は以前より悪くないので、スキル切り替えの問題。水道管いれっぱではなく周りを見て多少はスキル切り替えしたつもりだが、通常の艦隊戦では普段が防御スキルで、抜けクリを撃つ時のみ攻撃スキルへ切り替えのところ、今回は普段が攻撃スキル、周りに敵が多い時のみ防御スキルへ切り替えだった。
 被沈の大中小の内訳は小4中2大2であり、大2中1の計3沈はいずれも回避を入れてないため即沈だった。小型は回避を入れても即沈なので別としても、中型・大型は回避を入れていれば即沈しないで済んだ。与が多く取れたのは攻撃的スキルを入れていたからであり、普段通りに防御メインのスキル切り替えにした方がよかったかは課題。

 小型は問題。被沈数ではなく被沈の内容。回避操船をしているつもりだがタイミングが一瞬遅く被クリというのが何度もあった。普段の大型の感覚より、船が小さい分、相対的に相手の速度が速いのかもしれない。大型でも早め回避操船が重要だが、小型はさらに早めにしなければならないようだ。

<全体>
 今回改めての教訓は、大海戦は外周してスナイプの方が与が取れるということ。
 中型は、だいぶ前は将官用キャラベルだったがあのもっさり感が嫌で武装沙船に切り替えて、今日も武装沙船でキャノで戦った。だが武装沙船は5帆なので初速が遅い。また外周するならキャノだと射程距離が短い。武装沙船でキャノの組み合わせはマッチしていない。もう一回、将官用キャラベルを作ってみよう。
関連記事

カスタムスロットの検討


 
 課題1)後入れ手桶
 いつぞやのアプデで白兵後に後入れできるようになった。白兵抜け直後に相手の抜けクリに対して一つだけ有効になる。これを受けて2枚目には回避、弾防御、除去をまとめた。加えて、浸水していると回避0扱いになる
 ⇒1枚目と重複となるが、手桶を2枚目にも入れて、白兵中の浸水を後入れ手桶ですぐに直せるようにした。
 
 課題1-2)対キャノン後入れ
 キャノンに抜けクリを狙われていて、回避も連弾も切れていて、しかも浸水している場合に、後入れ一つは何を入れるか。
  回避⇒回避を入れても、浸水していて回避0扱いなので意味なしで、沈。
  手桶⇒浸水は直るが、回避なし連弾防御なしなので、やっぱり沈。
  連弾⇒弾防御は浸水していても有効なのかどうか。某検証ブログでは有効なので連弾が正解らしい。
 ⇒自分で検証していないので実感ないが、上二つがダメなのは明らかなのでダメ元で連弾にしてみよう。

 課題2)1枚目の名工を接弦にするか
 旗なので、対戦が終わった後も街に戻る作業とかもあり名工にしている。
 戦闘中は機能していないので、面倒だけど、戦闘中は接弦、終わったら名工に付け替え、名工終わったら、また次の戦闘前に接弦に付け替えを繰り返すか検討中。
 ⇒接弦は重要なので接弦


 課題3)2枚目に予備帆を入れたい
 2枚目は基本的に後入れ防御系を入れているので手桶を重複で入れている。3隻以上に囲まれた場面から逃げる時は、予備帆を繰り返し使うので2枚目に予備帆も入れたいところ。 攻撃スキルをつぶして、攻撃スキルはスキルパネルから入れることにするか。
 ⇒予備帆を使うのは後入れスキルが終わってからなので、防御スキル入れが終わったら1枚目に切り替え。現状のまま。 

 課題4)ESCに小指が届かない
 スキル切替の時の暴発を防ぐためにESCを押したい。
 ⇒マウスに横ボタンにESCを登録して試行中。
 ⇒マウスの横ボタンは矢印旋回にするためESCは中止。
関連記事

ブログ記事の整理

 戦術メモを読み返したら、検証経過と結論が混在していて、自分でも読みづらかったので整理しよう><

 あと攻撃はおこがましくて書くことができないでいたが、先日の大海戦で自己ベストを更新できたので、この機会に書いてしまおう。来週のKKPやCLの後だとまた自信喪失して書けなくなりそうだしw

 併せて、防御の肝心の回避操船も、被クリしまくってる私が書くのはおこがましくて書けないでいたけど、復習ができないので書くことにする。

 くれぐれも書いていることが、できているとは限らない前提でw
関連記事

所持船

2013.02.11現在


 ◎小型
  ①戦闘用記念スループ
    OP:直撃阻止
    専用:耐砲撃装甲
    用途:大海戦用

   ②ローマンガレー
    OP:なし
         専用:耐波装甲
    用途:漕ぎ上げ放置用

 ◎中型
  ①武装沙船
    OP:なし、
    専用:直撃阻止、
    用途:大海戦用
   ・武装沙船のメリットは速さだが、同時に補助帆5枚なので初速が遅いのがデメリット。白兵抜け直後などは船速が遅いので大きな旋回は危険。
   ⇒できるだけ白兵に入らずスピードを生かして外周スナイプ。

  ②将官用重キャラベル
    旋回MAX仕様
    OP:強化砲門
    専用:耐砲撃装甲
    用途:大海戦用
   ・モッサリ感対策で旋回をMAX強化
   ・次回の大海戦で試す

 ◎大型
  ①一等戦列
    耐久1363、旋回+4、容量503(±0)
    OP:斬りこみ防止網
    専用:機雷除去
    用途:CL用、大海戦用

  ②一等戦列
    耐久796、旋回+4、容量506
    OP:斬りこみ防止網
    専用:機雷除去
    底模擬用 

  ③大安宅
    耐久1300
    OP:直撃阻止
    専用:甲板障壁 
    用途:白兵用

  ④ぶらっくなぽりたん
    耐久1328、黒
    OP:投錨機雷
    専用:機雷探索
   ・長所:かっこいい♪

  ⑤ぴんくなぽりたん
    耐久539、ピンク
    用途:移動用
   ・長所:かわいい♪

  ⑥ロイヤルソブリン
    耐久1370、旋回+4、容量
    OP:耐砲撃装甲
    専用:機雷除去
    用途:CL用、大海戦用

  ⑦ロイヤルソブリン
    OP:耐砲撃装甲
    専用:なし
    用途:底模擬用

 ◎副官船
  ①漕運船
    用途:倉庫用

  ②戦列艦
    用途:戦闘用
関連記事
プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ