タイマン②砲撃

<戦略>
 攻めの方針を決める。
〇柔軟さ
 ・相手に合わせて柔軟に攻める。
 ・白兵屋相手には砲撃、砲撃屋相手には白兵。
 ・1つの攻め方が上手くいかなかったら、別な攻め方をする。

〇頑固さ

 ・自分のスタイルを貫く。
 ・砲撃タイプであれば撃ち合いで多少不利でも砲撃で押し続ける。


<砲撃>
〇混ぜ大砲のタイミング合わせ
 ・混ぜ大砲は砲撃のタイミングがずれると最大ダメージが出ずに耐久削りができないので、5スロの砲撃タイミングを合わせる。

〇キャノンの速射
 ・キャノンの弱点の一つは装填の遅さなので、貫通ではなく速射を使う。

〇旋回同時砲撃
 ・クリを当てるためには早め砲撃が大事。相手の頭を押さえた場合などは、旋回と同時ぐらいの早いタイミングで砲撃する。

〇漕ぎ砲撃
 ・錬成漕ぎの速度を活かしてクリを狙う。初速よりも加速に効果があるようなので、ある程度距離を置き速度に乗る。
 ・ある程度速度に乗った後は漕ぎを切ってもスピードは保たれるので、貫通を入れる。

<白兵直前>
〇白兵前砲撃
 ・砲撃でダメージを与え、相手が修理する前に白兵に入り、壷拿捕を狙う。そのために、砲撃してすぐ白兵に入る。
 ・相手から白兵に来るタイミングを読んで、白兵に来る直前に砲撃する。

〇白兵入り頭クリ回避
 ・相手の船の中央の大砲位置を意識する。模擬と違って抜けクリはないので舵残しよりも、射線に頭を向けない正確性を重視する。
 ・相手が砲撃した直後に白兵に入る。

〇接弦白兵
 ・自分から白兵を積極的に狙うなら、接弦を入れる。

〇速射スキル
 ・相手から白兵を積極的に狙ってきているなら、受けの混白狙いで速射を入れる。

〇統率連打
 ・混白対策で白兵直前は統率連打。

<白兵中>
〇逃げない心
 ・白兵の理想状態は、相手が撤退失敗のところに突撃で削る状態。弱気になって早めに撤退を選択すると、相手に主導権を握られる。多少不利な状況になっても、すぐに逃げずにカウンターなりで攻める。

〇白兵戦迎撃での撤退
 ・後攻なので、あと1ターンで被拿捕の危機的状況のときは、鐘撤退ではなく素撤退

〇風向き確認
 ・白兵直後に風上に行けるように、白兵中に風向きを確認しておく。

〇白兵じゃんけん
 ・自分が何を出したいかだけでなく、カウンターをするために相手が何を出すかを読む。
 ・相手の癖、好きなスキル、攻め方を把握する。
 ・白兵攻撃値が高い相手には白煙弾。壷拿捕を狙える場合も、突撃銃撃錬成でアイテム妨害される可能性が高いので、まず相手の攻撃値の対処を先にする。

<白兵直後>
〇漕ぎ入れ
 ・速度を上げるために漕ぎを入れる。

〇頭抑え
 ・並走方向になったら、相手の頭を抑えるように旋回する。

〇攻守に応じた舵向け

 ・白兵が優勢で終わり続けて攻める場合は、相手との距離が縮まるように、内側(相手側)に舵を向ける。
 ・白兵が劣勢で終わり回復したい場合は、相手との距離が離れるように、外側に舵を向ける。スキルは漕ぎと防御スキルを入れる。

タイマン①一般事項

<白兵廻り>
・白兵直前は統率連打
 白兵直前に砲撃を受けて混乱になり、そのまま白兵で混白になってしまうことがある。
 それを防ぐために、白兵しそうな至近距離になったら修理連打よりも統率連打。

・白兵戦迎撃
 ・迎撃発動条件の後攻のためには船員の練度を下げる必要があるので、酒場で全員解雇して新米兵士を雇い練度を1にする。練度は旋回に影響するが、旋回はカバーできるので迎撃発動の方が重要。
 ・戦闘中の白兵でも練度が上がる。船員が少ない方が練度が上がりやすいので、迎撃使い同士でこちらの方が船員が少ない場合は発動しなくなる危険性があるので要注意。

・最後の撤退は素撤退
 あと1回で拿捕られそうになったら、副官妨害を受ける鐘撤退より、素撤退。

・白兵直後は砲撃と機雷で攻める
 白兵直後は相手も修理や外科で操作圧迫され、操船が甘くなるのでクリを狙って水平弾道貫通で攻める。すぐに砲撃スキルを発動できるように白兵中に回避などのスキルを切っておく。

・首相撲
 白兵直後は、白兵禁止時間となるので超至近距離からの頭クリを狙う。

・態勢立て直しは距離をとる
 白兵でこちらが耐久あるいは船員がかなり削られて、修理あるいは外科連打で回復する場合は、近距離ではなく遠距離まで一旦退避して態勢をきちんと立て直す。

・機雷源で待たれたら相手陣地へ行かず待ち続ける
 轟音機雷や特殊機雷などを使う相手が機雷源をつくってそこで待ち構える場合、しびれを切らさずに運用を入れて待ち続ける。

・仕込み弾薬
 ・成功率は船員練度依存。なので、白兵迎撃を発動させようとする場合は練度を下げるので多用しない方がいい。
 ・ダメージは相手の砲弾数依存なので、使うなら砲弾が多い序盤。
 ・砲弾が多い序盤はダメージが大きいが相手耐久も高い、耐久が下がる中盤以降は砲弾が少なくダメージが下がる。なので、耐久拿捕を狙うのではなく砲弾枯渇。
 ・相手ダメージの半分が誘爆で自分にもダメージが来るので注意。

・火炎壷
 ・ダメージは最大耐久の10%。なので、耐久を削れば削るほど壷ダメージも下がる。

・焼き討ち
 ・相手ダメージは耐久の15%。自分は耐久の20%のダメージなので、自分の方のダメージが大きい。

<ライン>
・ライン際で機雷を撒く
 機雷は一人で置ける数の上限があり、タイマンではそれが響いてくる。耐久削りだけでなく特殊機雷などを有効に活用するためにも、限られた機雷を相手に踏ませる必要がある。そのため、戦場が限られてくるライン際が有効。

・ライン際ギリギリは停船
 避けなければならないのはリングアウトだけでなく、リングアウトを避けるため慌てた旋回からの頭被クリ。なのでリングアウトしそうになったら、旋回ではなく停船。旋回する場合は頭被クリに細心の注意を払う。
プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ