白兵圧迫対策

凡例
 攻撃側:白兵攻撃力が高く拿捕をしたい側
 防御側:白兵防御力が低く撤退をしたい側

〇すぐに抜けようとしない
  ・攻撃側にとって理想の状態は、攻撃側が突撃、防御側が鐘撤退失敗。攻撃側はリスクがなく、防御側は大人数を削られる。
  ・すぐに抜けようとして鐘を使って失敗すると、相手の理想状態でかなり船員を削られてしまう。それが2,3ターン続くとあっという間に拿捕コース。
   なので、相手の攻撃力をある程度弱体化させてから、撤退を試みる。

〇序盤に防御スキルを見せる
  ・白兵値に大きな差がある場合、攻撃側は98%突撃スキルを使ってくる。
  ・防御カウンターで突撃側の船員を削ることができ、次ターン以降の相手攻撃力が弱まる。
   白兵値に大きな差がある場合は防御カウンターも突き抜けてこちらの船員も結構削られるが、それでも突撃側の船員も減らせる。
  ・防御スキルでカウンターすると、相手は次に突撃を使いづらくなる。一番の目的はこのけん制効果なので、1ターン目か2ターン目までに防御スキルを使う。白煙弾を投げてる間に相手が突撃を続けてくる場合も、途中に防御を織り交ぜてけん制する。

〇対抗策のメインは白煙弾
  ・白煙弾の効果
   ・相手攻撃力を20%ダウン。
   ・ダウンの下限値は元の値の1/2。 それ以上は無駄なので、元の値を覚えておくこと。
  ・検証(※船員も数人減ってるので誤差がある)
   白兵攻撃値491(下限値245)
   1回成功:410(16%ダウン)
   2回成功:333(19%ダウン)
   3回成功:284(15%ダウン)
   4回成功:242(15%ダウン)※下限
  ・現時点の攻撃力の20%ダウンなので3回目から4回目までやっても効果は薄い。白煙弾3回成功が目標。

  ・元の攻撃力が500近くても3回成功したら300を切る。そこまで下がったらそんなに脅威ではないので撤退を試みる
  ・3回成功までには相手副官の妨害もあるので、実際のターン数はもうちょっと回数がかかる。それまでこちらの船員は削られ続けるので外科支援があれば3回成功まで粘ってもいいが、タイマンだったら2回成功ぐらいで撤退を試みてもいいのかもしれない。

回避操船⑤縮帆旋回

<理論>
 帆を縮めると旋回半径が小さくなり旋回速度があがる。
 引用元:ヤフー知恵袋 

<やり方>
 〇流れ時
  ①旋回入力、②入力直後に縮帆(一瞬、錨を下ろした状態にする)、③直後に増帆(帆を最大にする)

 〇抜けクリ時
  ①白兵終了直前から旋回入力連打、②白兵終了と同時に縮帆、③直後に増帆

<メリット>
 旋回速度が上がってクリを回避できる。

<デメリット>
 一瞬といえども帆を張らない状態になるので、帆を張ったままと比べて速度が落ちる。

<注意点>
 増帆をタイミングよく必ず行うこと。増帆がダメだと停船したままになってしまう。

<その他>

 停船(白兵状態を含む)から矢印旋回すると帆が最小の状態で進むので、矢印旋回後も増帆すること。

回避操船②旋回

2013.07.22:整理

<特に重要なこと>
・早め旋回
 ターン制の記事に記載のとおり旋回は2秒に1度。
 このため、相手がクリ位置に来て「危ない!」と慌てて旋回しようとしても手遅れ。
 まして相手も移動している。今はクリ位置にいなくても1秒後にはクリ位置に来ることもある。それから旋回しようとしても、これもまた手遅れ。
 なので、早め早めに回避旋回。

・正確な旋回
 せっかく早めに旋回しても、角度が適当だと旋回後に別な敵から被クリするので、旋回の角度にも気を付ける。

・原則は順旋回
 またぎ旋回は旋回後に完全に安全になる利点もあるが、上手い人はまたぎ旋回のタイミングに合わせて当てて来るのでリスクがある。
 確実に回避するという点では順旋回の方がいいと思われるので、またぎ旋回を多用せず、原則は順旋回。

・平行旋回
 引用元:軍曹のしごき部屋
 いわゆるまたぎ旋回(逆旋回)は、慌ててる時の私にはイメージしにくかったので「平行旋回」と呼ぶことにした。
 クリは自分の船首と船尾。そして相手の大砲は相手の船の横。このため相手の船と自分の船を平行にすれば絶対にクリを喰らうことはない。
 相手と「平行」という状態になるような位置、角度に旋回。

・相手の砲撃直後が旋回チャンス
 砲撃直後は次の装填まで相手は砲撃できないので、100%安全に旋回するチャンス。
 相手と並走している際などは、相手が横砲撃した後に旋回する。


<旋回の大きさ、向き>
・緊急回避は小さな旋回
 大きく舵を切ると、舵の効き始めが遅く、効き出すと旋回速度は速い。
 複数の相手に囲まれた場合などは、大旋回ではなく小さな旋回。
 ただしクリ範囲はある程度の広さがあるので小さすぎてもダメ。30度ぐらいの角度がベスト。

・回避旋回で逆旋回はしない
 旋回途中で逆向きに旋回すると一瞬硬直するので、逆旋回はしないこと。

・縮帆旋回
 帆を縮めると旋回半径が小さくなり旋回速度があがるので、旋回時に縮帆する。
 すぐに増帆するのを忘れないこと。

・相手の砲台の位置を意識
 相手の大砲は船の横にあるが、横全体に対してクリ(発射)判定ではなく、横の中央にある砲台がポイント。
 この位置に自船のクリ櫛が刺さる位置にならないように意識すること。
 フォローなどで白兵に入る際も頭クリを喰らうことがあるので、砲台位置を意識すること。


<旋回の頻度>
・白兵直後は怠らず旋回
 白兵抜け直後に旋回入力を怠ると、白兵していた相手にクリを喰らうので、安全になるまで一度も怠らず順旋回すること。

・旋回の回数を少なくする(未修得)
 旋回をする毎にスピードが落ちる。スピードが遅いと旋回速度も落ちる。
 できるだけ旋回の回数を最小限にする。


<速度に応じた旋回>
・自分の速度が遅い時は小さく順旋回
 旋回速度にはスピードが影響している。白兵抜け直後などはスピードがないので、大旋回やまたぎ旋回はしないこと。   
 
・相手の速度が速い時はまたぎ旋回
 順旋回しても旋回後の位置まで相手に移動されて被クリしてしまうので、相手の船尾方向にまたぎ旋回。


<複数の敵に囲まれたら
・複数の敵に囲まれたら、“落ち着いて”、双方の敵を見て、小さい旋回の連続で、平行旋回
 複数の敵に囲まれてしまうと焦るが、まず落ち着くこと。

・複数の敵に囲まれたら、手桶(ポンプ)連打
 複数の敵に囲まれたら被クリを受けることを覚悟する。横砲撃でも浸水するので、被クリを受けた時の備えとして、手桶を連打する。もちろん被クリした後は手桶ではなく修理連打。


<その他>
・画面に対して自船を横向きに表示させる 
 
画面は横長で縦短なので、自船を縦に表示させると画面外の敵からクリを喰らうことがある。自船の船首船尾方向がよく見えるように、自船を横向きに表示させる。

・船員の錬度はMAX
 船員の錬度は旋回性能に影響を与えるので、模擬前は仲間と白兵をして錬度を上げる。
 引用元:バターサンド様

操舵R、船の旋回値
 体感として効果の程はあまりわからないが、定説なのでできるだけ上げる。

回避操船④頭被クリ対策

1 白兵入る直前
 ・相手が発射するのを待つ。 
 ・相手の大砲の位置を意識し、射線をまたがずに白兵に入る。

2 スナイプ対策
  ・全体俯瞰して目の前の敵だけでなく遠くの敵も意識する。
  ・相手の船尾方向に旋回する。

3 旋回した先対策
  ・全体俯瞰して目の前の敵だけでなく周りの敵も意識する。
  ・旋回の角度を適当ではなく、正確に意識する。

装甲値によるダメージ軽減量

①横砲撃のダメージ=暫定ダメージ-装甲値
②クリティカルのダメージ=暫定ダメージ-装甲値/5

大型
①横砲撃のダメージ軽減量=装甲増加値×5
②クリティカルのダメージ軽減量=装甲増加値

装甲値が1増えると、横は5減るが、クリティカルは1しか減らない。

引用元:セーラ・ウインタース様

プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ