FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15シーズンの方針②③

 今週から第15シーズンが始まって何戦かしたが、戦績記録やブログ記事をどうするか迷った。

 まず、今シーズンの大テーマは勝率にこだわらずに「楽しむ」ということだが、戦績を付けると勝率欄が気になってしまうので、戦績の記録を続けるか迷った。どういう相手あるいはどういう形に弱いのかというのを、記憶のイメージで判断するのではなく客観的に見るためには戦績記録があった方がいいと思うので、戦績記録は続けることにした。勝率欄を非表示にしよう。

 また、ブログの対戦記事を続けるかについても考えた。動画を全部見直して書いているので結構な手間で、負担に感じてしまうときがある。ただ、たぶん1回辞めるとまた始めるのは難しい気がする。ブログの対戦記事はライフワークのようなもので長年続けていることなので、ここで辞めてしまうのも残念。全て詳細に見直すのではなく、簡略にまとめたりでメリハリをつけてみよう。
 動画も最後の決着部分だけにしようか迷ったが、編集する方が面倒なのでそのままアップ。

 肝心の対戦関係では、「大砲やOPをコロコロ変えない」としたが、それについても迷うところがあった。
 「楽しむ」ために序盤からコツコツ耐久削りをしないでいきなり落としに行ったら、落としきれないことが何度かあった。第13シーズンのように白兵封印して砲術家で砲艦にしようかなと一瞬思ったが、今だけ通用する形ではなく最終形を見据えて考えると、私はやっぱり大提督が好きなのでその枠組みの中で考え直してみた。

 今までの装備・スキル・SS構成は、ジェネラルマントで砲術19水平18弾道学20貫通20剣術20突撃20で白兵SS4つだが、落としきれなかったので水平18を20にしたい。また、これもずっと行ったり来たりしているが、抜け後の装填を考えると砲術19のところを20にしたい。
 ということで装備とSSを考え直した。ヴァンクールアーマーと砲撃SSを1つ入れて、砲術20水平20弾道学20貫通20剣術20突撃17で砲撃SS1つ白兵SS3つ。白兵は少し落ちるが砲撃面はフルブーストなので、今シーズンはこれでいこう。
スポンサーサイト

第15シーズンの方針

・攻撃の強化。必殺技回転撃ちとフェイント
・勝率にこだわらない。負けまくる。
・大砲やOPをコロコロ変えない('A`)

今シーズンは楽しくやりたいなと思う♪

続きを読む

タイマン戦績第14シーズン

 シーズンテーマは「防御の強化」。
 具体的には「旋回スルー」対策に取り組んだ。達成率は75%で完全克服とはいかなかったものの、自分の悪い癖を認識して対策できたので、一定の成果があって満足している。

 勝率は79戦68勝11敗の86.1%。
 タイマン戦績第14シーズン①

 勝率にこだわったが、勝率90%には届かなかった。

 敗因別の内訳は次のとおり。
 タイマン戦績第14シーズン② 
 「旋回スルー」負けは1回に減った。
 「切り込み自滅」と「首相撲自滅」が今シーズンも少なからずあった。「フェイント自滅」も含めれば全部で6敗で、「自滅」が負けの半数を占める。シーズン前の想定では、今シーズンは勝率にこだわるということで防御重視になるはずなので、自滅はほぼ無くなると見込んでいたため、この結果は予想外だった。


 勝因別の内訳は次のとおり。
 タイマン戦績第14シーズン③ 
 
 シーズン途中から白兵を開放した。白兵拿捕、混白拿捕、読み砲撃、早め砲撃、急旋回クリとバランスよく分散しているのはよかったと思う。

 大コヴァ編成にしてからは、白兵拿捕、混白拿捕で決めきることができるようになった。
 ただ、1戦ごとの詳細を見直すと、11敗中8敗と負けの大半が大コヴァ編成の後半戦で、勝率も前半戦に比べると悪い。しかし、これは大コヴァにしてから混白狙いに偏り過ぎた戦い方になったのが原因なのかもしれない。最終目標のサッチャン対策としては大コヴァ編成がいいと思っているので、そういうことにしよう。うん、そうだ、そうしよう。

 対戦相手別の内訳は次のとおり。
 タイマン戦績第14シーズン④ 

 新たなタイマン相手として
amoseroさんが出てきた。
 第1シーズンからずっと戦ってきたミラ・フィナーシェさんとは一度も対戦がなかった。

 1戦ごとの詳細は続きから。

 

続きを読む

第14シーズンの構想

  まず、第13シーズンは勝ち負けの結果より過程にこだわったが、シーズン終盤は負けて悔しいという気持ちにならずモチベーションが上がらない状態になったので、今シーズンは再び勝率にこだわる。

 次に、戦い方をどうするか。白兵は引き続き封印のまま。白煙弾や壷攻めはする。
 「旋回スルー」の課題が個人的に大きいので防御面はそれを克服したい。
 攻撃面では、急旋回クリ狙いにこだわり過ぎたので、ほどほどにする。受け重視の相手を苦手としているので「フェイント」を修得したい。

 職業は、白兵封印のままということで砲術家のまま。フィリにも惹かれるが、火力不足に悩まされるし、白兵使わないならやっぱり今回はフィリはないか。

 船は、急旋回クリ狙いで速度差が重要とわかったので重量ナポを使いたいところだが、課金部品がないので造れない。迎撃マルタはアイテム成功率が低く抜けづらくてイライラしたので、先制マルタに戻す。漕船補助は思ったよりよかったので、先制マルタに漕船補助を付け直そう。

 BGMは少女時代からSuperflyに変更。

 気を取り直してまた楽しく頑張ろう♪

 

タイマン戦績第13シーズン

 シーズンテーマは「砲撃の強化」。
 「エンター砲撃」はできるようになった。「急旋回クリ」は達成度90%であと一歩届かなかった。「フェイント」はできなかった。

 勝率は104戦81勝23敗の77.9%。
 タイマン戦績第13シーズン① 

 最後の方で負けが込んで勝率8割を切った。

 敗因別の内訳は次のとおり。
 タイマン戦績第13シーズン② 

 敗因としては「頭クリ」が最も多い。23敗のうち11なので約半分を占めた。急旋回クリ狙いの失敗が主な原因か。
 敗因別類型では、これも同じく急旋回クリ狙いの失敗による「切り込み自滅」が最も多い。
 ただこれは、私は臆病で本来は防御型であるため、今シーズンは意図的に無理目の攻めをしたり、切り込み旋回も相手の砲撃後に行けば安全なのを敢えて砲撃前に突っ込んだりした結果なので、ある程度は織込み済み。
 むしろ、回避旋回しようとして、意図に反してできなかった「旋回スルー」の方が問題だと考えている。


 勝因別の内訳は次のとおり。
タイマン戦績第13シーズン③ 

 白兵は封印したので当然「白兵拿捕」は無くなった。「壷拿捕」も無くなった。
 リスクを犯した割には「急旋回クリ」は11しか決めることができなかった。
 また「一撃必殺」を心掛けたおかげで対戦時間は全体的に短くなった。

 対戦相手別の内訳は次のとおり。
 
タイマン戦績第13シーズン④ 

 ミラ・フィナーシェさんには全敗。また、シーズン終盤で海☆音さんとねこにゃんこさんにかなり負けた。

 1戦ごとの詳細は続きから。


続きを読む

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
CL (72)
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。